teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

新着順:79/497 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

返事

 投稿者:PONTA  投稿日:2009年 1月12日(月)21時41分15秒
  通報
  まとめて返事します。
毎度返事が遅くなり申し訳ありません。

P2Pプレイ について
できます。
「1対1接続」を選択し、後手側の端末のIPアドレスを指定します。
ただし、インターネットを経由する場合はインターネット側からIPが
通るようにルータ等の設定をしてあげる必要があります。

強さについて
「研究」が一番強いです。
あとは「30秒持ち」、「25分切れ負け」、「長考」の順と思いますが、
ほとんど変わらないと思います。

2時間以上考えっぱなしの件について
もう遅いでしょうがエラーの可能性が高いです。

定跡の登録(book1とbook2の使い分け)について
book1とbook2に同じ局面が登録されている場合はbook1を優先します。
配布版にはbook1には本等から入力した定跡が、book2にはプロの棋譜等から
抽出したものが登録されています。

突如狂ったように駒を捨てだす件について
プログラムは負けを悟っている状態です。
早めに投了するようには簡単にできるのですが、
低いレベルでは最後まで指してほしいとの要望もありそのようにしています。
負けを悟っていてもそれらしい手が指せると良いのでしょうが
これが意外と難しいのです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:79/497 《前のページ | 次のページ》
/497