teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ★【N-moncler】 MONCLER(モンクレール) 専門店★ 秋冬ダウンジャケット新発売!!★(0)
  2. 第20回記念チャリティ・オークション「芸術家と文化人の作品展」(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


保育者のためのインタープリターズキャンプ(入門)

 投稿者:齊藤 琴音  投稿日:2019年10月29日(火)09時28分51秒
     http://www.keep.or.jp/taiken/leader/interpreters/


  ◇日 程:2019年12月14日(土) 13:00~15日(日)15:00 <1泊2日>

  ◇場 所:清泉寮自然学校
     (公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)

 ◇講 師:増田 直広(公益財団法人キープ協会環境教育事業部主席研究員)
            小西 貴士(森の案内人、写真家(日本写真家協会会員))

=================================================================

自然の中で子どもたちと接する中で、
「これ何?」「面白いもの見つけたよ!」と声を掛けられたことはありませんか?
またそんなとき、みなさんはどんな言葉を返していますか?

インタープリテーションは相手に分かりやすく伝えるための技術であると同時に、
子どもたちの自然への興味や関心を高める上でとても大切な「促す役割」を果たします。

日常の保育の中に「インタープリテーション」を取り入れることで、
子どもたちがワクワクしながら自然のことをどんどん好きになっていく、
そんな嬉しい変化があるはずです!

今回は特に日常的に保育で行われる「お散歩」や「読み聞かせ」などに
具体的にどうインタープリテーションを活かすことができるのかを、
二人の専門家の視点からみなさんと学んでいきたいと考えています。

たくさんのみなさんのご参加をぜひお待ちしています。


===================================================================
●ここがオススメ!
・インタープリテーションと保育の視点をしっかり結ぶためのダブル講師!
・日常の中でどう活かすかに焦点を当てるので、すぐにでも活かせる技術が学べる
・初冬の森で、キープ協会の環境教育プログラムを体験できる!
・みんなで囲む美味しい食事
・講師はもちろん、同じ志を持つ参加者とたくさん情報交換ができる

===================================================================
●講師紹介
<増田 直広(ますだ なおひろ)>
  公益財団法人キープ協会 環境教育事業部 主席研究員/
    都留文科大学非常勤講師/日本大学非常勤講師/
  立教大学ESD研究所客員研究員

  園児対象の環境教育プログラムの企画・運営・評価、保育者研修、
  幼児環境教育プログラム集作りなどを担当。
  一般社団法人日本環境教育学会にて、
  プロジェクト研究「幼児期における環境教育」の事務局を担当。
  「幼児期における環境教育のためのチェックリスト」作りに関わる。

    環境教育を通して「持続可能な社会=誰にとっても平和な社会」の
  実現に向けて、「普段着インタープリター」(=インタープリター的
  センスを持って日々を生きる人)を増やすべく、清里をはじめ全国
  各地で活動中。

    『ファシリテーター・トレーニング』(ナカニシヤ出版、2003年)共著
  『インタープリター・トレーニング』(ナカニシヤ出版、2014年)編著



<小西 貴士(こにし たかし)>
  森の案内人/写真家(日本写真家協会会員)/
  大妻女子大学非常勤講師/清里聖ヨハネ保育園非常勤スタッフ

  森の案内人(インタープリター)であり、写真家。
  様々なアプローチで生命とつながりを見つめることを得意とする。
  2000年のキープ自然学校立ち上げより、15年間レンジャーとして
  勤務の後フリーランス。現在は八ヶ岳南麓にて汐見稔幸氏らと共に
  「ぐうたら村」という、保育者のための自然と文化の学校を主催。

  森や野原で子どもたちと過ごしながら、子供を含む
  「命を巡るうまく言葉にならないこと」をテーマに写真を撮り続ける。
    写真や言葉を雑誌などで発表するかたわら、広く保育や子育てを
  応援するため、全国各地でスライドショウや写真展を開催。

  『子どもと森へ出かけてみれば』(フレーベル館出版、2010年)
  『みてみて!』(福音館書店、2013年)
  『また おこられてん』(童心社、2016年)など著書多数。


===================================================================
●スケジュール予定

12:30    受付 ※会場は清泉寮自然学校です
13:30    はじまりの会
13:50    アイスブレイク
14:10    実習:スライド&トーク
14:50    移動・八ヶ岳自然ふれあいセンターへ
15:05    実習:インタープリテーションの体験
    ※屋外での体験時間です。暖かい服装をご準備ください。
16:35    実習:展示を通したインタープリテーション
17:05    移動・自然学校へ
17:20    休憩・荷物をお部屋へ、着替えなど
18:00    夕食
19:00    体験の意図開き、インタープリテーションについて
     保育とインタープリテーション、環境教育について
     自分たちの日常保育と環境教育の視点が
     どうつながるのかを考える
20:30    1日のふりかえり
20:45    終了、以降交流会&お風呂など

◆2日目
8:00    朝食
9:00    実習:伝え方の一工夫 オリエンテーション
     みなさんに実際にインタープリテーションを
     実施してもらう時間を予定しています。
     お楽しみに!
9:30    実習:伝え方の一工夫 準備
10:30    実習:伝え方の一工夫 実施
11:15    実習:伝え方の一工夫 ふりかえり
12:00    昼食
13:00    実習:それぞれが園や日常でできることを考える時間
14:00    質疑応答など
14:15    2日間のふりかえり
14:45    終わりの会
15:00    終了

※スケジュールは講師と相談の上、みなさまの学びを一番に考えて作成します。
 そのため、予告なく変更になる可能性があることをご了承ください。


===================================================================
●開催要項
・主 催/公益財団法人キープ協会
     (環境教育事業部、清泉寮自然学校、聖ヨハネ保育園)
・日 時/2019年12月14日(土) 13:00~15日(日)15:00 <1泊2日>
・場 所/清泉寮自然学校(公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)
      ★男女別相部屋
・対 象/16歳以上一般
         (保育や環境教育に興味・関心のある方ならどなたでも)
・定 員/30名(先着順)
・料 金/20,000円(税込、宿泊食費込)

===================================================================
●お申し込み方法

 下記URLのHP下部にお申込フォームがございます。
 必要事項をご入力ください。
     http://www.keep.or.jp/taiken/leader/interpreters/


 ★お申込み後1週間以内に、お申し込みをお受けしたことを
    お知らせいたします。
 ★プログラム開催の2週間前頃に、詳しいご案内資料(事前資料)
    をお送りいたします。

===================================================================
●キャンセル規定
 事前資料がお手元に届いてからキャンセルされる場合は、
 下記のキャンセル料をいただきます。
 やむを得ない事情で、キャンセルされる場合には、
  必ずご連絡ください。
 ・資料が届いた日~12/6:事務手数料として1,000円
 ・開催1週間前(12/7)~2日前(12/12):参加費の25%
 ・開催前日(12/13):参加費の50%
 ・当日(12/14)、及び無連絡の不参加:参加費の100%

===================================================================
●お申込み・お問合せ先
  公益財団法人キープ協会 環境教育事業部
 キープ・フォレスターズ・スクール
  〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545
  Tel:0551-48-3795 Fax:0551-48-3228
 E-mail:forester@keep.or.jp
 担当:石川 昌稔(いしかわ まさとし)

https://seisenryo.jp/experience_foresters-school_yamane.html

 
 

第61回やまね学校 ~ねぼすけヤマネのおふとん大研究!~

 投稿者:齊藤 琴音  投稿日:2019年10月26日(土)16時21分31秒
  ◇日 程: 2019年12月7日(土) 13:30~8日(日) 14:00 <1泊2日>

◇場 所: 清泉寮
     (公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)

◇校 長:湊 秋作
      (清泉寮やまねミュージアム館長/関西学院大学教授)

◇詳 細:https://seisenryo.jp/experience_foresters-school_yamane.html

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

みなさんは冬の時期は何をして過ごしていますか?

こたつでぬくぬく暖まっている人、外で運動をして体力づくりをしている人、
温かい気候を求め、南の島へ旅行する人、いろいろ工夫されているかと思います。

生きものの冬の過ごし方も様々で、
ヤマネは約半年の間、長い眠りについて寒い冬を過ごします。これを冬眠といいます。

今回のやまね学校では、
ヤマネが冬眠の際に作ることがある『冬眠用の巣』の秘密について迫ります!
冬眠用の巣はヤマネが作るおふとんです。
どこにあるの?何で出来ているの?大きさは?どんな効果があるの?
ヤマネのおふとんについて調べてみましょう。
冬眠用の巣作りにみんなで挑戦してみます!

ヤマネって何?という方も、ヤマネ大好き!という方も
みなさんのご参加をお待ちしています!

===========================================================================

●こんな人におススメ!!
・動物や自然が大好きな人
・ヤマネに会いたい人
・ヤマネのことを詳しく知りたい人
・生き物の研究をしてみたい人
・ヤマネ研究の第一人者である湊先生に会いたい人
・冬の清里を楽しみたい人
              ・・・などなど。

===========================================================================

●講師紹介
  湊 秋作(みなと・しゅうさく)
   (清泉寮やまねミュージアム館長/関西学院大学教授)

  和歌山県出身。ヤマネ研究家、理学博士。小学校教員を24年務めた後、
  キープやまねミュージアム館長に着任。
  教員時代は、ビオトープ作り(田んぼ水族館)などをはじめとした
  環境教育や情操教育に情熱を注いでいました。
  現在は関西学院大学 教育学部教授として、教鞭もとっています。
  ライフワークは、ヤマネの総合的な研究と国内外のヤマネ研究のネットワーク作り、
  ヤマネの保護及び森林保全の具体策研究の他、
  原体験教育、田んぼの学校、湿地の保護運動などなど。

  <著書>
  『ヤマネはねぼすけ?』(福音館書店)、『森のスケーターヤマネ』(文研出版)
  『「田んぼの学校」あそび編』(農文協)、『「田んぼの学校」まなび編』(農文協)
  『田んぼの楽校』(山と渓谷社)、『小学3年生国語(上)ひろがる言葉』(教育出版)
  『ヤマネの森を見あげてごらん』(佼成出版社)、「ヤマネの棲む森」(学研)
  『企業が伝える生物多様性の恵み』(経団連出版)など


===========================================================================

●過去のプログラムの様子(体験レポート)はこちらをご覧ください
 <やまね学校の様子(第57回)>
 http://www.keep.or.jp/taiken/otona/yamane/57.php

===========================================================================

●開催要項
・日 時/2019年12月7日(土) 13:30~8日(日)14:00 <1泊2日>
・場 所/清泉寮(公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)
      ★男女別相部屋
・対 象/小学生以上のご家族・一般の方
・定 員/30名(先着順)
・料 金/一般25,000円、学生22,000円、小学生18,000円(税込・宿泊食費込)
・割 引/ 【早割】11/23(土)までにお申し込みの方:2,000円引
      【家族割】ご家族で参加の場合:1名につき1,000円引
       【会員割】フレンズオブキープの会員の方:通常料金から10%引
     ※【会員割】は他の割引と併用ができません。ご了承ください。
・主 催/公益財団法人キープ協会

===========================================================================

●スケジュール(予定)
<1日目>
13:30  はじまりの会
13:50  1時間目:心と体をほぐす時間
14:10  2時間目:ヤマネがすむ森の探検
     ~ヤマネが冬眠する場所はどんなところ?さがしてみよう!~
16:00  休憩・チェックイン
17:00  3時間目:湊校長先生のお話
     ~ヤマネってどんな動物?ヤマネ博士に聞いてみよう!~
18:00  夕食
19:00  4時間目:ねぼすけヤマネのお目覚め観察
20:30~ 終了予定
     夜の自由参加プログラム
     ① 観察のつづき
     ② 懇親会

<2日目>
07:30  朝食、チェックアウト
09:00  実験したことを整理しよう
11:15  5時間目:分かったことをみんなに発表しよう!
     ~みんなでなろう!ヤマネ研究者!~
12:00  昼食
13:00  おわりの会
14:00  終了・解散
    ※ 時間割や細かい時間は、変更になることがあります。
===========================================================================

●お申し込み方法

 下記URLのHP下部にお申込フォームがございます。
 必要事項をご入力ください。
  https://seisenryo.jp/experience_foresters-school_yamane.html

 ★お申込み後1週間以内に、お申し込みをお受けしたことを
    お知らせいたします。
 ★プログラム開催の2週間前頃に、詳しいご案内資料(事前資料)
    をお送りいたします。


===========================================================================

●キャンセル規定
 事前資料がお手元に届いてからキャンセルされる場合は、
 下記のキャンセル料をいただきます。
 やむを得ない事情で、キャンセルされる場合には、
  必ずご連絡ください。
 【資料が届いた日~11/29】事務手数料として1,000円
 【11/30~12/5】参加費の25%
 【前日(12/6)】参加費の50%
 【当日または無連絡の不参加】参加費の100%

===========================================================================

●お申込み・お問合せ先
  公益財団法人キープ協会 環境教育事業部
 キープ・フォレスターズ・スクール
  〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545
  Tel:0551-48-3795 Fax:0551-48-3228
 E-mail:forester@keep.or.jp
 担当:坂川 実基(さかがわ みき)

https://seisenryo.jp/experience_foresters-school_yamane.html

 

映画『人生をしまう時間』全国鑑賞券プレゼントキャンペーン

 投稿者:(公財)日本生態系協会  投稿日:2019年 8月23日(金)10時01分0秒
  このたび、自然に眠り、森を育む「森の墓苑」では、映画『人生をしまう時間(とき)』の公開にあたり、全国共通特別観賞券をプレゼントするキャンペーンを行います。ふるってご応募ください。

キャンペーン内容:
この映画を通じて、誰にでも訪れる人生の最期にどうあるべきか、また、残された家族に何を残せるのかを考えるきっかけにしてもらいたいとの思いから、抽選で観賞券(10枚)をプレゼントします。

対象の映画:『人生をしまう時間(とき)』
2019年9月21日(土)より渋谷シアター・イメージフォーラムにてロードショー、ほか全国順次公開 公式サイト:https://jinsei-toki.jp/

応募条件:下記のクイズにお答えください。
      Q.「森の墓苑」で見られる生きものをひとつお答えください。
      ヒント→「森の墓苑」公式サイト(http://www.morinoboen.org/)をご覧
ください。

応募方法:メール( morinoboen@ecosys.or.jp )かハガキ(〒171-0021東京都豊島区西池袋2-30-20)のいずれかに①~⑦をご記入の上、お送りください。
①「人生をしまう時間」鑑賞券希望、②氏名、③年齢、④郵便番号・住所、⑤キャンペーンを知ったきっかけ、⑥クイズの答え、⑦「森の墓苑」についてのご感想・ご意見など
応募期限:2019年9月13日(金)12:00必着

詳細は下記HPをご覧ください。
http://www.morinoboen.org/campaign_2019_02.pdf

※ご応募はお一人様1回までです。全国共通特別鑑賞券はおひとり1枚の当選とし、発表は鑑賞券の発送をもって代えさせていただきます。
お寄せいただいた個人情報は、(公財)日本生態系協会のプライバシーポリシーに従い管理いたします。

http://www.morinoboen.org/

 

映画『みとりし』全国鑑賞券プレゼントキャンペーン

 投稿者:(公財)日本生態系協会  投稿日:2019年 8月23日(金)09時01分12秒
  このたび、自然に眠り、森を育む「森の墓苑」では、映画『みとりし』の公開にあたり、全国共通特別観賞券をプレゼントするキャンペーンを行います。ふるってご応募ください。

キャンペーン内容:
この映画を通じて、誰にでも訪れる人生の最期にどうあるべきか、また、残された家族に何を残せるのかを考えるきっかけにしてもらいたいとの思いから、抽選で観賞券(20枚)をプレゼントします。

対象の映画:『みとりし』
2019年9月13日(金)より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー
公式サイト:http://is-field.com/mitori-movie/index.html

応募条件:下記のクイズにお答えください。
      Q.「森の墓苑」で見られる生きものをひとつお答えください。
      ヒント→「森の墓苑」公式サイト(http://www.morinoboen.org/)をご覧ください。
応募方法:メール( morinoboen@ecosys.or.jp )かハガキ(〒171-0021東京都豊島区西池袋2-30-20)のいずれかに①~⑦をご記入の上、お送りください。
①「みとりし」鑑賞券希望、②氏名、③年齢、④郵便番号・住所、⑤キャンペーンを知ったきっかけ、⑥クイズの答え、⑦「森の墓苑」についてのご感想・ご意見など
応募期限:2019年9月6日(金)12:00必着

詳細は下記HPをご覧ください。
http://www.morinoboen.org/campaign_2019_01.pdf

※ご応募はお一人様1回までです。全国共通特別鑑賞券はおひとり1枚の当選とし、発表は鑑賞券の発送をもって代えさせていただきます。
お寄せいただいた個人情報は、(公財)日本生態系協会のプライバシーポリシーに従い管理いたします。

http://www.morinoboen.org/

 

勉強会、開きませんか?!《リクエスト受付中》

 投稿者:SUSPON事務局  投稿日:2019年 8月21日(水)15時23分43秒
  \あなたのまちにも「良いレガシー」を/
━━━━━━━━━━━━━━━

 東京2020大会に向けた
 勉強会、開きませんか?!
 《リクエスト受付中》

 https://suspon.net/request2019/

━━━━━━━━━━━━━━━

来年に迫った東京2020大会、この開催を陰で支えるホストタウンや関係各所の皆さんにとって、その取り組みが「良いレガシー」につながる「良いきっかけ」となってほしい・・・。

「持続可能なスポーツイベントを実現するNGO/NPOネットワーク(SUSPON:サスポン)」は、関連のセミナー・勉強会・ワークショップ等の企画・運営のサポート役を承ります。

SUSPONの各部会(ごみゼロ、責任ある調達、エネルギー、生物多様性、ボランティア、ユース、平和とスポーツ)から専門メンバーがリクエストに応じて出張いたしますので、まずはご相談ください。

………………………………………
こんなホストタウン・関係各所の方に
………………………………………
●オリパラをきっかけに地域に良いレガシーを残したい!
●ホストタウンとしてサステナビリティ(持続可能性)について知っておきたい!
●ボランティア運営の具体的なノウハウを知りたい!
●再生可能エネルギーにシフトしたいけど、どうすれば良いか分からない!
●人が集まるところでも自然を守りたい!

………………………………………
例えば、SUSPONではこんなことができます!
………………………………………
●お祭り・イベントでのごみ削減についての勉強会
●イベントボランティア運営のワークショップや研修
●持続可能性を再認識し、世界平和を祈るセレモニー
●再エネ電力導入の「い・ろ・は」学習会
●東京の貴重な自然を知る「葛西沖三枚洲」おさんぽツアー
●海のプラスチックごみ問題からサステナブルな社会を考える勉強会
 …等々、リクエストがあればぜひご相談ください!
▼その他、具体例はこちら
https://suspon.net/request2019/example

………………………………………
リクエストについて
………………………………………

下記ご確認の上、受付フォームよりご相談ください。

【費用】
今年度、先着順・若干数に限り、費用(謝礼・交通費、会場費など)を当方で負担することができます。(上限あり)
※環境再生保全機構地球環境基金(2019年度)の助成を受け、開催に係る費用は可能な範囲でSUSPONが負担します。

【ご注意事項】
※会場の手配・準備、聴講者・参加者の募集などは貴団体様にてお願いします。

【お問い合せ】
地球・人間環境フォーラム内 SUSPON(サスポン)事務局(担当:坂本、天野、斎藤)
TEL:03-5825-9735(代表)

【主催】
持続可能なスポーツイベントを実現するNGO/NPOネットワーク(SUSPON)

【協力】
NPO iPledge (アイプレッジ)、I?SKATEBOARD、A SEED JAPAN、NPO法人インターナショナル世界平和の響き、NPO地域環境デザイン研究所 ecotone、NPO法人ezorock、国際環境NGO FoE Japan、学生団体おりがみ、環境パートナーシップ会議(EPC)、認定NPO法人 環境リレーションズ研究所、Climate Youth Japan(CYJ)、グリーン購入ネットワーク(GPN)、グリーン連合、CSOネットワーク、持続可能な社会をつくる元気ネット、水Do!ネットワーク、認定NPO法人 スペースふう、地球・人間環境フォーラム、日本自然保護協会(NACS-J)、日本野鳥の会、V-SPORTS PROJECT、立命館大学 Sustainable Week 実行委員会

【助成】
環境再生保全機構地球環境基金(2019年度)

▼受付フォーム
https://form.run/@suspon-seminar

………………………………………


東京2020大会に向けてがんばる皆さまからのリクエストお待ちしております!

まずはお気軽にご相談ください!


▼リクエスト受付要項
https://suspon.net/request2019/

▼勉強会の具体例
https://suspon.net/request2019/example

▼受付フォーム
https://form.run/@suspon-seminar

https://suspon.net/request2019/

 

つながるプロジェクトvol.1 映画『地球が壊れる前に』Watch Party

 投稿者:国際環境NGOグリーンピース・ジャパン  投稿日:2019年 8月13日(火)11時10分36秒
  京都で行われるこのイベントは、そんな環境問題に関心がある同世代の学生と話したい、繋がりたい、というみなさんのためのイベントです。

レオナルド・ディカプリオがナビゲートするドキュメンタリー映画『地球が壊れる前に』の上映、野生生物の研究調査や生物多様性保存に長年従事する西原智昭さんの講演、そして学生同士のグループトークを通じて世界の様々な地域や日本での気候変動について学び私たちにできることを一緒に考えます。

夏休みの学生のいまだからこそ一緒に「地球環境を守るためにできること」を考えてみませんか?

司会は、グリーンピース・ジャパン学生インターンが務めます。たくさんの方のご参加お待ちしております!

東京会場】 8月20日(火) 14:00~17:20 (開場13:40)
TIME SHARING四谷
東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」駅1番出口より徒歩1分

【京都会場】 8月27日(火) 14:00~17:20 (開場13:40)
京エコロジーセンター
京阪電車「藤森駅」下車西へ徒歩約5分
地下鉄・近鉄「竹田駅」下車東へ徒歩約12分

14:00~15:30 映画上映
15:30~16:00 講演
16:00~17:20 参加者によるグループトーク
※終了時刻は前後する可能性がございます。予めご了承ください。

【費用】 参加費:無料

詳細と参加申込は以下URLからどうぞ

http://https://act.greenpeace.org/page/45809/petition/1?en_txn9=238&en_txn8=PE-Web&en_txn7=Extreme%20weather&utm_content=Coal&utm_campaign=Climate%20Energy&utm_source=GPwebsite&utm_medium=banner&utm_term=EN_gpwebsite_extcreatives_bos

 

「森のやすみじかん 秋の回」

 投稿者:公益財団法人キープ協会 環境教育事業部  投稿日:2019年 8月12日(月)14時03分12秒
  『森のやすみじかん』では、五感をたっぷり使って、
  ゆっくりのんびり、ときにアクティブに森の中ですごします♪
=================================================================
染まるお山に、にじむお山。
おきるヤマネに、はしるシカ。
1日の中で、最も優しく、美しい「昼と夜のすきまのひと時」。

夜へと表情を変える神秘的な自然にペースを合わせて、
あるく・とまる・挽く・のむ。

日常の慌ただしさなんて忘れ、
自然の力を借りて、ありのままの自分へ。

今日だけは、特別なcoffeeを、
夕ぐれ時の大自然の中で淹れてみませんか?

================================================================
●こんな人にオススメです
・自然の中でリフレッシュ&リラックスしたい方
・夕焼けを見ながら、ゆったりコーヒー豆を挽いて、飲みたい方
・夜へと変化する神秘的な森の中を歩いてみたい方
・森の楽しみ方や動植物について知りたい方

http://www.keep.or.jp/taiken/otona/morinoyasumijikan.php

 

【アルバイト募集】「森の墓苑」管理スタッフ

 投稿者:(公財)日本生態系協会  投稿日:2019年 8月 8日(木)09時54分0秒
  日本生態系協会では、千葉県長南町で運営している自然再生墓地「森の墓苑」のアルバイトスタッフを募集しています。

「森の墓苑」は、自然に眠り、森を育むお墓です。
墓石の代わりに在来の木を植え、生きものとともに育むことで、かつて開発で失われた森を再び豊かな自然の森に戻すことをコンセプトに、約50年後には房総丘陵に昔からある、濃い緑の森にしていくことを目標にしています。

自然に囲まれ、のびのびとした環境で、私たちと一緒に働きませんか?
※適任者が決まり次第、募集を締め切ることがあります。

業務内容
・来園者の案内・対応(イベント等の運営補助)
・苑内設備の管理作業(電柵の点検、苗の管理、草刈り、草とり、水やり等)

応募条件
・車での通勤が可能な方(片道30分程度、ガソリン代支給)
・健康で明るい方
・環境団体や葬祭業界などでの経験は不問

詳細は以下のサイトをご覧ください
http://www.ecosys.or.jp/aboutus/adoption/index.html

「森の墓苑」についてはこちら
http://www.morinoboen.org/

http://www.ecosys.or.jp/aboutus/adoption/index.html

 

ボランティア募集(発送作業・簡単なPCの入力作業など)

 投稿者:(公財)日本生態系協会  投稿日:2019年 7月22日(月)15時49分35秒
  私たちの協会では、ボランティアを募集しています。
事務所内での作業のみで、発送作業や簡単なPCの入力など、お好きな作業をお選びいただけます。
活動頻度や時間に関しても自由にご相談ください。
(活動証明書の発行も可能です。)
まずは一度ご来所いただき、協会の説明(30分程)を聞いていただきます。その後、登録書類にご記入いただきましたら、当日からでもご参加いただけます。

月から金曜 10:00から12:00、14:00から17:00の間で受け入れています。
1・2時間でもOK!

まずはお気軽にご連絡ください。
(公財)日本生態系協会 ボランティア担当:麓(ふもと)
E-mail:eco_volunteer@ecosys.or.jp

http://www.ecosys.or.jp/join/volunteer/index.html

 

新作DVD完成記念上映会&シンポジウム

 投稿者:アジア太平洋資料センター(PARC)  投稿日:2019年 7月 3日(水)15時31分12秒
  水がなければ私たちは生きていけません。水は人権であり、自治の基本です。
 日本の水道普及率は98%を超え、豊かな水源と高い技術力によって、世界有数の「飲める水道水」を誇っています。自治体が責任もって水道を運営することで、日本国憲法第25条の生存権のひとつである「公衆衛生」が保障されています。
 しかし、日本の水道は今、多くの課題を抱えています。人口減による自治体の財政難、老朽化した水道管などのインフラ、職員の高齢化・減少です。これら課題の解決策として、政府は水道事業の運営権を民間企業に売却するコンセッション方式を推奨しています。2018年12月の水道法改正にもこれを促進する内容が含まれています。「民間からの投資」は、本当に苦難を乗り切る「万能薬」なのでしょうか?
 世界では、パリ市やベルリン市など、水道再公営化を選ぶ自治体が増えています。英国では約40年間の民営化・官民連携は「失敗」と評価されました。世界に逆行するかのような日本の政策。果たして、私たちはどのような選択をすべきでしょうか? そもそも「蛇口の向こう側」を、私たちはどこまで知り、考えているでしょうか。
 全国でも率先してコンセッション方式導入を進める静岡県浜松市、宮城県での市民の動き、専門家のお話や水道労働の現場から、「公共財」としての水を地域で守り、発展させていく方法を考えます。ぜひご参加ください。

************************************************************

■日 時:2019年8月10日(土)14:00~16:45 開場13:30

■会 場:田町交通ビル6F ホール 東京都港区芝浦3-2-2

■参加費:1500円 ※予約優先

■プログラム
1.新作DVD『どうする?日本の水道―自治・人権・公共財としての水を』上映
2.土屋トカチ監督よりメッセージ
3.DVD出演者によるシンポジウム

■スピーカー

岸本聡子
トランスナショナル研究所パブリックオルタナティブプログラムコーディネーター

橋本淳司
水ジャーナリスト、アクアスフィア・水教育研究所代表

辻谷貴文
一般財団法人全水道会館水情報センター事務局長

内田聖子
PARC共同代表

■お申し込み:こちらのページからお申し込みいただけます。
http://www.parc-jp.org/guidance/form06.html


DVD『どうする?日本の水道――自治・人権・公共財としての水を』のご注文・詳細はこちら
http://www.parc-jp.org/video/sakuhin/suido.html

********************************************
◆お問合せ◆
NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455
E-mail :office@parc-jp.org
********************************************

http://www.parc-jp.org/freeschool/event/190810.html

 

レンタル掲示板
/168