teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ★【N-moncler】 MONCLER(モンクレール) 専門店★ 秋冬ダウンジャケット新発売!!★(0)
  2. 第20回記念チャリティ・オークション「芸術家と文化人の作品展」(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


◆2019年度 キープ協会環境教育事業部 実習生募集のお知らせ◆

 投稿者:公益財団法人キープ協会  投稿日:2018年10月20日(土)10時29分47秒
  ◆2019年度 キープ協会環境教育事業部 実習生募集のお知らせ◆環境教育の「考え方」・「指導法」・「事業の組立て方」「サイエンス研究」等について、実習を通して理解・習得していく長期の「実習生受け入れ制度」を96年以降80人の実習生を受け入れてきました。現場で実践力を鍛えながら無料で学べる制度です。詳細はこちら ↓http://www.keep.or.jp/about/kankyo/jisshusei.php
○実習後の進路(実績)(公財)キープ協会、パタゴニア、生態計画研究所、霧多布湿原センター、朽木いきものふれあいの里、屋久島環境文化財団、NPO法人Birth、日本科学未来館、JICA青年海外協力隊隊員、山梨県庁職員、環境教育個人事務所設立、登山家、保育園副園長他
○応募資格・社会人として広く一般的な知識(常識)を持たれた方で心身共に健康な男女・将来、自然体験活動や環境教育に携わる仕事に就きたいと考えている方。・原則として、事前にキープ協会環境教育事業部の事業(主催・受託プログラム)に参加していること ※長期の実習のため、キープ協会の環境教育事業をよく理解していただくためです。 ※現時点で、参加体験のない方は、11~2月にかけて宿泊型事業がいくつかございます。 また、八ヶ岳自然ふれあいセンターでは毎土日無料のガイドウオークを実施しています。 事前にご連絡いただけば、前後で職員より実習についての話が可能です。○実習期間:2019年4/1 ~ 2020年2/28○応募締切:定員枠なり次第または、3月15日○面接日  エントリーいただいた後、相談にて随時設定
●実習内容具体的な実習を一部ご紹介します。・年100回程度 1時間~2泊3日までの職員が実施するプログラムの準備・実施をオブザーブし、 実施後 職員がどのようにプログラムを組み立て、対応していたかの意図開きを行い、学びの機会とします。・夏以降、1時間のプログラムの準備・実施を職員の助言のもと行います。実施時は、職員がオブザーブし、その体験から学びます。・各種出展型イベントやビジターセンターの展示、企画、作成、改訂実習を行います。・ビジターセンターの日常管理の具体的方法を現場で学び、施設運営の現場のいろはを、具体的な事例を通して学びます。★いずれも、現場ならではの学びの機会です。 また、多様な環境教育・自然学校関係者と縁がうまれる実習です。

http://interpreter.ne.jp/?p=780

 
 

◆2019年度 キープ協会環境教育事業部 実習生募集のお知らせ◆

 投稿者:公益財団法人キープ協会  投稿日:2018年10月19日(金)16時59分51秒
  環境教育の「考え方」・「指導法」・「事業の組立て方」「サイエンス研究」等について、
実習を通して理解・習得していく長期の「実習生受け入れ制度」を96年以降
80人の実習生を受け入れてきました。
現場で実践力を鍛えながら無料で学べる制度です。


詳細はこちら ↓
http://www.keep.or.jp/about/kankyo/jisshusei.php



○実習後の進路(実績)
(公財)キープ協会、パタゴニア、生態計画研究所、霧多布湿原センター、朽木いきものふれあいの里、
屋久島環境文化財団、NPO法人Birth、日本科学未来館、JICA青年海外協力隊隊員、山梨県庁職員、
環境教育個人事務所設立、登山家、保育園副園長他

○応募資格
・社会人として広く一般的な知識(常識)を持たれた方で心身共に健康な男女
・将来、自然体験活動や環境教育に携わる仕事に就きたいと考えている方。
・原則として、事前にキープ協会環境教育事業部の事業(主催・受託プログラム)に参加していること
 ※長期の実習のため、キープ協会の環境教育事業をよく理解していただくためです。

 ※現時点で、参加体験のない方は、11~2月にかけて宿泊型事業がいくつかございます。
 また、八ヶ岳自然ふれあいセンターでは毎土日無料のガイドウオークを実施しています。
 事前にご連絡いただけば、前後で職員より実習についての話が可能です。

○実習期間:2019年4/1 ~ 2020年2/28

○応募締切:定員枠なり次第または、3月15日

○面接日  エントリーいただいた後、相談にて随時設定




●実習内容
具体的な実習を一部ご紹介します。

・年100回程度 1時間~2泊3日までの職員が実施するプログラムの準備・実施をオブザーブし、
 実施後 職員がどのようにプログラムを組み立て、対応していたかの意図開きを行い、学びの機会とします。

・夏以降、1時間のプログラムの準備・実施を職員の助言のもと行います。
実施時は、職員がオブザーブし、その体験から学びます。

・各種出展型イベントやビジターセンターの展示、企画、作成、改訂実習を行います。

・ビジターセンターの日常管理の具体的方法を現場で学び、施設運営の現場のいろはを、具体的な事例を通して学びます。


★いずれも、現場ならではの学びの機会です。
 また、多様な環境教育・自然学校関係者と縁がうまれる実習です。

--
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
公益財団法人キープ協会 環境教育事業部 事業部長
山梨県地球温暖化防止活動推進センター 事務局長
鳥屋尾 健(とやお・たけし)

408-0031
山梨県北杜市高根町清里3545
電話:0551-48-3795 ファックス:0551-48-3228
メール:t.toyao@keep.or.jp
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

http://interpreter.ne.jp/?p=780

 

【10/31】【大阪豊中】カンタンで美味しい ごはんのお伴づくり

 投稿者:豊中市立eMIRAIE環境交流センター  投稿日:2018年10月19日(金)16時50分29秒
  *+○+* カンタンで美味しい ごはんのお伴づくり *+○+*

体と地球にやさしくて、美味しいごはんについて学ぶ講座です。
今回は捨てられがちな食材を有効活用して、ふりかけと発酵調味料「ひしお」和えをつくります。

◆日 時:10月31日(水)10時から12時45分まで

◆場 所:中央公民館3階料理室(豊中市曽根東町3-7-3)
※阪急宝塚線曽根駅から東へ約300メートル、徒歩約5分

◆講 師:ENJOY こどもごはん mariさん

◆参加費:800円
※ごはん・お味噌汁・ふりかけ・発酵調味料「ひしお」和え
※ごはんのお伴5種の試食
※ふりかけ(お持ち帰り用)
※花と緑のネットワークから「とよっぴー野菜」のおみやげ付き

◆持ち物:エプロン、三角布、手拭きタオル

◆受 付:10月24日(水)まで受付、定員20人(先着順)

◆申込み・問合せ:豊中市立eMIRAIE環境交流センター
(指定管理:特定非営利活動法人とよなか市民環境会議アジェンダ21)
・TEL:06-6844-8611
・MAIL:office@kankyokoryu.jp

ヘルシーなランチと嬉しいおみやげ付きのおトクな講座です。
ぜひお気軽にご参加ください♪

http://staffblog.kankyokoryu.jp/?eid=235

 

第59回やまね学校 ~やまねの好きな寝床はどれだろう? 冬眠と水分の関係~

 投稿者:公益財団法人キープ協会  投稿日:2018年10月18日(木)16時32分2秒
  第59回やまね学校 ~やまねの好きな寝床はどれだろう? 冬眠と水分の関係~
      https://seisenryo.jp/experience_yamane.html

◇日 程: 2018年12月8日(土) 13:30~9日(日) 14:00 <1泊2日>

◇場 所: 清泉寮
     (公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)

◇校 長:湊 秋作
      (清泉寮やまねミュージアム館長/関西学院大学教授)

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

「ヤマネは約半年間も冬眠するけれど、口の中がカラカラになったりしないのかな??」
この実験は、そんな疑問から生まれました。

ヤマネの冬眠には「ある程度」の湿度が必要だとされていますが、
実際にどれくらい必要かは、はっきりとはわかっていません。
そこで今回のやまね学校では、ヤマネが好む寝床を作ります!
水分量を変えた土(寝床)をいくつか用意して、
どこで寝てくれるかを調べてみましょう!

・・・実はこの実験、1年前のやまね学校の「発展形」です。
去年は「ジメジメな土、しっとりした土、カラカラな土」の3種で行ったところ、
大方の予想を裏切って「カラカラの土を好む傾向がある」ということがわかりました。
これを受けて、今年は「カラカラ」でもさらに水分量を変えて実験します。

昨年参加していない方でも、気軽に参加できる内容です。
一緒にヤマネの不思議に迫りましょう!


===========================================================================

●こんな人におススメ!!
・ヤマネに会いたい人
・ヤマネのことを詳しく知りたい人
・野生動物や自然が好きな人
・生き物の研究をしてみたい人
・ヤマネ研究の第一人者である湊先生に会いたい人
・冬の清里を楽しみたい人
              ・・・などなど。

===========================================================================

●講師紹介
  湊 秋作(みなと・しゅうさく)
   (清泉寮やまねミュージアム館長/関西学院大学教授)

  和歌山県出身。ヤマネ研究家、理学博士。小学校教員を24年務めた後、
  キープやまねミュージアム館長に着任。
  教員時代は、ビオトープ作り(田んぼ水族館)などをはじめとした
  環境教育や情操教育に情熱を注いでいました。
  現在は関西学院大学 教育学部教授として、教鞭もとっています。
  ライフワークは、ヤマネの総合的な研究と国内外のヤマネ研究のネットワーク作り、
  ヤマネの保護及び森林保全の具体策研究の他、
  原体験教育、田んぼの学校、湿地の保護運動などなど。

  <著書>
  『ヤマネはねぼすけ?』(福音館書店)、『森のスケーターヤマネ』(文研出版)
  『「田んぼの学校」あそび編』(農文協)、『「田んぼの学校」まなび編』(農文協)
  『田んぼの楽校』(山と渓谷社)、『小学3年生国語(上)ひろがる言葉』(教育出版)
  『ヤマネの森を見あげてごらん』(佼成出版社)、「ヤマネの棲む森」(学研)
  『企業が伝える生物多様性の恵み』(経団連出版)など


===========================================================================

●過去のプログラムの様子(体験レポート)はこちらをご覧ください
 <1年前のやまね学校の様子(第55回)>
 http://www.keep.or.jp/taiken/otona/yamane/report1802.php

===========================================================================

●開催要項
・日 時/2018年12月8日(土) 13:30~9日(日)14:00 <1泊2日>
・場 所/清泉寮(公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)
      ★男女別相部屋
・対 象/小学生以上のご家族・一般の方
・定 員/30名(先着順)
・料 金/一般25,000円、学生22,000円、小学生18,000円(税込・宿泊食費込)
・割 引/ 【早割】11/24(土)までにお申し込みの方:2,000円引
      【家族割】ご家族で参加の場合:1名につき1,000円引
       【会員割】フレンズオブキープの会員の方:通常料金から10%引
        ※【会員割】は他の割引と併用ができません。ご了承ください。
・主 催/公益財団法人キープ協会


===========================================================================

●スケジュール(予定)
<1日目>
  13:30 はじまりの会
  13:50 1時間目:心と体をほぐす時間
  14:10 2時間目:ヤマネがすむ森の探検
       ~ヤマネが寝てくれそうな土を探そう!~
  16:00 休憩・チェックイン
  17:00 3時間目:湊校長先生のお話
  18:00 夕食
  19:00 4時間目:ヤマネの行動観察とセッティング
       ~ヤマネの寝床を作ろう!~
  20:30~ 終了予定 夜の自由参加プログラム
    ① 観察のつづき
    ② 懇親会

<2日目>
  07:30 朝食、チェックアウト
  09:00 5時間目:実験を整理する時間
       ~ヤマネはどこで寝たのかな?~
  10:00 6時間目:実験結果をまとめよう
  11:15 7時間目:実験結果の発表!
  12:00 昼食
  13:00 おわりの会
  14:00 終了・解散


===========================================================================

●お申し込み方法

 下記URLのHP下部にお申込フォームがございます。
 必要事項をご入力ください。
    https://seisenryo.jp/experience_yamane.html

 ★お申込み後1週間以内に、お申し込みをお受けしたことを
    お知らせいたします。
 ★プログラム開催の2週間前頃に、詳しいご案内資料(事前資料)
    をお送りいたします。


===========================================================================

●キャンセル規定
 事前資料がお手元に届いてからキャンセルされる場合は、
 下記のキャンセル料をいただきます。
 やむを得ない事情で、キャンセルされる場合には、
  必ずご連絡ください。
 【資料が届いた日~11/30】事務手数料として1,000円
 【12/1~12/6】参加費の25%
 【前日(12/7)】参加費の50%
 【当日または無連絡の不参加】参加費の100%


===========================================================================

●お申込み・お問合せ先
  公益財団法人キープ協会 環境教育事業部
 キープ・フォレスターズ・スクール
  〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545
  Tel:0551-48-3795 Fax:0551-48-3228
 E-mail:forester@keep.or.jp
 担当:村井 孝一(むらい こういち)


===========================================================================









http://interpreter.ne.jp/?p=780

 

   ●○●第23回 森療時間(しんりょう・じかん)●○●

 投稿者:公益財団法人キープ協会  投稿日:2018年10月17日(水)18時04分40秒
     ●○●第23回 森療時間(しんりょう・じかん)●○●

        『癒しのカガクで日々をいろどる』

    http://www.keep.or.jp/taiken/otona/shinryo/

  ◇日 程:2018年11月10日(土) 13:30~11日(日)14:30 <1泊2日>
 ◇ゲスト:永井 正則 氏(医学博士/健康科学大学 特任教授)

=================================================================

皆さんは、少し疲れているなというときに、
ここに行けば元気になる!という場所がありますか?

私たちレンジャー(自然案内人)のオススメは「森」です♪

目に映る緑、肌にあたる風、耳に入る鳥の声や川のせせらぎ、
土や木の香り、森に行くことで感じられる様々なものが、
私たちにワクワクと安らぎを届けてくれます。

森は人に元気をくれる場所。息抜きするのにぴったりなところです。
そんな森の気持ちよさを、森がもっている癒しの力を
皆さんにも感じてほしい!
そして、日々に取り入れてもらえたら、とてもうれしいです♪

ゲストにお招きするのは、長年「癒しをカガク」されてきた永井先生。
森が人にもたらすストレス軽減効果について、研究されている医学博士です。

森でゆっくり時間をすごす体験と永井先生の科学的アプローチをとおして、
森がもつ癒しの力を、「体」で「心」で「頭」で実感してみませんか?

そして、「森の癒し」をふだんの暮らしに加えることで、
あなたの日々をさらにいろどってみませんか?

=================================================================
●こんな方におススメです!
・森でリフレッシュ&リラックスしたい方、
  またその方法を知りたい方
・森林浴や森林療法について興味がある方
・森のもつ癒しの力を、理論的にも感覚的にも理解したい方。
・セルフケアに興味がある方や自分自身の心地よい状態を
  改めて確認したい方

==================================================================
●ゲスト:永井 正則 (ながい まさのり)
    医学博士/ 健康科学大学 健康科学部 特任教授

東京都老人総合研究所生理学部研究員、マックス・プランク生理学・
臨床医学研究所(ドイツ連邦共和国)研究員、山梨医科大学 准教授、
山梨県環境科学研究所 副所長などを経て、2017年度より現職。

自然環境を活用することで、ストレスが心身に及ぼす影響を軽減することを
目指して、主に以下の研究に取り組んでいる。
・森林や高原の環境(酸素濃度、樹木の香り、自然の音など)がもたらす
ストレス軽減効果について
・心理状態が人の体のはたらきに及ぼす影響について

=================================================================
●開催要項
 ・主 催/公益財団法人キープ協会
 ・日 時/2018年11月10日(土) 13:30~11日(日)14:30 <1泊2日>
 ・会 場/清泉寮(公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)
 ・対 象/16歳以上一般
 ・定 員/20名(先着順)
 ・料 金/一般25,000円、学生22,000円(1泊3食、税込)
       ※男女別相部屋です。
        シングルご希望の方は追加料金にてご案内いたします。
        まずはご相談ください。
 ・割 引/【早割】10/27までにお申し込みの方:2,000円引
     【家族割】ご家族で参加の場合:1名につき1,000円引
      【会員割】フレンズオブキープの会員の方:
                       通常料金から10%引
  ★上記についてご不明な点がございましたら、お問合せください。

=================================================================
●お申し込み方法

  以下の「お申し込みフォーム」からお申し込みください。
   http://www.keep.or.jp/taiken/otona/shinryo/index.php

http://interpreter.ne.jp/?p=780

 

ヒノキ香るアロマミスト&モビールづくりワークショップ

 投稿者:福田夏子  投稿日:2018年10月11日(木)13時09分58秒
  ==============================================
ヒノキ香るアロマミスト&モビールづくりワークショップ
10/17、10/24開催@渋谷パン・オ・スリール
https://www.facebook.com/events/308170603294480/
==============================================

パン・オ・スリール店内ギャラリーで開催中の、フェアウッドとki&の展示会。誰でも参加できる、アロマづくりと木のモビールづくりのワークショップを開催します。西川材のヒノキから抽出した天然成分100%アロマオイルを使って、リフレッシュはもちろん、ソファや空間の消臭にも使えるアロマミスト(30ml)とヒノキの枝を使ったモビール(飾り)づくりのワークショップです。

【日時】10月17日(水)/10月24日(水) 18:00~19:30
【会場】パン・オ・スリール(渋谷区渋谷1-4-6、渋谷駅から徒歩5分、表参道駅から徒歩9分)
【参加費】3,000円(パン付 ※別途1drinkオーダー) ※各日6名まで(先着順)

【内容】
●私たちとつながる「西川材」の森のおはなし
●森の香りに包まれるヒノキのオリジナルアロマミストづくり(30ml)
ヒノキの他にもユーカリ、ラベンダーなど香りもお持ちしますので、お好みでブレンドできます。
●世界で一つのモビールづくり
モビールキットを使い、ヒノキの枝と三角や丸、お家の形のパーツにお好きにペイントして世界で1つのモビールができます。

【お申込み】お名前・参加希望日・人数・電話番号を、店頭・電話(パン・オ・スリール03-3406-3636)またはメール(Ki&プロジェクト 担当:木村kinocafe.0916@orion.ocn.ne.jp)でご連絡ください。

【参考情報】10/2-10/27木とともに在る暮らし展 -毎日にそっとより添う 西川材https://www.fairwood.jp/cafe/news/nishikawa1810.html

https://www.facebook.com/events/308170603294480/

 

【12月15日(土)開催】 第36回 ナショナル・トラスト全国大会

 投稿者:(公社)日本ナショナル・トラスト協会  投稿日:2018年10月 9日(火)14時20分35秒
  全国大会はナショナル・トラスト活動の情報発信と、トラスト活動を行っている団体同士の交流を主な目的として毎年開催しています。

今年のテーマは「自然は人も地方も美しくする」。

生活環境の変化に伴って、かつてあった自然と人々の暮らしとのつながりは、うすれてきています。
今回は、そうしたつながりを地域の人々や子どもたちに再び伝え、自然を守るための「人づくり」・「地域づくり」に取り組まれている方々を各地からお呼びしました。

講演者

■「森は海の恋人 人の心に木を植える」 畠山 重篤氏 <NPO法人 森は海の恋人 理事長>

■「ローカル・トラストの挑戦;人づくり、地域づくり、組織づくり」 安藤 聡彦氏 <(公財)トトロのふるさと基金 理事長>

■「地域の宝・十二潟を引き継ぐための人づくり・地域づくり」 山崎 敬雄氏 <NPO法人 いいろこ十二潟を守る会 理事長>


どなたでもご参加いただけますので、どうぞお気軽にお申し込みください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■日時 2018年12月15日(土)第1部 14:00~17:00、第2部(交流会)17:15~19:00

■会場 IKE・Biz(イケビズ)6F 多目的ホール(JR池袋駅から徒歩約10分)

■参加費 第1部 500円、第2部 3000円 ※第1部だけの参加も可能です。

■定員 200名(先着)

■主催 (公社)日本ナショナル・トラスト協会

■後援 環境省、豊島区

お申し込み方法等、詳細はホームページをご覧ください。
http://www.ntrust.or.jp/action/assembly2018/action2018.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://www.ntrust.or.jp/action/assembly2018/action2018.html

 

【募集】新規職員(経験者)募集のお知らせ

 投稿者:(公財)日本生態系協会  投稿日:2018年10月 5日(金)15時34分47秒
  当協会では現在、職務経験のある調査部門スタッフの募集を行っています。

1.職種
調査・研究

2.仕事の内容
生態系保全に関する野生生物(特に植物)の生態や保全についての企画、調査、報告書の作成

3.経験・技能
・コンサルタントやシンクタンク等で生態系保全に関する実務経験が3年以上あること
・技術士資格(環境部門、建設部門等)、ビオトープ管理士資格があれば優遇

4.勤務先
本部(東京都豊島区) または生態系研究センター(埼玉県さいたま市)
※埼玉県はじめ全国の友好団体の事務所で勤務することもあります。

その他、詳細はホームページをご覧ください。
http://www.ecosys.or.jp/aboutus/adoption/index.html

http://www.ecosys.or.jp/aboutus/adoption/index.html

 

「関東・水と緑のネットワーク」平成30年度交流会

 投稿者:(公財)日本生態系協会  投稿日:2018年10月 2日(火)11時55分21秒
  関東地域の身近な自然や風景を守り育て、それらと人との持続可能な関係を将来世代に引き継ぐことを目的に始った「関東・水と緑のネットワーク」(旧 関東・水と緑のネットワーク拠点百選)は、おかげさまで今年で10周年を迎え、これまでに107団体が選定されました。

選定した拠点・活動団体のつながりをさらに深めるため、昨年度に引き続き、選定団体を対象とした交流会を開催することになりました。
皆様お誘いあわせのうえ、奮ってご参加ください。

日 時:2018年10月27日(土) 9:30から16:30
会 場:市川市南行徳市民センター 2階 多目的ホール
     東京メトロ東西線 南行徳駅南口 徒歩1分
     (千葉県市川市南行徳1丁目21番1号)
            https://goo.gl/maps/F1ubsukc4Ax

プログラム
 9:00- 第1部受付開始(市川市南行徳市民センター前)
 9:30-12:00
     【第1部】現地見学会(少雨決行)
     場所:千葉県行徳鳥獣保護区(市川野鳥の楽園)
 13:00- 第2部受付開始(市川市南行徳市民センター 2階 多目的ホール)
 13:30-16:30
     【第2部】交流会
     ・平成30年度の選定団体への選定証授与式
     ・初期選定団体による事例報告
     ・選定団体による活動紹介
     ・意見交換

定 員:50名(先着順、要事前申込)※定員になり次第、締め切ります。
参加費:無料
主 催:(一社)関東地域づくり協会、(公財)日本生態系協会
共 催:認定NPO法人 行徳野鳥観察舎友の会

【申込方法】
電話、FAX、メールのいずれかの方法で、次の内容を10月25日(木)までにご連絡ください。
・お名前(ふりがな)
・ご所属先
・ご連絡先(電話番号・メール)

【お申込先・お問い合わせ先】
公益財団法人日本生態系協会 内 「関東・水と緑のネットワーク」係
〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-30-20 音羽ビル
TEL:03-5951-0244  FAX:03-5951-2974
E-mail : 100select@ecosys.or.jp
URL : http://www.ecosys.or.jp/100select


※開催当日の午前7時現在、市川市に雨、風等の警報が発令中の際には、第2部の交流会から開始します。
※第2部からの参加も可能ですが、なるべく第1部から通してご参加ください。
※第1部から参加される方は、南行徳駅周辺で昼食をおとりください。第2部会場内では、施設利用ルールに基づき飲食ができません。
※第1部は野外を歩きます(3km程度)ので、歩きやすい格好で、また一部未舗装路を歩きますので、汚れてもよい靴でお越しください。

http://www.ecosys.or.jp/100select/

 

ki&×フェアウッド×パン・オ・スリール 木とともに在る暮らし展 -毎日にそっとより添う 西川材-

 投稿者:地球・人間環境フォーラム  投稿日:2018年 9月28日(金)15時08分59秒
  埼玉県南西部・飯能市の山々には、丹精込めて育てられた「西川材」と呼ばれるスギ・ヒノキがあります。そのスギ・ヒノキのやさしく、あたたかな表情に魅せられた林業家、デザイナーの仲間たちが、デザインの力を通じて“確かな西川材の良さ”を伝えたいと、2016年より「ki&」(キ・アンド)プロジェクトをスタートしました。

今回の展示では、パン・オ・スリールのテーブル、棚等にも使われている西川材の木目、色の美しさを大切にしたインテリア雑貨、文具をはじめ、西川材を原料にした糸を使い織り上げた布「kiori」を使ったハンカチ、バッグなども揃え、衣・食・住それぞれのシーンに寄り添う一品をご紹介します。江戸時代よりの東京の暮らしを支えてきた「西川材」を通じた「木とともに在る暮らし」を提案します。

森を壊さない、産地や作り手が明らかな木材の使い方をお勧めする「フェアウッドカフェ」、店内の内装や家具にフェアウッドを取り入れているパン屋さん「パン・オ・スリール」とのコラボレーションでの展示・販売会の第5弾です。ぜひご来場ください。

【期間】2018年10月2日(火)~10月27日(土)8:00-20:00(日・月は定休日)

【場所】パン・オ・スリール(渋谷区渋谷1-4-6、渋谷駅から徒歩5分、表参道駅から徒歩9分、地図 http://pain-au-sourire.jp/?page_id=263

【主催】ki&、パン・オ・スリール、フェアウッド・パートナーズ

【問合せ】パン・オ・スリール(店頭/TEL:03-3406-3636)、またはフェアウッド・パートナーズ/地球・人間環境フォーラム(info(a)fairwood.jp((a)を@に変える)/TEL:03-5825-9735)

https://www.fairwood.jp/cafe/news/nishikawa1810.html

 

レンタル掲示板
/156