teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ★【N-moncler】 MONCLER(モンクレール) 専門店★ 秋冬ダウンジャケット新発売!!★(0)
  2. 第20回記念チャリティ・オークション「芸術家と文化人の作品展」(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


2018年度清里ユースミーティング 

 投稿者:公益財団法人キープ協会  投稿日:2018年12月 8日(土)09時23分50秒
    http://www.keep.or.jp/taiken/otona/kankyoukokusai.php

★日 程  : 2019年3月4日(月)14:00 ~ 3月7日(木)  <3泊4日>
★参加費  : 無料 (アメリカ大使館助成事業)
★参加対象: 30歳未満の大学生・専門学校生・留学生
★場 所 : 清泉寮自然学校
     (公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)
===================================================================

「持続可能な経済発展って何だろう?」
「環境保全と経済発展の両立はできるのかな?」
「国際的な様々な課題に、自分の力を活かしていきたい!」
「そもそも自分にできることは何だろう?」

今の時代にある様々な課題に対して、自分が積極的に関わっていきたい!
そんな大学生のために4日間のプログラムです。

会場となるのは、戦後の日本復興を目指した米国人、
ポール・ラッシュ博士によって設立されたキープ協会。
彼の活動や精神を基盤とするキープ協会の「持続可能な開発のための教育(ESD)」の
取り組みを学ぶと共に、
アメリカ人講師から直接、アメリカの視点や日米連携の事例を学びます。

アメリカ大使館の助成により参加費は無料となります。ぜひ、この機会をご活用ください。


◆こんな人にオススメ!
・国際問題や国際協力に関心のある人
・ESDを通じた経済発展や環境保全に関心のある人
・アメリカの実際の取り組みや考え方を学びたい人
・アメリカと日本の事例を基に、
 国際社会におけるパートナーシップを考えたい人


◆こんなことが学べます
・アメリカ人講師による持続可能な経済と環境に関する事例
・キープ協会のESDの取り組みや国際協力の事例
・ESDや環境教育プログラムへの参加体験
・企画やプロジェクトの作り方


◆さらに
・同じ志を持つ同世代の仲間ができます
・アメリカのことを知り、留学をするイメージをつけられます
・英語でのコミュニケーションの練習ができます
・清里の大自然を満喫できます



◆スケジュール(予定)
《1日目》
キープ協会の取り組みを知る、アメリカってどんな国?
 ・キープ協会内施設見学や取り組みについて学ぶ
 ・アメリカについて知る

《2日目》
持続可能な経済と環境について考える・アメリカとの国際交流について考える
 ・キープ協会の環境教育プログラム体験・インタープリテーションについて学ぶ
 ・アメリカ人講師より、アメリカの持続可能な経済や環境に関する事例や
  日米のパートナーシップについて学ぶ
  ※講義は英語で行います。苦手な方も挑戦してください!
 ・アメリカの国立公園やそこで行われている環境保全活動について学ぶ

《3日目》
 自分達で国際交流の企画を考えてみよう
 ・自分たちが知っている・関わったことのあるESDや国際プログラムを紹介しあう時間
 ・企画のつくり方を学ぶ
 ・日米交流・連携プログラム企画作成
《4日目》
   思いを発表しよう&思いを共有しよう
 ・日米交流・連携プログラム企画発表
 ・企画の相互評価
 ・4日間のふりかえり

◆講師の紹介
期間中の講師は、キープ協会で環境教育やESDを実践している専門スタッフが務めます。
また講義の一部はアメリカ人の講師が務め、実際のアメリカの経済や環境、日米連携の事例について講義を行う予定です。

※今回の選考では英語力は問いませんが、アメリカ人講師の講義の一部英語で行います。
 チャレンジする気持ちでご参加ください。

アメリカ人講師:Herbert Donovan (ハーバート・ドノバン)
        立教大学 経営学部 国際経営学科 講師

◆参加要項
□主 催:公益財団法人キープ協会 環境教育事業部
□助 成:アメリカ大使館
□日 程:2019年3月4日(月)~7日(木)<3泊4日>
□場 所:山梨県清里高原 公益財団法人キープ協会
□宿 泊:清泉寮自然学校
       ※男女別相部屋となります
□対 象:30歳未満の大学生・専門学校生・留学生
     ※基本的に講義は日本語で実施いたします。
      留学生の方はある程度日本語を理解できる方に限らせていただきます。
□定 員:25名
     ※参加動機を基準に選考いたします。(400文字程度)
□締切:2019年1月25日(金)17:00 までにお申込ください。
    ※選考結果は1月31日(木)までにお知らせいたします。
□参加費:無料
     ※会場までの交通費はご負担ください。

※ 応募動機は400文字以内でご記入ください。選考基準にさせていただきます。
※ 必ず申込者本人が申し込みください。
※ 頂いた個人情報は本プログラムの運営のため、ならびにキープ協会からのご案内やご連絡のためのみに利用いたします。

お申込みは下記ホームページよりお願いします。
http://www.keep.or.jp/taiken/otona/kankyoukokusai.php


◆お問合せ先
公益財団法人キープ協会 環境教育事業部  キープ・フォレスターズ・スクール
〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545
TEL:0551-48-3795  FAX:0551-48-3228
E-mail:forester@keep.or.jp

https://www.seisenryo.jp/experience_foresters-school.html

 
 

国際フォーラム  多様な生きものを守り、活かす観光 ~地方の思いと地域経済の発展~

 投稿者:(公財)日本生態系協会  投稿日:2018年11月27日(火)16時30分30秒
  国際フォーラム  多様な生きものを守り、活かす観光 ~地方の思いと地域経済の発展~

■日時  2019年1月25日(金) 13:00~17:30 (開場12:30)
■会場  四谷区民ホール(東京都新宿区内藤町87番地)
■主催  (公財)日本生態系協会

■趣旨
昨今耳にする『インバウンドの取り組み』。
その鍵となるのは、観光の主要素である地域独特の美しい自然や多様な生きものを、魅力的なかたちで海外の方々に見てもらい、その利益で、自然という資源を枯渇させることなく守り再生する好循環です。
そこで、国内外の専門家をお招きして、『多様な野生の生きもの』と『観光』をテーマに、自然や生物多様性を守り、持続可能に活用することを通じた地域経済の発展を考えるフォーラムを開催します。

■プログラム   ※講演時間等が予告なく変更になる場合があります

13:00 開会挨拶  (公財)日本生態系協会 理事 八千草薫

13:15 主催者趣旨説明  (公財)日本生態系協会 会長 池谷奉文

13:35 特別講演
『ツル・コウノトリ・トキ、外国人旅行者にとって日本の自然は最高!』
国際ツル財団 共同創設者 ジョージ・W・アーチボルド

15:00 リレートーク
『サスティナブル・ツーリズム  ドイツと日本から印象を語る』
駐日ドイツ連邦共和国 大使 ハンス・カール・フォン・ヴェアテルン

『地域と自然とともに取り組む観光振興』
全日本空輸株式会社 マーケティング室 観光アクション部長 藤崎良一

『アウトドア7つのミッション』
株式会社モンベル 代表取締役会長 辰野勇

『自然と共存する観光~北海道アウトドアガイドの役割~』
北海道 経済部 観光振興監 本間研一

『自然と共生した地域づくり~生物多様性の「ゆりかご」とくしま~』
徳島県 政策監 福井廣祐

17:00 総括  東京都市大学 特別教授 涌井史郎(雅之)
17:30 閉会

■参加費  無料
■申込先着順  定員(450名)になり次第、締め切らせていただきます
■申込み  http://www.ecosys.or.jp/activity/symposium/index.html#kanko
※ホームページからお申込みください。もれなく受付登録の返信をいたします
■問合せ  (公財)日本生態系協会 生きものと観光フォーラム係
kankoforum@ecosys.or.jp    電話 03-5951-0244

http://www.ecosys.or.jp/activity/symposium/index.html#kanko

 

「プロジェクトWILD「鳥編」エデュケーター養成講座」

 投稿者:公益財団法人キープ協会  投稿日:2018年11月24日(土)17時07分43秒
  「プロジェクトWILD「鳥編」エデュケーター養成講座」

環境教育・野外体験活動に関するプログラム【 プロジェクトWILD「鳥編」エデュケーター(指導者)養成講座 】を実施します。
【プロジェクトWILD】とは、野生動物を題材として環境を学ぶプログラム。
今回は、新設された「鳥編」を山梨県にて初開催いたします。
鳥好きな方だけでなく、鳥についてこれから学びたい方へもオススメです。

参考: https://www.projectwild.jp/ (プロジェクトWILDホームページ)


〇この講習会の特徴
・参加・体験型の講習会(まずは、実際のアクティビティを体験しましょう!)
・相互指導実習で、実践力アップ!!(指導体験を通して、実践力を養います。)
・65種の活動が活動が記されたテキストをゲット!!(テキストには、アクティビティの手順だけでなく、
 アクティビティの背景や、準備物、まとめや発展・オプションの方法まで、詳細に紹介されています。)

〇こんな方にオススメです
野外体験活動や環境教育に携わる方やこれから携わりたい方・教員・保育士・学生・
子育て中のお母さん・子どもに関わる方・鳥について知識を高めたい方など初心者の方も大歓迎!


【 プロジェクトWILD「鳥編」エデュケーター(指導者)養成講座 】
◇日程:2019年1月8日(火)9:30~17:00(受付9:00~)

◇講師:佐藤 陽介(プロジェクトワイルド鳥編ファシリテーター/キープ協会レンジャー)

◇会場:山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター

◇対象:18歳以上

◇定員:20名(先着)

◇受講料:8,000円(受講費用には、プログラム費、テキスト代、保険料、登録費が含まれます。)
    ※昼食は、各自持参となります。

◇お申込み・問合せ:
https://www.seisenryo.jp/experience_foresters-school.html
お電話(0551-48-3795)
E-mail forester@keep.or.jp


詳しくはWEBをご覧ください。
https://www.seisenryo.jp/experience_foresters-school.html

https://www.seisenryo.jp/experience_foresters-school.html

 

第67回清里インタープリターズキャンプ(体験学習法)

 投稿者:公益財団法人キープ協会  投稿日:2018年11月24日(土)16時56分28秒
  人に何かを「伝える」とき、欠かせないものの一つに
コミュニケーションがあります。

どうやったら伝えたいことが「受け手(参加者)」に伝わるか、
「伝え手(実施者)」は様々に頭をめぐらせ、工夫をこらし、
伝える現場に臨むことと思います。

けれど、実際の現場では、時にこちらの意図したものと違ったり、
また予想を上回る反応が返ってきたりすることも、しばしば。
そんなとき、あなたはどうしていますか?

こちらの「投げかけ」に対して、相手は何を受け取っているのでしょうか?
また、相手の中で、どんな反応が起こっているのでしょうか?

「今ココ」で起きていることを、しっかり受け止め、
その場に活かすことができれば、あなたの「伝えたいこと」を
相手へより響くカタチで、より深く届けることができるはず。、

体験学習法は、「体験=今ココで起きていること」に注目し、
「体験を学びにつなげる」学習法です。

「体験学習法」と「インタープリテーション」の両方を学ぶことで、
「今ココ」を捉え活かす力を磨いてみませんか?

===================================================================
●開催要項
・日 時/2019年1月15日(火)13:30 ~ 17日(木)14:00 <2泊3日>
・場 所/清泉寮自然学校
     (公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)
      ★男女別相部屋
・講 師/津村 俊充(南山大学名誉教授、JIEL代表理事・所長)
      鳥屋尾 健(公益財団法人キープ協会環境教育事業部 事業部長)
・対 象/16歳以上一般
         (インタープリターに興味・関心のある方ならどなたでも)
・定 員/30名(先着順)
・料 金/一般44,000円(税込、宿泊食費込)
・割 引/ 【学割】学生の方:5,000円引
      【早割】1/1(火)までにお申し込みの方:3,000円引
      【会員割】フレンズオブキープの会員の方:通常料金から10%引
       ※割引の併用はできません。
・後 援/環境省・文部科学省・林野庁・山梨県
・主 催/公益財団法人キープ協会


  *その他詳細、お申し込み方法に関しましては、
   下記URLをご参照ください。
    http://www.keep.or.jp/taiken/leader/interpreters/

===================================================================
●お申込み・お問合せ先
  公益財団法人キープ協会 環境教育事業部
 キープ・フォレスターズ・スクール
  〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545
  Tel:0551-48-3795 Fax:0551-48-2990
 E-mail:forester@keep.or.jp
 担当:小野 明子(おの あきこ)

https://www.seisenryo.jp/experience_foresters-school.html#konkatsu

 

<COP24カウントダウンセミナー>

 投稿者:「環境・持続社会」研究センター(JACSES)  投稿日:2018年11月 9日(金)16時35分9秒
編集済
  <COP24カウントダウンセミナー>
最新の国際動向と日本の役割/政策/予算
~地球規模で気候変動に対処するために、途上国といかに協力するか~

Ⅰ.背景・目標

国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)が2018年12月3日~14日に開催される。気候変動に起因することが疑われる異常気象による災害が世界的に頻発する中、被害抑制のために、急増することが確実視される新興国・途上国からの排出を含む世界全体での温室効果ガス削減が急務となっている。日本は、国内削減に取り組み世界に範を示すとともに、海外の対策に持てる知見・資金・技術等をより効果的に活用する必要がある。

なかなか世界の温室効果ガス削減が進展しない要因の一つに、メディア等で、各国の「目標」や「支援金額」には注目が集まるものの、「排出実態の把握・透明性」や実際に削減に貢献する「技術・製品・サービスの普及手法」に十分な注目が集まっていないことがあげられる(例えば、途上国の温室効果ガス排出の3割程度がCO2以外であるにもかかわらず、こうした状況は広く知られておらず、気候変動対策=CO2対策という声すら聞かれる)。

こうした状況で、日本政府・関係省庁は、実態把握・透明性向上を含め、途上国と協力し世界全体の排出削減に取り組む戦略/政策構築・予算確保等に力を入れている。

そこで、以下の目的のために、セミナーを開催する。

・COP24に向けた国際交渉・日本政府の政策/予算/取組等の最新動向を共有し、様々なステークホルダーの効果的な取組を支援する。
・気候変動に対処するための国際合意や2019年度日本政府予算、来年策定予定の長期低排出発展戦略(長期戦略)等の構築を後押しする。

Ⅱ.日時

2018年11月28日(水)15:00~18:00

Ⅲ.場所

参議院議員会館1階「101会議室」 https://goo.gl/maps/nfpuSGLRYt52
※参議院議員会館への入館には入館証が必要です。入館証は14時40分から会館ロビーで配布いたします。

〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1
<交通アクセス>
「永田町駅」1番出口よりすぐ(地下鉄有楽町線・半蔵門線・南北線)
「国会議事堂前駅」1番出口より徒歩約5分(地下鉄丸ノ内線・千代田線)

Ⅳ.対象

気候変動に関心を寄せる国会議員・省庁担当者・メディア・企業・研究者・NGO・市民等

Ⅴ.主催

主催:特定非営利活動法人「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
助成:環境再生保全機構地球環境基金


Ⅵ.セミナープログラム<以下、敬称略>

「開催趣旨説明」

<セッション1:国際交渉と日本の政策/予算>

国際枠組/交渉、日本政府の支援策の最新の動向を共有しつつ、それらの今後のあり方と事業者等の活用可能性について、検討する。

1-1.報告・提起

「気候変動をめぐる国際動向(COP24に向けた交渉のポイント〈透明性等〉等)(仮題)」
孫﨑馨(外務省国際協力局気候変動課長)

「海外の気候変動対策の支援・促進策について(仮題)」
大井通博(環境省地球環境局気候変動適応室長/研究調査室長)

「地球規模での気候変動対応と日本の貢献のための提案(仮題)」
足立治郎・遠藤理紗(特定非営利活動法人「環境・持続社会」研究センター)

1-2.質疑応答・意見交換

○発言者:国会議員他(参加者からの質問・提案も受け付け)
○論点(案):
・日本政府による海外気候変動対策支援政策/予算に関するアイデア
・日本が国際交渉・国連メカニズム等に何をインプットするとよいか   等


<セッション2:CO2以外の温室効果ガスの実態把握・削減>

フロン等のCO2以外の温室効果ガスの排出削減に日本がどのように貢献できるのか、政策の最新動向を踏まえた上で、検討する。

2-1.導入

「フロンを知って地球を守ろう(仮題)」
NPO法人気象キャスターネットワーク 気象予報士(調整中)
清水義喜(ダイキン工業株式会社プロフェッショナルアソシエイト)

2-2.報告

「日本政府のフロン対策の現状と課題① -環境省の取組を中心として-(仮題)」
馬場康弘(環境省地球温暖化対策課フロン対策室長)

「世界のCO2以外のフロン/温室効果ガス排出量と日本のフロン破壊量推移(CO2換算推計)(仮題)」
花岡達也(国立環境研究所社会環境システム研究センター主任研究員)

「海外のフロン排出のモニタリングと日本技術の活用(仮題)」
中島英彰(国立環境研究所地球環境研究センター主席研究員)

「フロン充填回収事業者の現場の取組(途上国技術者向け研修等の国際取組を含む)(仮題)」
鳥波益男(日本冷凍空調設備工業連合会会長)
大沢勉(日本冷凍空調設備工業連合会事務局次長/業務部部長)

「アジア諸国のフロン対策の現状と日本の支援例(仮題)」
志村幸美(三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社環境戦略アドバイザリー部シニア・コンサルタント)

「フロン排出のグローバル削減のための日本の貢献に関する提案(仮題)」
笠井俊彦(フロン等グローバル削減研究所代表、元環境省フロン等対策推進室長)

2-3.質疑応答・意見交換

○発言者:山本公一(自由民主党衆議院議員/元環境大臣)他(参加者からの質問・提案も受け付け)
○論点(案):
・日本政府によるCO2以外の温室効果ガス削減に向けたアイデア
・日本が国際交渉・国連メカニズム等に何をインプットするとよいか    等

※講演者・登壇者は追加の可能性あり


Ⅶ.参加費

無料

Ⅷ.定員

90名(定員になり次第、締め切らせていただきますので、ご了承ください。)

Ⅸ.お申し込み

こくちーずPROウェブサイトから、もしくはFAX:03(3505)5554宛てに「2018年11月28日セミナー参加申込」「お名前」「ご所属(勤務先・学校など)」「返信のためのご連絡先」を明記の上、お申込み下さい。
※参加申込において記載された内容(個人情報)は、本セミナーに関する目的に限り利用させていただきます。

Ⅹ.お問い合わせ・お申込み

特活)「環境・持続社会」研究センター(JACSES) 担当:足立・遠藤
TEL:03-3505-5552 FAX:03-3505-5554

http://jacses.org/356/

 

まちのなかで自然とつながるセミナー 第3回

 投稿者:特定非営利活動法人 イー・ビーイング  投稿日:2018年11月 8日(木)20時58分36秒
  まちのなかに住んでいるみなさま
身近な場所で自然とのつながりを味わってみませんか。
森や自然を大好きになってもらうためのセミナーです。
ご家族でどうぞ。

●どこでもファームで菜園体験
  なにわの伝統野菜 天王寺蕪, 田辺大根のかんさつや収穫をします。
  サツマイモもとれるかも?!
●木をつかおう! ワークショップ
  寄木モクセサリつくり
  どんなのかな?たのしみですね。
●森とつながるセミナー
  災害がたくさんおこっています。
  森を守ることは、わたしたちの命を守ることにつながります。
  森とまちの「つながり」を知って下さい。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.e-being.jp/seminars/e-being/1549/

お申し込み・お問い合わせ
  特定非営利活動法人イー・ビーイング
    TEL:06-6614-1731  FAX:06-6614-1801
    メール:taiken@e-being.jp

主催:特定非営利活動法人イー・ビーイング
後援:住之江区役所
協力:アジア太平洋トレードセンター株式会社
   特定非営利活動法人 木育フォーラム

地球温暖化低減をめざして、この事業は平成30年度大阪市市民活動推進助成を受けて実施します

http://www.e-being.jp/seminars/e-being/1549/

 

保育者のための環境教育セミナー <入門~中級編>

 投稿者:公益財団法人キープ協会 環境教育事業部  投稿日:2018年11月 6日(火)11時44分27秒
  =================================================================
保育者のための環境教育セミナー <入門~中級編>
   ~初冬の森で感じて考える~

   http://www.keep.or.jp/taiken/leader/eeseminar.php
  ◇日 程:2018年12月8日(土) 13:00~9日(日)15:00 <1泊2日>

  ◇場 所:清泉寮自然学校
     (公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)

 ◇講 師:増田 直広(公益財団法人キープ協会環境教育事業部主席研究員)
            小西 貴士(森の案内人、写真家(日本写真家協会会員))

=================================================================
●ここがオススメ!
・環境教育の視点と保育の視点をしっかり結ぶためのダブル講師!
・「環境教育」を森で感じて考える、保育現場を見て考える
・初冬の森で、キープ協会の環境教育プログラムを体験できる!
・みんなで囲む美味しい食事と薪ストーブ
・冬の夜長、講師や参加者と大いに情報交換ができる!

===================================================================
●講師紹介
<増田 直広(ますだ なおひろ)>
  公益財団法人キープ協会 環境教育事業部 主席研究員/
    都留文科大学非常勤講師/日本大学非常勤講師/
  立教大学ESD研究所客員研究員

  園児対象の環境教育プログラムの企画・運営・評価、保育者研修、
  幼児環境教育プログラム集作りなどを担当。
  一般社団法人日本環境教育学会にて、
  プロジェクト研究「幼児期における環境教育」の事務局を担当。
  「幼児期における環境教育のためのチェックリスト」作りに関わる。

    環境教育を通して「持続可能な社会=誰にとっても平和な社会」の
  実現に向けて、「普段着インタープリター」(=インタープリター的
  センスを持って日々を生きる人)を増やすべく、清里をはじめ全国
  各地で活動中。

    『ファシリテーター・トレーニング』(ナカニシヤ出版、2003年)共著
  『インタープリター・トレーニング』(ナカニシヤ出版、2014年)編著



<小西 貴士(こにし たかし)>
  森の案内人/写真家(日本写真家協会会員)/
  大妻女子大学非常勤講師/清里聖ヨハネ保育園非常勤スタッフ

  森の案内人(インタープリター)であり、写真家。
  様々なアプローチで生命とつながりを見つめることを得意とする。
  2000年のキープ自然学校立ち上げより、15年間レンジャーとして
  勤務の後フリーランス。現在は八ヶ岳南麓にて汐見稔幸氏らと共に
  「ぐうたら村」という、保育者のための自然と文化の学校を主催。

  森や野原で子どもたちと過ごしながら、子供を含む
  「命を巡るうまく言葉にならないこと」をテーマに写真を撮り続ける。
    写真や言葉を雑誌などで発表するかたわら、広く保育や子育てを
  応援するため、全国各地でスライドショウや写真展を開催。

  『子どもと森へ出かけてみれば』(フレーベル館出版、2010年)
  『みてみて!』(福音館書店、2013年)
  『また おこられてん』(童心社、2016年)など著書多数。


===================================================================
●スケジュール予定
1日目
  ※13時開始予定
・森の保育園を訪れて考えよう「環境教育ってなんだろう?」
・ゴリのスライドショウ × ますやんのレクチャー
・薪ストーブを囲みながら語り合おう
2日目
・選択プログラム(下記から興味別に選択)
  ①冬の森で、環境教育プログラムを体験してみよう!
  ②森や野から保育を考えてみる、冬のガイドウォーク
・みんなで考えよう「保育と環境教育のつながり」
※15時終了予定

===================================================================
●開催要項
・主 催/公益財団法人キープ協会
     (環境教育事業部、清泉寮自然学校、清里聖ヨハネ保育園)
・日 時/2018年12月8日(土) 13:00~9日(日)15:00 <1泊2日>
・場 所/清泉寮自然学校(公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)
      ★男女別相部屋
・対 象/16歳以上一般
         (保育や環境教育に興味・関心のある方ならどなたでも)
・定 員/30名(先着順)
・料 金/20,000円(税込、宿泊食費込)

===================================================================
●お申し込み方法

 下記URLのHP下部にお申込フォームがございます。
 必要事項をご入力ください。
    http://www.keep.or.jp/taiken/leader/eeseminar.php
 ★お申込み後1週間以内に、お申し込みをお受けしたことを
    お知らせいたします。
 ★プログラム開催の2週間前頃に、詳しいご案内資料(事前資料)
    をお送りいたします。

===================================================================
●キャンセル規定
 事前資料がお手元に届いてからキャンセルされる場合は、
 下記のキャンセル料をいただきます。
 やむを得ない事情で、キャンセルされる場合には、
  必ずご連絡ください。
 ・資料が届いた日~11/30:事務手数料として1,000円
 ・開催1週間前(12/1)~2日前(12/6):参加費の25%
 ・開催前日(12/7):参加費の50%
 ・当日(12/8)、及び無連絡の不参加:参加費の100%

===================================================================
●お申込み・お問合せ先
  公益財団法人キープ協会 環境教育事業部
 キープ・フォレスターズ・スクール
  〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545
  Tel:0551-48-3795 Fax:0551-48-3228
 E-mail:forester@keep.or.jp
 担当:小野 明子(おの あきこ)
 

◆森のトレイルづくり&焚き火de婚活in清里

 投稿者:公益財団法人キープ協会  投稿日:2018年11月 6日(火)11時26分49秒
  ◆森のトレイルづくり&焚き火de婚活in清里

 私たちキープ協会レンジャー(自然案内人)の日常作業の一つに、
 トレイル(自然歩道)の整備作業があります。

 今年は夏から秋にかけての度重なる大雨や台風で、
 道がえぐれたり、地面がぬかるんだりと、
 一部のトレイルが歩きにくくなってしまっています。

 今回は皆さんと力を合わせて、
 道のでこぼこをならす、ウッドチップを撒く、雨水を通す溝を掘るなどの作業で、
 歩きやすいトレイルに復活させたいと思います。

 トレイルの整備作業・・・地味にも思いますが、
 男女で協力する場面あり!成果が形に残り達成感あり!
 そして作業後のおやつがおいしい!とおすすめがいっぱいです。

 八ヶ岳・清里の自然に詳しいキープ協会レンジャーと、
 成婚率の高さで定評の「婚活de八ヶ岳推進委員会」が、
 あたらしい出会いの場をお手伝いします!


・日 時:2018年11月23日(金・祝)10:45~17:45
・場 所:清泉寮(公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市)
・対 象:アウトドア好きな独身の男女(男女とも30~45歳)
     ※抽選制です。
     ※申込締切は11/11(日)、結果連絡は11/14(水)頃の予定です。
     ※最少催行人数:12名(男女各6名)
・参加費:8,000円(プログラム料、昼食代、保険料、消費税を含みます)
・協 力:婚活de八ヶ岳推進委員会 http://konkatsu8.com/
・主 催:公益財団法人キープ協会
・詳 細:https://www.seisenryo.jp/experience_foresters-school.html#konkatsu

https://www.seisenryo.jp/experience_foresters-school.html#konkatsu

 

企業のためのボルネオ森林保全研修

 投稿者:地球・人間環境フォーラム  投稿日:2018年11月 2日(金)17時17分33秒
  日本企業の方に、持続可能な森林経営や生物多様性の保全に資する森林再生に関する理解を深めていただくための研修ツアーを実施します。マレーシアのボルネオ島サバ州のアブラヤシ農園開発が進む地域において、熱帯林の保全活動と持続可能な森林経営の現場を視察し、現地の団体や企業、行政機関との意見交換会などを行います。
(環境省事業「H30年持続可能な森林経営のためのパートナーシップ構築委託業務」の一環として実施します。)

日時:2019年1月10日(木)~15日(火)朝成田着(予定)
訪問先:マレーシア・サバ州キナバタンガン川流域バトゥ・プティ地区

https://www.gef.or.jp/news/info/2018forest-tour/

 

 清里・清泉寮 ムーンライトハイキング 

 投稿者:公益財団法人キープ協会  投稿日:2018年11月 1日(木)15時10分16秒
  +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
     ★☆★ 清里・清泉寮 ムーンライトハイキング ★☆★
      ~満月の夜だけの、とっておきのナイトハイキング~
     http://www.keep.or.jp/taiken/otona/moonlighthiking.php

     【第1回】2018年11月23日(金)19:30~22:00 <月齢15.8>
     【第2回】2018年11月24日(土)19:30~22:00 <月齢16.8>
     【第3回】2018年12月21日(金)19:30~22:00 <月齢14.1>
     【第4回】2018年12月22日(土)19:30~22:00 <月齢15.1>
     【第5回】2019年1月19日(土)19:30~22:00 <月齢13.4>
     【第6回】2019年3月20日(水)19:30~22:00 <月齢13.8>

 ※月齢:新月を0として、月の満ち欠けの度合いを示す(ほぼ15が満月)

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
キープ協会のレンジャーが、
満月の光に照らされた「夜の森」へと皆様をご案内。
月夜の魅力と、その楽しみ方を皆様にご紹介します。

森の木々が月明かりに照らされると、
まるで影絵のような神秘的な光景が広がります。
運が良ければ、ニホンジカなどの野生動物に出会えることも。
十分な積雪がある時は、スノーシューを履いて森を歩きます。

凛とした夜の空気の中で、
レンジャーと一緒に月夜のお散歩を楽しんでみませんか?


★ ココがおすすめ!
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
1)星空がきれいなことで知られる八ヶ岳・清里で
  月夜の晩に歩くナイトハイキング!

2)清里のシンボル清泉寮に泊れば食事や入浴といった楽しみもプラス!
  清泉寮ご宿泊の方はプログラム料金を割引します。

3)雪があればスノーシューで歩きます。スノーシューがはじめてでもOK!
  レンタル料金も含まれているのでお得です。

★ 開催概要
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
 ・主 催:公益財団法人キープ協会
 ・日 時:【第1回】2018年11月23日(金)
      【第2回】2018年11月24日(土)
      【第3回】2018年12月21日(金)
      【第4回】2018年12月22日(土)
      【第5回】2019年1月19日(土)
      【第6回】2019年3月20日(水)
      各回とも19:30~22:00
 ・場 所:清泉寮(公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市)
 ・対 象:中学生以上
      ※中高生は保護者同伴でご参加ください。
      ※安全上の理由から、以下に該当する方の参加はお断りします。
       ・2~3時間程度のハイキングが体力的に難しい方
       ・お子さま連れの方 ・ペット連れの方 ・妊娠中の方 ・介助が必要な方
 ・定 員:各回15名(先着順・お一人から可)
 ・料 金:4,000円(清泉寮ご宿泊の方は3,000円)
      ※保険料、消費税、スノーシューレンタル料(積雪期のみ)を含みます。


 ◆お申込み後1週間以内に、お申し込みをお受けしたことをお知らせします。
 ◆プログラム開催1週間前頃に、事前資料をお送りします。
 ◆個人情報は本プログラムの運営及び、
  キープ協会からのご案内やご連絡を目的に利用します。
 ◆清泉寮への宿泊をご希望の方は、下記にお問合せください。
  清泉寮フリーダイヤル 0551-48-2111(09:00~22:00/年中無休)

★ お申込み・お問合せ先
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
 公益財団法人キープ協会 環境教育事業部(フォレスターズ・スクール)
 〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545
 TEL:0551-48-3795 FAX:0551-48-3228 E-mail:forester@keep.or.jp
 担当:村井


http://interpreter.ne.jp/?p=780

 

レンタル掲示板
/157