teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ★【N-moncler】 MONCLER(モンクレール) 専門店★ 秋冬ダウンジャケット新発売!!★(0)
  2. 第20回記念チャリティ・オークション「芸術家と文化人の作品展」(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


【7/19】コロナ/気候危機からの回復 地域から始まるグリーン・リカバリー&ミュニシパリズム

 投稿者:アジア太平洋資料センター  投稿日:2020年 7月10日(金)19時29分20秒
  気候危機への対策が待ったなしの状況にある中、世界中に新型コロナウイルスの感染拡大が起こりました。この二つは、関連しあいながら私たちに既存の経済システムの変革の必要性を突きつけています。
欧州を中心に、すでにコロナ禍からの持続可能な回復をめざす政策として「グリーン・リカバリー」が提案され議論されています。またコロナ感染の以前から、いったん民営化された公共サービスを再公営化する自治体の動き(=ミュニシパリズム)も増加しています。
過去40年で進められてきた新自由主義政策から、気候危機の解決と持続可能な経済の実現、民主主義に基づくガバナンス、地域の雇用や暮らしを守る方向へとシステム・チェンジする必要があります。その鍵となるのは「地域」「自治体」です。世界の自治体・市民の取り組みを知り、日本の状況と結びつけながら、皆さんで議論したいと思います。

【開催概要】
●日時:2020年7月19日(日)15:00-18:20
●参加費:一般1000円、25歳以下&生活困窮者の方は無料
       定員400名(先着順、複数機器による接続は極力ご遠慮ください)
こちらのHPからお申し込み下さい。
https://ssl.parc-jp.org/e/html/products/detail.php?product_id=130

●使用システム:オンラインミーティングシステムZOOM
※Zoomの使用にあたってはプライバシーと安全性に配慮して行います
お申し込みいただいた後、入金が確認できた方に別途参加のためのリンクをお送りいたします。
直前のお申し込みではリンク送付が開始に間に合わない可能性がありますので、極力7月17日17時までにお申し込み・ご入金をお願いします。
なお、「郵便振替」、「銀行振込」にて入金いただく場合は7月13日以降のご入金の際には入金明細を別途メールにてご提示いただく必要があります。あらかじめご了承ください。

【第1部】 これが世界の潮流だ!コロナ禍からの再生をめざして
基調報告(1)
コロナ時代を生きるビジョン-グリーン・リカバリー最前線
井田徹治さん(ジャーナリスト)

基調報告(2)
公共の力を取り戻す!-世界の自治体で進む再公営化
岸本聡子さん(TNI)

ディスカッション&質疑応答
コーディネーター:内田聖子(PARC共同代表)【7/19】コロナ/気候危機からの回復 地域から始まるグリーン・リカバリー&ミュニシパリズム

【第2部】 持続可能なコミュニティへの変革―各地からの報告
(1)市民共有財としての公共サービスを-金沢市のガス事業民営化から
森一敏(金沢市議)

(2)地域からエネルギー政策を変える!

(3)農と食を地域で循環させる!―学校給食を地元産有機米に変えたまち
鮫田晋(千葉県いすみ市農林課)

(4)気候危機下における自治体の災害対策・公衆衛生

(5)世界に広がる「気候非常事態宣言」自治体のネットワーク
漢人明子(緑の党東京都本部共同代表/元小金井市議会議員)

※各テーマ・報告者は決まり次第更新していきます。

第1部・第2部の報告者でのパネルディスカッション&質疑応答
コメンテーター:大江正章(PARC共同代表)※予定
コーディネーター:内田聖子(PARC共同代表)

【主催・お申込】
特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453
E-mail: office@parc-jp.org
http://www.parc-jp.org/【7/19】コロナ/気候危機からの回復 地域から始まるグリーン・リカバリー&ミュニシパリズム

【割引参加のご案内】
本オンラインセミナーは25歳以下および生活困窮者の方は無料でご参加いただけます。
本フォームで申し込みの上、支払い方法で「郵便振替」を選択し、備考欄に「割引参加を希望」とご記入ください。また、確認にために申し込み後、別途PARC事務局までメール(office@parc-jp.org)にてご連絡ください。

http://https://ssl.parc-jp.org/e/html/products/detail.php?product_id=86

 
 

2020年度PARC自由学校の連続講座: まもなく開講!一部講座はオンライン受講が可能です!

 投稿者:アジア太平洋資料センター  投稿日:2020年 6月19日(金)17時42分41秒
  PARC自由学校では、6~7月から以下3つの語学講座を、
8~9月からは世界や社会についてさまざまなテーマを扱った連続講座を開講します。
語学の講座や一部の連続講座については、オンラインでもご参加いただけますので、
ぜひ全国の皆さまにご参加いただければ幸いです。
こんなときだからこそ、学びをとおしてつながりましょう!




<語学講座>
================================================================
(7/1開講)【教室受講・オンライン受講どちらもOK】
●武藤一羊の英文精読
◆詳細:https://ssl.parc-jp.org/e/html/products/detail.php?product_id=119
◆講師:武藤一羊(ピープルズ・プラン研究所 運営委員)
「ベトナムに平和を!市民連合」での活動を経て、1969年に英文雑誌『AMPO』の
創設メンバーとして日本の情勢を世界の知識人に発信する。1973年鶴見良行、
北沢洋子などとともに「アジア太平洋資料センター(PARC)」を設立、1996年まで
代表を務める。1998年「ピープルズ・プラン研究所」を設立。社会評論家として
ノーム・チョムスキーなどの知識人と国際的な親交をもつ。1983-2000年、
ニューヨーク州立大で期間教員を務める。
------------------------------------------------------------------------------------
(7/4開講)【オンライン受講のみ】
●ケイトの”What's Happening In The World!?”
◆詳細:https://ssl.parc-jp.org/e/html/products/detail.php?product_id=118
◆講師:ケイトリン・ストロネル(原子力資料情報室 スタッフ/浅川金刀比羅神社 神主)
オーストラリア出身。高校生の時に交換留学生として初来日。
慶應義塾大学大学院で政治学を専攻。その後インドのネールー大学に7年間滞在し
博士号を取得。神主、環境運動家、雑誌発行人と多彩な顔を持つ。3.11で原発の
危険性に目覚め、現在はNPOのスタッフとして脱原発の世界を目指している。
------------------------------------------------------------------------------------
(6/9開講)【教室受講・オンライン受講どちらもOK】
(※すでに開講しておりますが、あと3名まで途中参加も受け付けています。)
●世界のニュースから国際情勢を読み解こう
◆詳細:https://ssl.parc-jp.org/e/html/products/detail.php?product_id=120
◆講師:廣内かおり(アフリカ日本協議会 TICAD・国際保健担当コーディネイター)
市民団体のメンバーとして遺伝子組み換え問題やTPP問題等の翻訳、通訳に
協力しながら、フリーランスとしても翻訳を行う。共訳書にリチャード・J
・サミュエルズ『3.11震災は日本を変えたのか』英治出版 2016など。
◆講師:田中 滋(PARC 事務局長)
米国コーネル大学在学時からACORN(Association of Community Organizations
for Reform Now)をはじめとする米国における低所得者層を支援する社会運動
に関わる。帰国後は環境NGO A SEED JAPAN事務局を経て現職。社会的連帯経済
を推進する大陸間ネットワーク(RIPESS)やアジア太平洋調査ネットワーク(APRN)
など国際的なNGOネットワークの理事も担う。
================================================================

その他さまざまなテーマを取り上げた連続講座も8~9月以降順次開講予定です。
中でも以下3講座についてはオンライン聴講も可能です。

●2020年 持続可能な未来への分岐点―グローバル・クライシスと日本の選択(8/6開講)
◆講師:中山智香子/内田聖子/谷山博史/関根佳恵/板橋拓己/松本一弥/佐々木 実/諸富 徹/斎藤幸平?/柴山桂太
【教室受講】https://ssl.parc-jp.org/e/html/products/detail.php?product_id=106
【オンライン聴講】https://ssl.parc-jp.org/e/html/products/detail.php?product_id=124

●ミュニシパリズム(地域主義)という希望―公共を再生する世界の都市に学ぶ(8/3開講)
◆講師:大屋定晴/岸本聡子/Daniel Tygel/三雲崇正/大江正章/新井和宏/中野 理/工藤律子/諸富 徹/田中滋
【教室受講】https://ssl.parc-jp.org/e/html/products/detail.php?product_id=107
【オンライン聴講】https://ssl.parc-jp.org/e/html/products/detail.php?product_id=125

●平和のための日韓市民連帯―1700万人の「キャンドル革命」に学ぶ(8/7開講)
◆講師:白石 孝/岩崎貞明/李 正連/金 承福/姜 乃榮/青柳純一/内海愛子
【教室受講】https://ssl.parc-jp.org/e/html/products/detail.php?product_id=108
【オンライン聴講】https://ssl.parc-jp.org/e/html/products/detail.php?product_id=126

その他教室・対面受講のみの以下の講座の詳細はPARC自由学校ウェブサイトをご覧ください。
https://www.parcfs.org/

●「表現の不自由展中止事件」の本質とは何か―検閲・差別・管理への抵抗をめざして(8/25開講)
●いま何が問われているのか―関東大震災朝鮮人虐殺(9/7開講)
●森口豁・沖縄を見つめた写真の世界(9/9開講)
●橋本淳司と歩く わくわく水の旅―自治・防災・未来の〈まち〉をデザインしよう(8/22開講)
●ビオダンサ―Diversity:豊かさのなかへ(9/3開講)
●表現することは生きること(8/27開講)

また、オンラインオープン講座『COVID-19時代を生きる―グローバル・クライシスと市民社会』
も特別無料開催しています。詳細は同ウェブサイトにてご覧ください。
(終了した講座の動画や資料も無料公開していますので是非ご利用ください!)
https://www.parcfs.org/

================================================================

●PARC自由学校とは
PARC自由学校は、世界と社会を知り、新たな価値観や活動を生み出す
オルタナティブな学びの場です。1982年に開講して以降、アジア、
アフリカ、中南米など世界の人びとの暮らしや社会運動を知るクラス、
世界経済の実態や開発を考えるクラス、環境や暮らしのあり方を考える
クラスなど、毎年約20講座を開講しています。
私たちが生きている世界のこと、そしてその世界とつながっている
日本社会のことを知りたい。より豊かな暮らし方や生き方のヒント
が欲しい。自分らしさを表現するための技術を身につけたい。
そんな人たちが出会い、学びあうのが自由学校です。

●お申込み方法
ウェブサイトまたはメール・FAX・郵送で必要事項をご記入の上、
お申込みください。
【申込み締切:各講座開講日の2週間前まで(ご入金まで完了)】
※定員に達するまで申込みを受け付けている場合もあります。
締切後お申込みを検討されている方はお問い合わせください。

<ウェブサイトからお申込みの方>
http://www.parcfs.org/

<メール・FAX・郵送でお申込みの方>
下記の情報をご記入のうえ、以下へご連絡ください。
Email: office@parc-jp.org
FAX: 03-5209-3453
住所:〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F

 ―記入事項―
  1. お申込みクラス名
  2. お名前(ふりがなも)
  3. 生年月日
  4. ご住所
  5. 電話番号、携帯番号、FAX番号
  6. Eメールアドレス
  7. 自由学校への参加は
      1. はじめて 2. 以前受講していた(年度、クラス名)
  8. PARCの会員ですか
      1. はい 2. いいえ

※PARC自由学校連続講座を初めて受講される方は、受講料の他に入学金10,000円が必要です。
(一度PARC自由学校に入学登録された方は以降の年度での入学金は不要です。)

●PARC自由学校ではこんなこともできます!
・「越境受講」で自分の登録していないクラスもその回の受講料を支払えば参加できます。
・他のクラスを1回無料受講できる「越境チケット」をプレゼント!
・欠席しても安心!音声と資料を後からダウンロードできます。
・メーリングリストでお知らせを受け取ったり、交流に利用したりできます。

===============================================
<お申し込み・お問い合わせ>
特定非営利活動法人アジア太平洋資料センター PARC自由学校
https://www.parcfs.org/
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455  FAX:03-5209-3453
E-mail:office@parc-jp.org
===============================================

※オンライン受講とは?
教室でのご受講と同様にインターネットを通してご参加いただけます。
受講料は教室での受講と同額です。
【対象講座:世界ニュース、ケイト、武藤一羊の英文精読】

※オンライン聴講とは?
インターネットを通じて講座の様子をご自宅等からご覧いただけます。
ただし、オンライン聴講の方は原則としてご発言いただくことができ
ません。ご質問等は講義時にオンライン受講システムのテキスト
メッセージにて受け付けますが、教室受講の方の発言を優先させて
いただきます。聴講は特別割引価格15,000円です。
(自由学校連続講座の受講が初めての方は入学金10,000円が別途必要
になります)
【対象講座:「グローバル・クライシス」、「ミュニシパリズム」、
「日韓市民連帯」】

http://https://ssl.parc-jp.org/e/html/products/detail.php?product_id=86

 

第12回「関東・水と緑のネットワーク」(助成)募集中

 投稿者:(公財)日本生態系協会  投稿日:2020年 6月12日(金)15時17分32秒
  (公財)日本生態系協会では、平成21年度より(一社)関東地域づくり協会と共催で、
「関東・水と緑のネットワーク」助成事業を行っています。
都市化が進み自然が減少する関東地方において、身近にある水辺や緑地などの自然環境や自然と人とのつながりを
将来世代に引き継ぐ活動を支援するものです。

この度、第12回の募集が始まりました。皆様からのご応募をお待ちしております。


『関東・水と緑のネットワーク ~将来に残したい 美しい自然・風景・人のつながり~』

http://www.ecosys.or.jp/100select/index.html

■対象地域
関東地域1都7県(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県)

■対象とする取組み
A.拠点づくり
関東地域の水辺と緑地のネットワークの拠点となる身近な水辺や緑地を保全・再生し、周辺の自然とのつながりを回復する取組み

B.生態系ネットワークづくり
拠点の有無を問わず、同じ市町村内、同じ流域の市民団体、学校、企業、自治体などとの連携体制づくりや拠点同士をつなげるため
の活動を通じて、水辺や緑地のつながりを保全・再生する取組み

■応募主体
市民団体(法人格の有無は不問)、教育機関、企業、地方自治体など

■支援内容
対象とする取組みに対して、以下を目安に助成を行います。
A.拠点づくり:1件あたり上限30万円
B.生態系ネットワークづくり:1件あたり上限50万円

応募の詳細については下記ウェブサイトをご覧ください。
http://www.ecosys.or.jp/100select/index.html

■選定スケジュール
応募締切:令和2年8月17日(月)必着
書類審査:令和2年8月中旬から9月上旬頃
結果通知:令和2年9月中旬頃(予定)
※全応募者に選定結果を書面で通知します。

■助成期間
結果通知(令和2年9月中旬頃)から令和3年3月12日(金)まで

■主催
(一社)関東地域づくり協会、(公財)日本生態系協会

■問い合わせ
(公財)日本生態系協会 内
「関東・水と緑のネットワーク」係
電話:03-5951-0244
Eメール:100select@ecosys.or.jp

http://www.ecosys.or.jp/100select/index.html

 

【無料オンライン講座】森林破壊が高める新型感染症リスク

 投稿者:アジア太平洋資料センター(PARC)  投稿日:2020年 5月29日(金)20時06分33秒
編集済
  【緊急開催】PARC自由学校オンラインオープン講座
COVID-19時代を生きる―グローバル・クライシスと市民社会

【6月3日(水)19:00~20:30】
森林破壊が高める新型感染症リスク―私たちの暮らしと危機とのつながり
講師:川上豊幸(レインフォレスト・アクション・ネットワーク)

https://www.parcfs.org/
https://www.facebook.com/events/247556159856864/
===========================

国連環境計画(UNEP)は新型コロナウイルスを含む動物由来感染症の危機を拡大させている大きな要因として「森林破壊」を挙げています。
森林伐採と開発による生態系の破壊は、人間と野生生物の接触を増やし、感染症の危険を悪化させてきたのです。
森林破壊を引き起こしている物品としては、木材、紙パルプ、パーム油、牛肉、大豆が指摘されています。日本においても、建設資材や製紙目的の輸入だったり、プランテーションや大規模ダム開発のための伐採など日本企業や銀行は世界各地の伐採・森林破壊に加担してきました。東京五輪もしかり。
2020年はSDGsのターゲット15.2で森林減少を阻止する年と定められており、様々な取り組みも広がりつつありますが、いまだ不十分な状況です。
ある意味において、新型コロナによる現在の命と暮らしや経済の危機は、これまでの経済活動そのものがもたらしたとも言えますし、このままでは、今後の再発も懸念されています。
本講座では、東南アジアの熱帯林の「森林破壊」の事例を紹介するとともに、その経済活動に私たちのお金がどのようにかかわってきたのか紐解いていただきます。

●日時:6月3日(水)19:00~20:30
●参加費:無料(先着400名、複数機器による接続は極力ご遠慮ください)
●使用システム:オンラインミーティングツール「Zoom」
※Zoomの使用にあたっては、パスワード・待機室機能などを使い、プライバシーと安全性に配慮して行います

【参加方法】

●下記、お申し込みフォームよりPARC事務局へお申し込みください。オンライン講座へのアクセス方法を開催の二日前までにお申込者にお知らせいたします。
それ以降のお申し込みの場合はアクセス方法のご案内が講座開始直前になる場合がありますのであらかじめご了承ください。
なお、各回とも開始時間の2時間前で申し込み受付を締め切らせていただきます。
お早めにお申し込みくださいますようお願いいたします。

※申し込みフォーム:http://www.parc-jp.org/guidance/form06.html

【6/5 まもなく締切! 映像制作クラウドファンディング】
PARCでは現在、「森林」をテーマにした映像作品2本を制作中です。
クラウドファンディングの締切が迫っています。ご支援お願いします。
https://motion-gallery.net/projects/parc2020

------------------------------------------------------------------------------------
特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453
E-mail: office@parc-jp.org
HP http://www.parc-jp.org/
------------------------------------------------------------------------------------

https://www.parcfs.org/

 

【映像制作クラウドファンディング】日本とアジアの森林を持続可能に

 投稿者:アジア太平洋資料センター(PARC)  投稿日:2020年 3月31日(火)20時14分52秒
  アジア太平洋資料センター(PARC)では、日本とアジアの森林の現実を描く映像作品2本を制作中です。合計約300万円の制作費の半分についてクラウドファンディングでの支援を募っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本とアジアの森林を持続可能に
―2つの映像作品の制作プロジェクト
https://motion-gallery.net/projects/parc2020

『壊れゆく森から、持続する森へ』 (仮)
『ボルネオ事件―熱帯林を破壊するダークマネー』(仮)

募集期間:2020年6月5日まで
目標金額:150万円
完成予定:6月下旬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★作品情報★

1、オリジナルDVD『壊れゆく森から、持続する森へ』

国土の約7割を森林が占める「森林大国」日本。ところが、日本の森林は大きな課題を抱えています。中山間地域では林業の衰退に伴い、林業従事者が減少し、森林の荒廃が進んでいます。また戦後に植えられた造林木の林齢が50年を超えたことで、政府は「伐採時期を迎えた」として大規模化・集約化を促進。多くの森で大規模な主伐(皆伐)が行われ、見た目も無残な姿に変わった山も少なくありません。

このように「持続可能でない」現在の林業を根本から転換しようとする新たな取り組みが、 「自伐型林業(じばつがたりんぎょう)」です。日本では戦後の林業政策のもと、山林「所有者」と「施業者」との分離が進められた結果、地域が森林・林業から遠ざかってきました。これに対し、適正な規模の森林の経営や山仕事を、山林所有者や地域住民が行う「自立・自営」の林業を目指すのが、自伐型林業です。

PARCオリジナルDVD作品 『壊れゆく森から、持続する森へ』は、日本の森林の現状とその背景にある日本の森林政策・地域の実態を、各地の取材や専門家の分析によって紹介します。

協力: 特定非営利活動法人 持続可能な環境共生林業を実現する自伐型林業推進協(略称:自伐型林業推進協会)
監修:上垣喜寛(自伐型林業推進協会 事務局長)
ディレクター:香月正夫(セミコ)

2、翻訳ドキュメンタリー『ボルネオ事件―熱帯林を破壊するダークマネー』

マレーシア・ボルネオ島サラワク州で繰り広げられている熱帯林の破壊。そこには「世界最大の金融スキャンダル」(英・ガーディアン紙)と呼ばれた巨額の汚職が絡んでいました。世界のメガバンクを巻き込む巨大な腐敗政治のネットワークに挑んだ活動家たちを描くドキュメンタリー映画『ボルネオ事件―熱帯林を破壊するダークマネー』の日本語版を制作します。

ボルネオ島サラワク州は、世界で最も速く森林が失われている場所の一つです。その伐採された木材の最大の輸出先となっていたのが、日本です。日本語版の制作によって、私たちのお金とアジアの森林破壊のつながりを問います。

【あらすじ】
マレーシア・ボルネオ島の熱帯雨林の消失には1400億円以上の贈収賄がかかわっていた。その事実関係とお金の流れを突き止めるために環境活動家や先住民族の闘士らは命懸けの調査と告発を行い、ついに33年間続いた独裁政権を打倒する。

原題:The Borneo Case 制作:Amp Film (スウェーデン/2017年)
監督:エリック・パウザー/ディラン・ウィリアムズ
日本語字幕・吹替/カラー/78分

★ご支援額と特典★
一口3,000円からご支援いただけます。
特典の詳細は、MotionGallery上でご確認ください。
https://motion-gallery.net/projects/parc2020

************************************************************
NPO法人 アジア太平洋資料センター(PARC)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル
Tel:03-5209-3455 Fax:03-5209-3453
e-mail:office@parc-jp.org
http://www.parc-jp.org
************************************************************

https://motion-gallery.net/projects/parc2020

 

ワークショップ のお知らせ

 投稿者:Bye Bye Plastic Bags Tok  投稿日:2020年 2月24日(月)20時49分15秒
  プラスチック汚染について一緒に考えませんか?
Bye Bye Plastic Bags Tokyoとしてワークショップ第二弾です!
今回は How do we take an actionをテーマに、行動の起こし方についてのワークショップ を行います。

日時:2月29日(土) 19:00~20:30
場所:渋谷宇田川町36-22 ノア渋谷パート2
対象:学生
参加費:無料

参加したい方は、 Bye Bye Plastic Bags Tokyoまで連絡ください!
(各種SNSで活動しております。)

https://www.instagram.com/p/B8550FUnR8r/

 

英会話カフェ ~英語で考える環境問題 - 気候変動について英語で話そう!

 投稿者:FoE Japan  投稿日:2020年 2月21日(金)11時10分17秒
  ========================================================================

最近、気候変動についてテレビや新聞で取り上げられ、みなさんもよくその言葉を耳にするのではないでしょうか?

気候変動は年々深刻化しており、例えば、多くの動植物が犠牲になったオーストラリア・ブラジル ・インドネシアでの大規模な森林火災は気候変動が一つの要因だとされています。日本でも気候変動の影響が出ており、近年は大型台風が洪水を引き起こし、多くの被害をもたらしました。

しかし「気候変動って言葉はよく聞くけど、実際に何が起きているのか、どうして起きているのか、あまり知らない・・・。」という方も多いのではないでしょうか?

本イベントはそんな方におすすめ!弊団体スタッフが気候変動について簡単にわかりやすく説明した後、参加者の皆さんと一緒に、このグローバルな危機に対して日本の私たちに何ができるのか話し、考えます。

気候変動についてあまり知らない、でも英語を使って学びたい、コミュニケーションを取りたいという人におすすめのイベントです!

ぜひ学校帰りや仕事帰りにお気軽に参加ください。


We often hear people talking about climate change these days, as it has been featured on TV and newspapers quite a lot recently.

Climate change is accelerating, and the impacts of it have been distinctly visible. For example, large-scale forest fires took place in Australia, Brazil as well as Indonesia that sacrificed a million of species, and massive typhoons hit Japan causing serious floods everywhere.

But are you thinking, “I hear a lot about climate change but don’t know exactly what it is or why it’s happening”? This event is for you! Our staff member will explain about climate change, and we will then think about how we individuals can contribute to the solution of this global crisis.

This event is recommended for those who are not familiar with climate change but want to learn about it and communicate in English!

Please feel free to participate on your way home from school or work!


========================================================================

日 時 2020年3月5日(木)18:30~20:30
場 所 地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F (地下鉄表参道駅から徒歩約5分)
参加費 500円(お菓子付き、お好きな飲み物をご持参ください)
定 員 30名
申込み webの申込みフォームよりお申込み下さい。
問合せ FoE Japan 篠原(info@foejapan.org)

========================================================================

http://www.foejapan.org/event/event_com/200305.html

 

森のやすみじかん -春の回- ~森の中で整体師から学ぶ! 心と身体のほぐし方~

 投稿者:齋藤 琴音  投稿日:2020年 2月11日(火)17時36分0秒
  木々の新芽がふくらみ始め、
いよいよ目覚めのときを迎える森の中で、
心と身体を整える時間を過ごしてみませんか?

今回は、キープ協会のレンジャー兼整体師のスタッフが、
誰でもできる「身体ほぐし、心ほぐし」のレッスンを行います。
会場は「清里の森の中」。
街の賑わいから離れた静かな森へ、レンジャーがご案内。
自然の魅力を楽しみながら、身体を癒し、ほぐし方を学ぶ
素敵な「やすみじかん」を過ごしてみましょう。

今回学べる「整体の知識」は、
忙しい日常を乗り越える手助けとなります。

新しいことが動き出す4月に、
心とカラダを整えて心地よいスタートを切りましょう!


===========================================================================

●こんなことします。
・自分のコリをほぐす「こりほぐし体操」
・人のコリをほぐす「整体師のほぐし方」
・早春の清里の森で自然体験&リラックスタイム

              ・・・などなど。

===========================================================================

●こんな人におススメ!!
・森の中でゆったりとした時間を過ごしたい人
・日頃から忙しく、たまにはゆっくりしたい人
・自然が好きな人、自然派の人
・自分の身体のリズムを整えたい人

              ・・・などなど。

===========================================================================

●開催要項
・日 時/2020年4月18日(土)13:30~16:00
・場 所/清泉寮(公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)
・対 象/16歳以上
・定 員/15名(先着順)
・料 金/4,500円 (税込)
   ※清泉寮ご宿泊の方は3,000円(税込)
・割 引/【会員割】フレンズオブキープの会員の方:通常料金から10%引
・主 催/公益財団法人キープ協会
・備 考/荒天時は室内で「身体ほぐし・心ほぐし」の時間を過ごします。
      清泉寮宿泊プランもあります。ご希望の方はお問合せください。

===========================================================================

●スタッフ紹介
  村井 孝一(むらい・こういち)
  (公財)キープ協会 環境教育事業部レンジャー/健友館整体実技指導修了生

  愛知県出身。子どもの頃から生きものが好きで、レンジャーに憧れて、
  2001年に環境教育事業部の実習生として所属。
    実習生卒業以降は様々な団体に所属し、
  学校団体への自然体験、山村留学の暮らし、川の自然体験指導者、星空観察ガイド、
  都市型環境教育、科学的な視点を大切にした野生生物ガイドなどを経験。
  また、健友館整体実技指導も修了。整体師としての顔も持つ。

  自然豊かな清里の森で、自然の「楽しみ方」や魅力を伝えるレンジャーとして、
  四季折々で様々な自然体験を実施している傍ら、
  整体師としての知識を生かした自然体験プログラム等も実施している。

  「人と生きものとのつながり」をキーワードに、
  心とカラダ、そして頭のバランスも取れるようなガイドを心掛けています。


===========================================================================

●お申し込み方法

 下記URLのHP下部にお申込フォームがございます。
 必要事項をご入力ください。
    https://www.seisenryo.jp/experience_foresters-school.html#yasumitime

 ★お申込み後1週間以内に、お申し込みをお受けしたことを
    お知らせいたします。
 ★プログラム開催の2週間前頃に、詳しいご案内資料(事前資料)
    をお送りいたします。


===========================================================================

●キャンセル規定
 事前資料がお手元に届いてからキャンセルされる場合は、
 下記のキャンセル料をいただきます。
 やむを得ない事情で、キャンセルされる場合には、
  必ずご連絡ください。
 【~4/10】事務手数料として1,000円
 【4/11~4/16】参加費の25%
 【前日(4/17)】参加費の50%
 【当日または無連絡の不参加】参加費の100%

===========================================================================

●お申込み・お問合せ先
  公益財団法人キープ協会 環境教育事業部
 キープ・フォレスターズ・スクール
  〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545
  Tel:0551-48-3795 Fax:0551-48-3228
 E-mail:forester@keep.or.jp
 担当:村井 孝一(むらい こういち)

http://www.keep.or.jp/taiken/otona/morinoyasumijikan.php

 

映画『山中静夫氏の尊厳死』劇場鑑賞券プレゼントキャンペーン

 投稿者:(公財)日本生態系協会  投稿日:2020年 2月 7日(金)14時51分24秒
  このたび、自然に眠り、森をはぐくむ「森の墓苑」では、映画『山中静夫氏の尊厳死』の公開にあたり、
劇場鑑賞券をプレゼントするキャンペーンを開始しました。ご興味のある方は、ふるってご応募ください。

キャンペーン内容:
この映画を通じて、自分のお墓についても関心を高めることで「森の墓苑」を知ってもらいたいとの思いから、全国鑑賞券を抽選で10名の方にプレゼントするキャンペーンです。


2月14日(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国公開!
公式サイト:http://songenshi-movie.com/

○応募方法:メール(morinoboen@ecosys.or.jp)かFAX(03-5951-2974)か
ハガキ (〒171-0021東京都豊島区西池袋2-30-20(公財)日本生態系協会「森の墓苑」)のいずれかに

①~⑦をご記入の上、お送りください。
①「山中静夫氏の尊厳死」鑑賞券希望、②氏名、③年齢、④郵便番号・住所、
⑤このキャンペーンを知ったきっかけ、⑥クイズの答え、⑦ご自身のお墓についてのお考え

○応募期限:2020年2月12日(水)正午

詳細は下記HPをご覧ください。
http://www.morinoboen.org/campaign_2019-R1s_4th.pdf

※ご応募はおひとり1回までです。
※全国劇場鑑賞券はおひとり1枚の当選とし、発表は鑑賞券の発送をもって代えさせていただきます。
※ご応募いただいた方には「森の墓苑」に関するお知らせをお送りします。その他、個人情報は(公財)日本生態系協会のプライバシーポリシーに従い管理いたします。

http://www.morinoboen.org/campaign_2019-R1s_4th.pdf

 

「持続可能な森林経営のためのフォレストパートナーシップ セミナー」開催

 投稿者:GEF  投稿日:2020年 1月27日(月)14時51分41秒
  環境省では、持続可能な森林経営や森林保全に資する森林再生に関する理解を深めることを目的として、国内の企業を主な対象に、東南アジアにおける海外森林保全研修を実施してきました。今年度は、企業と教育関係者、NGO等から計10名の参加者が、マレーシア・サバ州においてアブラヤシ農園開発が進む地域の森林保全活動の現場と、野生生物との共存を目指すアブラヤシ農園を訪問しました。
本セミナーでは、研修参加者より、ボルネオ島での経験と学び、企業や日本の教育機関が海外での森林保全活動に関わる際の課題等を発表していただき、森林保全活動やパートナーシップを進めるためのヒントを得ていただくことを目的としています。また、研修に同行したボルネオの野生動物専門家の安間繁樹先生より、ボルネオ島の生物多様性の豊かさを支える熱帯林とその現状についてご講演いただきます。さらに、セミナーの終わりには、セミナー参加者の皆様と一緒に、森林保全や持続可能性に配慮した調達や、NGO/NPOとのパートナーシップを進めるためのヒントを得るためのディスカッションを予定しています。
海外におけるSDGsの実践や森林保全などにご関心のある企業の方々、教育関係者、企業との連携を目指すNGO/NPOの方々にぜひご参加いただきたいと考えております。

セミナーの概要
日 時:2020年2月14日(金)18:30~20:30(開場18:15)
会 場:日比谷図書文化館4階 小ホール スタジオプラス
(東京都千代田区日比谷公園1-4)
https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/hibiya/#access
(東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線霞ヶ関駅より徒歩3分、都営地下鉄三田線内幸町駅より徒歩3分)
主 催:環境省
内容:
講演「生物多様の宝庫―ボルネオ島の熱帯林」
講演者:安間繁樹氏/動物生態学者、元JICA野生生物調査専門家
発表「ボルネオの熱帯林の保全と野生生物との共存を目指す農園視察」
発表者:研修参加企業・団体/企業3社、教育関係者1名(予定)
質疑応答・ディスカッション(参加型)
ファシリテーター:八木亜紀子/認定NPO法人開発教育協会(DEAR)

参加費:無料

申込み方法
下記URL上の申込みフォーム、E-mail、又はFaxで、地球・人間環境フォーラムまでお申込みください。
申込みフォームURL:https://ssl.form-mailer.jp/fms/1eb260e2410423
E-mail:event(a)gef.or.jp ((a)を@に変えて送信してください)
FAX:03-5825-9737
メール、Faxにてお申込みの際は、表題に「環境省森林セミナー申込み」と明記し、[1] ご氏名(ふりがな)、[2] ご所属、[3] 電話番号、[4] E-mailアドレスをご記入下さい。
参加希望者が多数の場合は、先着順(定員60名)とさせていただきます。

問い合わせ先(事務局)
地球・人間環境フォーラム(担当:飯沼・坂本)
E-mail:event(a)gef.or.jp   URL:http://www.gef.or.jp/
TEL:03-5825-9735/ FAX:03-5825-9737

https://www.gef.or.jp/news/event/fpp2020/

 

レンタル掲示板
/164