teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:151/216 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

17日、定例講演会盛会おめでとうございます

 投稿者:うさぎメール  投稿日:2005年 4月18日(月)21時37分41秒
  通報
  國次さん、こだいファンさん、じゅんこさん、わたなべさん、皆様今晩は♪
國次さん、昨日はお疲れ様でした。予想以上の人数が集まり、かなり驚きです(・o・)

イワクラ学会の重鎮の方、測量のプロの方、熱海市議会副議長さま、郷土史にご興味有る
方々、そしてダイバーと様々なバックボーンを持つ方々が一堂に会して意見交換や質問を
するという場を持つことができ、有意義な会であったと思います。

地元紙の取材や今後のアナウンスを期待される方々もおられ、
「海底遺跡」の持つロマン・他を感じました。

そして場を提供下さいました伊豆山神社さま、細々とお世話いただきました宮司夫人様、
本当にありがとうございました。
微力ながらお手伝いさせていただきました者の一人として、心より感謝申し上げます。
境内のしだれ桜もとても綺麗で、素敵な一日でしたね♪

16日(土)に私たちは國次さんのリードで2本潜りました。
1本目は『ソーダイ根』。-60m目指して進む途中で明らかなに人為的に作られた道を
見ることができました。 
#といってもお互いの体のことを考慮して立ち止まることは許されませんので、横目で。
#時間と深度の関係を計算している為、立ち止まるのはタイムロスになるのです(ーー;)

2本目で、-21mに沈む石積みの撮影に挑戦しましたが、春濁りの中、遠景を写すのは
困難で、じゅんこさんも真理子さんも苦労しておられました。
#じゅんこさん曰く「わかっていれば広角レンズを用意したんだけど」だそうです。

昨日は数名の方々にじゅんこさんの画像を見ていただきました。
國次さんの意向では、万端の準備をして再度の撮影にトライするそうですので、
そのうち発表することができるかもしれません(^^)v

南の島と違って透明度・透視度に恵まれない(真冬なら良いのですが)熱海の海底では、
このように撮影一つをとってみても困難がつきまといます。

國次さん、お疲れ様でした、 では~(^^)/~~~
 
 
》記事一覧表示

新着順:151/216 《前のページ | 次のページ》
/216