teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:163/216 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

お久しぶりです(汗)-2

 投稿者:こだいファン  投稿日:2005年 3月27日(日)22時25分12秒
  通報
  すっかりご無沙汰してしまいました m(_"_)m
こちら青色申告用のパソコントラブルなどなどナド、すっかりボーサツされておりました。
これからもグーのネ(汗)しか出ない状況が続きそーです (Θ.Θ;) gu-

國次さん、毎月の講演会を開催されるとは、素晴らしいです!
細沢の方も、楽しみにしていると思います p(^^)q
こちらも、なんとしても作業を繰り合わせて、
ゼヒ毎回参加したいと思います!
日程。お待ちしてまぁす!

>既に私自身では海底に火口と溶岩の熔出箇所を発見していて、
>調査している学者から伊豆東部火山が熱海まで及ぶ事
>を火山学会へ発表をする為の準備をしています。

すごいですね~
沈没とその原因を同時に見出しているというのは、ダイナミックです。
Takashima さんもこの熱海の特異性にも注目されましたでしょうか。
改めておもいましたけど、
最先端の科学技術から、海洋学・歴史・古文書、古代まで、
熱海には色んな要素が畳み込まれているのがすごいです。

それにしても激動の鎌倉時代の始めに、港だけではなく、歴史からも陥没してしまった熱海。
そしてその中心の伊豆山神社に、
深~いななにかの意味があったのではないかと・・・
ついまた(^^;ゞ空想してしまいました。

なにはともあれ、
目の前のものから一つ一つ明らかにすることがなにより素晴らしいですね。

>画一的に違うのはカルデラの全体が一度は沈み、後に再びカルデラり形状を取り
>戻した事でしょう。

むー、ムツカシイです(^^;)ので、
講演会たのしみにしてま~す。

   ★彡

わたなべさんの記事も拝見させてい頂きました。
「奇岩博物館、富士山資料館」というものがあったのですか~

>富士山の二度目の噴火で、三島まで溶岩がきた様子を解説してあります。

富士の古代文献に関心がありますので、
ゼヒ何時か、遊びに行ってみたいと思いました (゚O゚)/

投稿しようとしたら、「1回の投稿は、半角サイズで4000文字以内にしてください。」と言われてしまいましたので、
二つに分けました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:163/216 《前のページ | 次のページ》
/216