teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:164/216 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

お久しぶりです(汗)-1

 投稿者:こだいファン  投稿日:2005年 3月27日(日)22時36分38秒
  通報
  うさぎさん、気になる話だったのですけど、
こちら多忙のド壷に沈殿してまして、
スッカリ遅くなってしまいました。~(o_ _)o

>ロープで思い出しましたが、外秩父(奥武蔵)に『伊豆が岳』という山が有りまして、
>ここには鎖場が有ったような覚えがあります。。。 記憶が定かでは無いんですけど。

このお話、気になってましたのでやっと(汗)調べてみました。
   参考HP→ 伊豆ガ岳 鎖場に心臓バクバク

確かに鎖場がありますね、岩戸山よりかなり立派です~
昔、修験者が使ったものだと思います。(本場熊野の奥駆のコースにもあるようです)
やはり伊豆山の修験者のネットワークがあって「伊豆」の名前を冠したのかもしれません。

>海底遺跡ゾーン中のあるポイントの延長線上にこの『伊豆が岳』が有るそうです。

これも地図で探してみました→ 埼玉県飯能市周辺 - 生活地図サイト MapFan Web
(拡大縮小できます)
位置関係は、熱海からホボ北方向なのですね。
海底の遺跡と、、、そうですかぁ、、、きっとなにか意味があるような気がします (^-^)”

>『伊豆が岳』のあたりは札所になっておりまして、『子の権現』という「足の神様」も
>有ります。神様という言い方はおかしいかもしれませんが、、。

こちら伊豆山神社の参道にも、足立権現(役の小角様)がおられます!
クリックしてください クリックしてください
(クリックすると拡大します、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください)
ちなみに「権現」とは、外国(インド)から日本に来て日本の神様になったということですので、
神様と呼んでイイのだと思います・・(^m^)
それにしても、同じ足の神様なのですね~
やはり、伊豆山の行者が、足の神様の信仰と、「伊豆」の名前を持って行って、
ネットワークを構成していたのでしょうか?
調べてみましたら『子の権現』は「ねのごんげん」と読むのでした。
子(ね)の方向は北ですけど、伊豆山から見て北・・・?!?

いずれにしましても、貴重な情報ありがとうございました (^J^)/

>そうそう、東海大の調査結果(等深線の表示)で「妙な反応」と私たちが注目した場所は
>-40mを越えた陸からも既存のダイビングポイントからも離れた場所です。

すごいですね~
海底調査は大変だとは聞いてますけど、
おかげさまで、その大変さが少しずつ分かってくるようです。

みなさん、
これからも出来るところから活躍してくださいませ v(^J^)
 
 
》記事一覧表示

新着順:164/216 《前のページ | 次のページ》
/216