teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:92/907 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

分解時の注意点

 投稿者:JA9COB/1  投稿日:2016年 4月26日(火)21時33分42秒
  通報 返信・引用
  続けてアップします。
ローテーター本体の分解時は必ず、本体を見ながら、左回りで西経由で南方向に回し切った状態(方向)=自動停止位置。
マジックで位置合わせ位置をマーキングしてからボルトを外してください。
この時にコントローラーの針位置が正しくない場合は針を手修正しておきましょう。

ギアボックスはCリングを正しい工具で外す・・・・ペンチやラジペンで外さないこと
自信のない方は分解せず、灯油/シンナー/IPAなどで洗浄・点検してグリスアップする。
ベアリングを同じく灯油/シンナー/IPAなどで洗浄しベアリングレールにグリスを塗り、綺麗なベアリングをホールケーキのイチゴのように並べて組み立てましょう。
不良ベアリングがある場合は同サイズで全数交換してください。

欠けたギアがあればメーカーから取り寄せ交換。
回転角度検知用の600ΩVRの位置はマーキングしておきいじらない。
不具合があれば交換(抵抗値を測りメモしたり位置写真をとる)

再組立て時は上記の逆作業ですね。
詳しくは分解整備した各局のHP画像などを見てください。
PS.コントローラーの方向指示ベルトの交換は純正でなくてもオークションや千石電商、東急ハンズなどで購入できますよ。


http://item.rakuten.co.jp/dendenele/sck2506p?scid=af_pc_etc&sc2id=249194170

 
 
》記事一覧表示

新着順:92/907 《前のページ | 次のページ》
/907