teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:111/909 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

All‐JAコンテスト2016

 投稿者:JA9COB/1  投稿日:2016年 4月17日(日)19時05分16秒
  通報 返信・引用
  あれ????
開催日が29日とばかり思っていましたが23-24日(土日)開催なのですね!!
23日に八木アンテナ揚げればOBのお試し運用は可能ですね!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第58回(2016)ALL JAコンテスト規約

1 開催日時
   2016年4月23日(土)21時00分から4月24日(日)21時00分(JST)まで

2 参加資格
   日本国内のアマチュア局およびSWL(アマチュア局の電波を受信する個人をいう)

3 使用周波数帯


アマチュア
バンド

使用周波数帯


電 信

電 話

3.5MHz帯 3.510 ~3.530MHz 【AM/SSB】3.535~3.570MHz
7MHz帯 7.010~ 7.040MHz 【AM/SSB】7.060~7.140MHz
14MHz帯 14.050~ 14.080MHz 【AM/SSB】14.250~14.300MHz
21MHz帯 21.050~ 21.080MHz 【AM/SSB】21.350~21.450MHz
28MHz帯 28.050~ 28.080MHz 【AM/SSB】28.600~28.850MHz
【FM】29.200~29.300MHz
50MHz帯 50.250~ 50.300MHz 【AM/SSB】50.300~51.000MHz
【FM】51.000~52.000MHz


【注】A2A電波による電信はAM/SSB、F2A電波による電信はFMの使用周波数帯とする。

*この周波数表記は、バンドプランの周波数表記方法と同じで、各周波数は電波のスペクトラムの境界を表わしています。 たとえば、7MHz帯のSSBでは 7.060-7.140 となっていますが、7MHz帯においては LSB電波を使用しますので、トランシーバの周波数表示(キャリアー表示)では7.063-7.140 の間で運用しなければいけない...ということになります。



4 参加部門および種目

部門 種目 コードナンバー(注10)
最大電力[W]
免許
範囲内 100 10 (20) 5
電話
(注1、4) シングルオペ
(注3) オールバンド(14MHzを除く) --- --- PA ---
3.5MHzバンド --- --- P35 ---
7MHzバンド --- --- P7 ---
21MHzバンド --- --- P21 ---
28MHzバンド --- --- P28 ---
50MHzバンド --- --- P50 ---
ニューカマー(注5、9)
(14MHzを除く) --- --- PN ---
マルチオペ
(注11) オールバンド(14MHzを除く) --- --- PMA ---
電信 シングルオペ
(注3) オールバンド CAH CAM --- CAP
3.5MHzバンド C35H C35M --- C35P
7MHzバンド C7H C7M --- C7P
14MHzバンド C14H C14M --- C14P
21MHzバンド C21H C21M --- C21P
28MHzバンド C28H C28M --- C28P
50MHzバンド C50H C50M --- C50P
シルバー(注6、9) CS --- --- ---
マルチオペ
(注11) オールバンド CMAH CMAM --- ---
2波(注7、9) CM2 --- --- ---
電信
電話
(注2) シングルオペ
(注3) オールバンド XAH XAM --- XAP
3.5MHzバンド X35H X35M --- X35P
7MHzバンド X7H X7M --- X7P
14MHzバンド X14H X14M --- X14P
21MHzバンド X21H X21M --- X21P
28MHzバンド X28H X28M --- X28P
50MHzバンド X50H X50M --- X50P
シルバー(注6、9) XS --- --- ---
SWL(注2、9) XSWL --- --- ---
マルチオペ
(注11) オールバンド XMAH XMAM --- ---
2波(注7、9) XM2 --- --- ---
ジュニア(注2、8、9) XMJ --- --- ---



(注1)電話部門のすべての種目は、空中線電力10W以下(50MHzバンドでは20W以下)とする。
(注2)電信電話部門は、「電信および電話」または「電話」によるものとする。ただし、SWLおよびジュニアは電信のみによる参加のときも、この部門に含める。
(注3)シングルオペは、コンテスト中の運用に関わるすべてのことを一人で行うものとし、それ以外はマルチオペとする。
(注4)電話部門オールバンド種目は、14MHzバンドの運用は除く。
(注5)ニューカマーは、初めて局を開設した個人局であって、局免許年月日が開催日の3年前の同日以降に免許された局とする。
(注6)シルバーは、年齢が70歳以上のオペレータによる運用であるものとする。
(注7)2波は、いかなる場合も同時に送信できるのは2波(異なる2バンド)以下とし、2波それぞれに「10分間ルール」を適用する。「10分間ルール」とは、バンドを変更したときは受信時間を含めて少なくとも10分間そのバンドにとどまらなければならない、というルール。
(注8)ジュニアは、年齢が18歳以下のオペレータの運用とする。
(注9)ニューカマー、シルバー、2波、SWLおよびジュニアは使用するバンド数に関係なくオールバンドにエントリーしたものとみなす。SWLおよび2波は、使用するバンドに制限はない。
(注10)コードナンバーのH、M、Pは、それぞれ空中線電力「100W超」、「5W超100W以下」、「5W以下」の電力区分を表す。
(注11)運用場所は一箇所とし、運用範囲は直径500mの円内とする。

 
 
》記事一覧表示

新着順:111/909 《前のページ | 次のページ》
/909