teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ★【N-moncler】 MONCLER(モンクレール) 専門店★ 秋冬ダウンジャケット新発売!!★(0)
  2. 第20回記念チャリティ・オークション「芸術家と文化人の作品展」(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


エコゲームで身に付けるコミュニケーション

 投稿者:豊中市立eMIRAIE環境交流センター  投稿日:2017年 8月12日(土)16時46分49秒
  ==============================================
●〇「エコゲームで身に付けるコミュニケーション」〇●
2017年9月3日(日)13:30~15:30
@豊中市立eMIRAIE環境交流センター(阪急曽根駅最寄)

他者の価値観を尊重しながら、自分の気持ちを伝えていく力、
「コミュニケーション力」を育むための手法として、
今、教育現場で電気を使わないエコゲーム(ボードゲームやカードゲーム)
の活用が注目されています。

今回は教育や人材育成に関わる人・めざす人、子育て中の人などを対象に、
エコゲームを通したコミュニケーション醸成の仕方を学ぶ講座を開催します。
講座後すぐに実践できるよう、エコゲームのおみやげもあるオトクな講座です!

【★】ご関心のある方であれば、どなたでも参加大歓迎!
 講座の中では、実際にエコゲームを試す楽しい時間もあります♪

==============================================

「エコゲームで身に付けるコミュニケーション」


■日 時:2017年9月3日(日)13:30~15:30

■場 所:豊中市立eMIRAIE環境交流センター

■講 師:あそび文化研究所所長 畑直樹さん
※「教育新聞」でアナログゲーム(エコゲーム)のコラムを連載中!

■参加費:2,000円(※エコゲームのおみやげ付き)

■申込み:8月31日(木)締切

■定 員:20人(先着順)

■保 育:一時保育は8月20日(日)締切

チラシ↓
http://kankyokoryu.jp/docs/170903.pdf

・申込み・お問合せ先
 豊中市立eMIRAIE環境交流センター
   (指定管理者:NPO法人とよなか市民環境会議アジェンダ21)
 〒561-0881 豊中市中桜塚1-24-20
(阪急宝塚線曽根駅より徒歩5分)
 TEL:06-6844-8611  FAX:06-6844-8668
 E-mail:office@kankyokoryu.jp

http://staffblog.kankyokoryu.jp/?eid=194

 
 

地域の人は全てがステークホルダー。ネットワークを拡げよう!

 投稿者:特定非営利活動法人 イー・ビーイング  投稿日:2017年 8月10日(木)12時28分10秒
  平成29年度 スタッフ向け環境NGO・NPO能力強化研修(近畿ブロック)
課題解決力Up!
地域の人は全てがステークホルダー。ネットワークを拡げよう!

8月26日(土)~10月21日(土) 10:00~17:00(全5回)
場所:京染会館 4F セミナールーム(株式会社アペイロン)
※第3日のみ滋賀県高島市にて実地研修

もっと活動を拡げたいあなたの課題は?
資金不足?イベントの動員?若い人に来てほしい?会員を増やしたい?
ネットワークの力で解決できるかも。
地域の人もイベント参加者も全てがステークホルダー。
共感と信頼のネットワークが拡がれば課題解決につながります。

①満足度をあげる
②イベント参加者を増やす
③活動資金を増やす
④そして次世代にひき継ぐ
団体運営の課題を具体的に設定し、ネットワークを活用した解決につなげます。

詳しい内容やスケジュールは、HP(http://www.e-being.jp/seminars/e-being/1127/)をご覧ください。

http://www.e-being.jp/seminars/e-being/1127/

 

【8/22】PARC新作上映会『コンビニの秘密』

 投稿者:アジア太平洋資料センターPARC自由学校  投稿日:2017年 8月 9日(水)14時05分16秒
  PARC最新作『コンビニの秘密―便利で快適な暮らしの裏で』の完成記念上映会を行います。

 日本全国で約5万5000店が営業するコンビニエンス・ストア。365日24時間営業の店舗が提供するサービスは、いまや私たちの日々の暮らしを支える「社会のインフラ」ともいわれています。
 しかし、その一方で、加盟店に負担を強いるフランチャイズ契約、オーナー・アルバイトの長時間労働、見切り販売ができにくいため起こる大量の食品廃棄といった問題も指摘されています。
 便利さ・快適さの裏で、私たちが失ってしまっているものとは?
 コンビニを通して、私たちの社会のしくみ、生産と消費、労働のあり方を考えます。

 作品上映後には、監督の土屋トカチさんによるトークと、監修者の古川琢也さん他、取材協力者の方々を招いてのミニシンポジウムを行います。取材を通して聞こえてきた現場の声、加盟店オーナーの目から見たフランチャイズ契約と労働環境、食の専門家が考える本当に豊かな暮らしなど、コンビニのある生活の裏側をさまざまな視点から見つめなおす貴重な機会です。ぜひご参加ください。

************************************************************


【日時】:2017年8月22日(火)19:00~20:45

      ※開場:18:30


【場所】:連合会館203会議室

      東京都千代田区神田駿河台3-2-11
     (※)地図:http://rengokaikan.jp/access/


【入場料】500円


   プログラム

  ・『コンビニの秘密 便利で快適な暮らしの裏で』上映(39分)
  ・土屋トカチ監督トーク
  ・出演者・監修者によるミニシンポジウム
   古川琢也(監修/ルポライター)
   三井義文(コンビニ加盟店ユニオン副委員長)
   近藤惠津子(NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン理事長)
   司会 内田聖子(PARC共同代表理事)
   ※この他、出演者・関係者からのフロア発言あり



************************************************************


作品紹介

 『コンビニの秘密―便利で快適な暮らしの裏で』

 どこにでもあって便利なお店、コンビニエンス・ストア。通称コンビニ。
 食料品・日用雑貨の販売、ATM、公共料金の支払いなどあらゆるサービスを、24時間365日無休で提供してくれる、現代社会のインフラです。
 日本国内の店舗数は5万5000店以上。総売上高は、約10兆5700億円を超えました。
 そんな日本が誇る成長産業ともいえるコンビニですが、ほぼすべてのお店は「フランチャイズ・チェーン方式」の個人営業店です。
 人件費や人手確保は加盟店オーナーの負担で、多くの加盟店オーナーが窮状を訴えています。
 サービス残業や自腹購入を強いられたアルバイトたちからもその労働環境を疑問視する声が寄せられています。
 毎日大量に廃棄される食品など、自然環境・資源への負荷も懸念される問題です。
 消費期限が迫ったお弁当やおにぎりは、どうして見切り販売されないのか?
 人手不足なのに時給が上がらないのはなぜなのか?
 お店は本当に儲かっているのか?
 コンビニの秘密を一緒にのぞいて、考えてみましょう。

DVD/16:9/2017年/日本語/カラー/39分
本体5,000円+税(図書館価格:本体15,000円+税)


********************************************
◆主催・問合せ先◆
NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル
TEL.03-5209-3455
E-mail :office@parc-jp.org
********************************************

http://www.parc-jp.org/freeschool/event/170822.html

 

「関東・水と緑のネットワーク」平成29年度交流会開催のお知らせ

 投稿者:(公財)日本生態系協会  投稿日:2017年 8月 8日(火)19時22分7秒
  関東地域の身近な自然や風景を守り育て、それらと人との持続可能な関係を将来世代に引き継ぐことを目的に、平成21年に「関東・水と緑のネットワーク」(旧 関東・水と緑のネットワーク拠点百選)が始まりました。これまでに選定した拠点・活動団体のつながりをさらに深めるため、平成29年度交流会を開催いたします。皆様お誘いあわせのうえ、奮ってご参加ください。

○日 時:2017年9月2日(土) 9:30~15:30
○プログラム:第1部(午前の部9:30~12:20) 現地見学(170分)
学校法人自由学園内立野川崖線および立野川源流
(第5回関東・水と緑のネットワーク拠点百選選定地)
第2部(午後の部13:00~15:30)平成29年度の選定団体への選定証授与式
         基調講演 三島次郎氏(桜美林大学名誉教授)
         選定団体による活動紹介
         意見交換会
○定 員:30名(先着順、要事前申込)
※定員になり次第、締め切ります。
※午前の部は「関東・水と緑のネットワーク」の選定団体の方対象ですが、午後の部は一般の方も参加可能です。
○参加費:無料
○持ち物:筆記用具、雨具、飲み物
※午前から参加される方は昼食をご持参ください。
○主 催:(一社)関東地域づくり協会、(公財)日本生態系協会
○共 催:向山緑地・立野川勉強会、学校法人自由学園 環境文化創造センター
○後 援:東久留米市(予定)
○申込方法:電話(03-5951-0244)、FAX(03-5951-2974)、メール(100select@ecosys.or.jp)のいずれかの方法で次の内容をご連絡ください。
      本文にお名前(ふりがな)、ご所属先、ご連絡先(電話番号・メール)を記載の上、8月31日(木)までにお申し込みください。
○会 場:学校法人自由学園 南沢キャンパス
     最高学部棟1階 食堂
     (東京都東久留米市学園町1-8-15)
○駐車場がございませんので会場へは公共の交通機関をご利用ください。

関連サイト
http://www.ecosys.or.jp/100select

http://www.ecosys.or.jp/100select

 

第63回 清里インタープリターズキャンプ(入門編)

 投稿者:公益財団法人キープ協会  投稿日:2017年 8月 6日(日)14時00分37秒
  ◇日 程: 2017年10月7日(土)13:30 ~ 9日(月・祝)14:30 <2泊3日>

◇場 所: 清泉寮自然学校
       (公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)

◇講 師: 関根 健吾(せきね けんご)
      (公益財団法人キープ協会 環境教育事業部事業部 副部長)

===================================================================

●講師(関根)からのメッセージ
 インタープリテーションで大事にしたいのは、
 インタープリター自身の自然に対する感性。
 さわやかな秋の清里で、
 自然の楽しさや不思議さに目を向けることから、
 インタープリテーションをはじめてみましょう!

*【清里インタープリターズキャンプ】は
  環境省 人材育成・認定等事業」に登録されています。
   https://edu.env.go.jp/reg/detail/de_10.html

===================================================================
●インタープリテーションとは
・「単なる情報の提供ではなく、直接体験や教材を通し、
   事物や事象の背後にある意味や関係を明らかにすることを
  目的とした教育活動」
(フリーマン・チルデン:『インタープリテーション入門』」より)

●清里インタープリターズキャンプ(入門編)で学ぶこと
 ・インタープリテーションの基本的な考え方
 ・自然と人のつなぎ方
 ・インタープリテーションのスタイル
 ・インタープリテーションのプログラムの計画
 ・インタープリテーションのスキルアップ

●こんな人におススメ!
 ・インタープリテーションを学びたい方
 ・ガイドなどの「伝える仕事」に就きたい方
 ・「伝える技術」を学びたい方
 ・自然の魅力を引き出したい方
 ・人と人を繋ぎたい方
 ・想いをカタチにしたい方
 ・環境教育の仕事に興味のある方や携わっている方

●開催要項
・主 催/公益財団法人キープ協会
・後 援/文部科学省、山梨県
・日 時/2017年10月7日(土)13:30 ~9日(月・祝)14:30 <2泊3日>
・場 所/清泉寮自然学校(公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)
      ★男女別相部屋
・対 象/16歳以上一般
         (インタープリターに興味・関心のある方ならどなたでも)
・定 員/24名(先着順)
・料 金/一般39,000円(税込、宿泊食費込)
・割 引/ 【早割】9/23までにお申し込みの方:3,000円引
      【学割】学生の方:5,000円引
       【家族割】ご家族で参加の場合:1名につき1,000円引
       【会員割】フレンズオブキープの会員の方:通常料金から10%引
    ※各種割引は一部併用も可能です。詳しくはお問い合わせください。

 http://www.keep.or.jp/taiken/leader/interpreters/#63

 

『人の生きかた、しまいかた』講話のご案内

 投稿者:(公財)日本生態系協会  投稿日:2017年 8月 5日(土)09時57分29秒
  戦争のない平和な世界を求めてきたはずなのに、危険な状況が世界に、そして身近なところにも存在します。日本も開発、開発と経済を優先させて、人の生活の基盤である最も大切な多くの自然を失ってきました。そうしたことから、野の鳥が鳴かない静かな日本になってしまいました。
 いま、日本人は目先のお金に心を奪われ、子どもたちや将来の人々のことを真剣に考えず、大切な“思いやる心”も忘れかけています。その結果、“私の人生は幸せであると思う”人が極端に少ないのです。こうした時であるからこそ、私たち一人ひとりの生きかたや、しまいかたが大切になります。
  “思いやりのある暖かい社会と平和な世界をつくること” この人として当たり前の思いをお伝えしたいと思います。
 みなさまのこれからの人生の指針になれば幸いです。ぜひ、お気軽にご参加ください。

※本講話では当協会が運営する「森の墓苑」のご紹介も行います。
 「森の墓苑」のHPはこちら http://www.morinoboen.org/

○日 時:2017年8月19日(火) 15:00~16:30(受付開始14:30)
○定 員:30名(先着順、要事前申込)
※定員になり次第、締め切ります。
○参加費:無料

○申込方法:電話(03-5951-0244)、FAX(03-5951-2974)、
     メール(moushikomi@ecosys.or.jp)のいずれかの
     方法で次の内容をご連絡ください。
      本文にお名前(ふりがな)、ご住所、お電話番号、
      参加人数を記載ください。
○会 場:IKE・BIZとしま産業振興プラザ第2会議室
     (東京都豊島区西池袋2-37-4)

http://www.ecosys.or.jp/join/event/index.html

 

やんばるの森と高江のいまを知ろう~オスプレイ運用開始で壊されたものは?」

 投稿者:FoE Japan  投稿日:2017年 8月 3日(木)14時00分49秒
  沖縄北部の東村高江周辺での米軍のオスプレイの離発着帯(オスプレイパッド)の建設。7月11日、周辺自治体にも事前通告なく、運用が開始されました。 周辺一帯は、ヤンバルクイナやノグチゲラなど、ここにしか生息しない動植物の宝庫。また、住民は騒音被害に悩まされています。
このたび、高江の住民や沖縄北部の島ぐるみのみなさんをお迎えし、こうした状況についてお話しいただきます。どなたでもご参加いただけます。ぜひ、お誘いあわせの上、ご来場ください。
なお、翌日8月23日(火)の午前中には、参議院議員会館で防衛省交渉も予定されています。こちらもぜひご参加ください。

日時:2017年8月22日(月)18:30~20:30
会場:文京区区民センター  2A会議室  東京都文京区本郷4-15-14(東京メトロ:後楽園駅、都営地下鉄:春日駅)
発言(予定)
伊佐育子さん(「ヘリパッドいらない」住民の会)
大田博信さん(島ぐるみ国頭)
當山全伸さん (島ぐるみ東)
島袋義久さん(島ぐるみ大宜味)
北上田毅さん (沖縄平和市民連絡会)
奥間政則さん(土木技術者)
間島孝彦さん(高江連絡会)
花輪伸一さん(辺野古・高江を守ろう!NGOネットワーク)
資料代:500円 申し込み不要
主催:辺野古・高江を守ろう!NGOネットワーク、FoE Japan、美ら海にもやんばるにも基地はいらない市民の会
問合せ:Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986  携帯:090-6142-1807(満田)

http://http://www.foejapan.org/aid/takae/170822.html

 

エコ×エネ子どもキャンプ2017

 投稿者:公益財団法人キープ協会  投稿日:2017年 7月15日(土)10時13分51秒
  ふれて・かんじて・たべて・つくって
  ~心に響く自然体験から、エコロジーとエネルギーを学ぼう~
◆秋の会;2017年9月2日(土)13時~3日(日)13時30分

・主催:山梨県地球温暖化防止活動推進センター
          公益財団法人 キープ協会

・場所:山梨県北杜市清里高原 キープ自然学校

・対象:山梨県内の小学4年生~中学3年生

・定員:24名  (先着順:初参加者の方が優先になります)

・参加費:無料

◆主な内容:
・お互いを知り合う時間~仲間とテント張りに挑戦!
・森や川の探検~清里高原の自然を五感で感じよう
・地産地消のおやつ作り~地球に優しい食べ物ってなあに
・ナイトハイク~灯りを点けない夜の空はどんなだろう
・自然の中にあふれるエネルギーを探そう~体験のまとめ

http://www.keep.or.jp/taiken/kazoku/ecocamp.php

 

エコ×エネ子どもキャンプ2017

 投稿者:山梨県地球温暖化防止活動推進センター  投稿日:2017年 7月14日(金)14時05分10秒
  ◆エコ×エネ子どもキャンプ2017
 ふれて・かんじて・たべて・つくって
  ~心に響く自然体験から、エコロジーとエネルギーを学ぼう
http://www.keep.or.jp/taiken/kazoku/ecocamp.php

【公益財団法人やまなし環境財団 委託事業】


◆秋の会;2017年9月2日(土)13時~3日(日)13時30分

・主催:山梨県地球温暖化防止活動推進センター
          公益財団法人 キープ協会

・場所:山梨県北杜市清里高原 キープ自然学校

・対象:山梨県内の小学4年生~中学3年生

・定員:24名  (先着順:初参加者の方が優先になります)

・参加費:無料

◆主な内容:
・お互いを知り合う時間~仲間とテント張りに挑戦!
・森や川の探検~清里高原の自然を五感で感じよう
・地産地消のおやつ作り~地球に優しい食べ物ってなあに
・ナイトハイク~灯りを点けない夜の空はどんなだろう
・自然の中にあふれるエネルギーを探そう~体験のまとめ

◆スケジュール
<1日目>
・受付&オリエンテーション
・お互いを知り合う時間~仲間とテント張りに挑戦!
・森や川の探検~清里高原の自然を五感で感じよう
・入浴
・夕食
・ナイトハイク~灯りを点けない夜の空はどんな色
・おやすみ

<2日目>
・起床
・朝のお散歩
・朝食
・自然の中にあふれるエネルギーを探そう~体験のまとめ
・昼食
・ふりかえり
・解散

※自然状況や子供達の様子でプログラム変更をする場合があります。


◆お問合せ
山梨県地球温暖化防止活動推進センター
公益財団法人 キープ協会・環境教育事業部内
〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545
TEL.0551-48-8011 FAX: 0551-48-3577
E-Mail:eco@keep.or.jp
事務局 鳥屋尾、田村

http://www.keep.or.jp/taiken/kazoku/ecocamp.php

 

『人の生きかた、しまいかた』講話のご案内

 投稿者:(公財)日本生態系協会  投稿日:2017年 7月11日(火)09時42分16秒
  戦争のない平和な世界を求めてきたはずなのに、危険な状況が世界に、そして身近なところにも存在します。日本も開発、開発と経済を優先させて、人の生活の基盤である最も大切な多くの自然を失ってきました。そうしたことから、野の鳥が鳴かない静かな日本になってしまいました。
 いま、日本人は目先のお金に心を奪われ、子どもたちや将来の人々のことを真剣に考えず、大切な“思いやる心”も忘れかけています。その結果、“私の人生は幸せであると思う”人が極端に少ないのです。こうした時であるからこそ、私たち一人ひとりの生きかたや、しまいかたが大切になります。
  “思いやりのある暖かい社会と平和な世界をつくること” この人として当たり前の思いをお伝えしたいと思います。
 みなさまのこれからの人生の指針になれば幸いです。ぜひ、お気軽にご参加ください。

※本講話では当協会が運営する「森の墓苑」のご紹介も行います。
 「森の墓苑」のHPはこちら http://www.morinoboen.org/

○日 時:2017年7月25日(火) 19:00~20:30(受付開始18:30)
○定 員:30名(先着順、要事前申込)
※定員になり次第、締め切ります。
○参加費:無料

○申込方法:電話(03-5951-0244)、FAX(03-5951-2974)、
     メール(moushikomi@ecosys.or.jp)のいずれかの
     方法で次の内容をご連絡ください。
      本文にお名前(ふりがな)、ご住所、お電話番号、
      参加人数を記載ください。
○会 場:TKP東京駅丸の内会議室
     (東京都千代田区丸の内3-1-1、帝劇ビル地下一階)

http://www.ecosys.or.jp/join/event/index.html

 

レンタル掲示板
/145