teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ★【N-moncler】 MONCLER(モンクレール) 専門店★ 秋冬ダウンジャケット新発売!!★(0)
  2. 第20回記念チャリティ・オークション「芸術家と文化人の作品展」(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


第56回やまね学校~キヨサト・ニホン・セカイのヤマネ~

 投稿者:公益財団法人キープ協会  投稿日:2018年 1月10日(水)13時24分38秒
  日程:2018年3月10日(土)13:30~11日(日)14:00
校長:湊 秋作(やまねミュージアム館長/関西学院大学教授)

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
●今回の「やまね学校」では…

 私たちが普段「ヤマネ」と呼ぶとき、
 それは「ニホンヤマネ」を指すことが多いです。
 その名の通り日本固有の種です。

 世界には約26種のヤマネがいることが分かっています。
 一口にヤマネと言っても、種類によって生態は異なるようです。

 それでは、
 「ニホンヤマネ」ならではの特徴というのはあるのでしょうか?

 また「ニホンヤマネ」は本州・四国・九州など広く国内に分布していますが、
 地域によって特徴に差があるようです。

 それでは、
 清里に生息するヤマネならではの特徴というのもあるのでしょうか?

 56回目を数える「やまね学校」。
 今回は30年以上に及ぶヤマネ調査・研究のイロハをたどりながら、
 「ニホンヤマネ」の生態や特徴をあらためて学びたいと思います。

 国内外のヤマネ研究にくわしい、湊校長先生による特別授業も楽しみ!

 春の足音が聞こえてくる3月の清里で、さあ「やまね学校」のチャイムが鳴るよ!

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
●スケジュール(予定)
 <1日目/3月10日(土)>
  13:30 はじまりの会
  14:00 1時間目:ヤマネのすむ森たんけん
  16:30 2時間目:校長先生の特別授業
  17:30 夕食
  19:00 3時間目:ヤマネのかんさつ
  20:30 終了

 <2日目/3月11日(日)>
  07:30 朝食
  09:00 4時間目:ヤマネの調査体験
  11:00 5時間目:まとめのじかん
  12:00 昼食
  13:00 おわりの会
  14:00 終了

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
●開催概要
 ・主 催/公益財団法人キープ協会
 ・日 時/2017年3月10日(土)13:30~11日(日)14:00 <1泊2日>
 ・場 所/清泉寮(公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)
 ・対 象/小学生以上のご家族・一般の方
 ・定 員/30名(先着順)
 ・料 金/一般25,000円、学生22,000円、小学生18,000円(税込、宿泊食費込)
 ・割 引/【早割】2/24(土)までにお申し込みの方:2,000円引
      【家族割】ご家族で参加の場合:1名につき1,000円引
       【会員割】フレンズオブキープの会員の方:通常料金から10%引
       ※【会員割】は他の割引と併用ができません。ご了承ください。

★安全上の理由から小学生未満のお子さまのご参加、
 またお子さまのみでのご参加はお断りしています。

★個人でご参加の方は男女別の相部屋となります。

★ご家族・グループの人数が2~3名さまの場合は相部屋となります。

★以前にやまね学校に参加された方は、お申込みフォーム「その他」欄に、
「第●●回(または●年●月)に参加」とご入力ください。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

~お申込みフォーム(リンク)~

★お申込み後1週間以内に、お申し込みをお受けしたことをお知らせします。
★開催2週間前頃に、事前資料をお送りします。
★個人情報は本プログラムの運営及び、キープ協会からのご連絡やご案内を目的に利用します。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
●キャンセル規定
 事前資料がお手元に届いてからキャンセルされる場合は
 下記のキャンセル料をいただきます。
 やむを得ない事情でキャンセルされる場合には必ずご連絡ください。

【資料が届いた日~3/2】事務手数料として1,000円
【3/3~3/8)】参加費の25%
【前日(3/9)】参加費の50%
【当日(3/10)または無連絡】参加費の100%

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
●お問合せ先
 公益財団法人キープ協会 環境教育事業部
 〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545
 TEL:0551-48-3795 FAX:0551-48-3228 E-mail:forester@keep.or.jp
 担当:関根

http://www.keep.or.jp/taiken/otona/yamane/

 
 

NEC世界子ども自然クラブ2018年3月 ~自然・文化をどっぷり体感、IT会議で世界とつながる~

 投稿者:公益財団法人キープ協会  投稿日:2018年 1月 8日(月)15時16分7秒
  =======================================================
NEC世界子ども自然クラブ2018年3月
~自然・文化をどっぷり体感、IT会議で世界とつながる~
2018年3月24日(土)~26日(月) 2泊3日 小4~小6対象
http://www.keep.or.jp/taiken/kazoku/nec.php
=======================================================
山梨の自然・文化を思いっきり体験!
今年は台湾から2人の子どもたちが来日。
東北南三陸町からの参加もあります。
「山」を切り口に、SDGs(※脚注)・防災の視点でも
自然と世界をみつめます。
その体験をIT会議で、マレーシア・中国・フィリピン・
インドネシアの子ども達に伝えるよ!

※SDGsは2015年国連サミットで採択された、持続可能な社会へむけた
 世界をかえるための17の目標です。

●プログラムの概要
台湾・中国・フィリピン・インドネシア・日本、それぞれの場所で、
全身で自然・文化体験してきたことを ITを使って、伝え合い、交流します。
今年は、台湾から2人の子ども達が来日。
山梨県八ヶ岳で一緒に自然体験・文化交流をして過ごします。

日本の会場は、山梨県清里。標高1400メートルの清里では3月終わりは
まだ、春を待つ季節です。見通しのよい森に、小さな芽吹きの気配が少しづつ。
今年は富士山からのゲスト講師もやってきます。

同じ時間に、世界のあちこちで、各地の子どもが自然とむきあい、
自然と人の関わりで育まれてきて文化を体験します。
その地だからこその経験が「伝え合う」という行為を通して
交じり合うことで、豊かな時間が育まれます。

「自然」「国際」「五感」「コミニュケーション」「つながり」
・・・いろんなキーワードが、ぎゅっと詰まった3日間

マレーシア・中国・フィリピン・インドネシア・日本、
3日目には5会場同時の交流を計画しています。
日本では、台湾の子ども達と直接交流しながらの
どっぷり自然体験。世界につながる2泊3日に、是非おこしください。

日本と世界をぐっと近く感じる特別な機会です!!


●NEC世界子ども自然クラブとは
2008年3月にプロジェクトをスタートとし、1回目を実施。
洞爺湖サミットにあわせて2回目を、その後 毎年3月に実施しています。
今年はじめて、台湾の子ども達が日本にきて直接交流します。

ITは、世界中のいろんな場所と人を、あっという間につなげてくれる
可能性があります。
でも、「何だか知っているつもりになる」だけでは、
時には、世界や人への興味関心が、
小さくなってしまうこともあるのではと感じます。

「大切なことは目にみえない」
星の王子様にでてくる言葉ですが、
人と人のつながりは、どんなツールを使っても
「心の動く瞬間」があってこそだと考えています。

ITのすすんだ時代だからこそ、「お互いの気持がつながる実感」を
大切にした交流を大事にしています。


●プログラム(予定)
○1日目
午後 :集合、オープニング、
   八ヶ岳の自然・みんなとこんにちは

交流地域を知る時間
夜:海外のともだちとインターネットで交流

2日目
午前:富士山と八ヶ岳のお話
   溶岩染め体験
午後:ITが開く未来の可能性
   台湾のことを教えてもらおう
   南三陸町と台湾の絆

夜:海外のともだちとインターネットで交流

3日目
午前:海外のともだちとインターネットで交流
午後 :3日間のふりかえり
クロージング (15:00解散)
=======================================================
●日程:2018年3月24日(土)14:00~3月26日(月)15:00
●参加費:無料
※会場までの交通費は、各自ご負担ください
※指定電車ご利用の場合、小淵沢駅までスタッフが送迎します
●定員: 10名(抽選制:2月24日(土)第一次申込締切り:
結果は3月1日までに連絡します)
※より多くの方に参加機会を広げるため、初参加の方が優先になります。
過去に参加された方は、まずは仮申込お願いします。3月1日以降で
参加可能な場合、順次ご連絡させていただきます。
●対象: 小学4年生~6年生(2017年度の学年)
●場所: 山梨県清里 清泉寮
●主催:日本: 公益財団法人キープ協会
マレーシア: サバ州森林局
台湾:観樹教育基金会
中国:NPO天下渓
フィリピン:コーディリエラ・グリーン・ネットワーク
インドネシア:日本環境教育フォーラム インドネシア事務所
●協賛:NEC
 http://jpn.nec.com/community/ja/index.html

●後援:環境省(申請中)

●お申し込み方法:
ハガキ、FAX、E-mail、ホームページのいずれかで
以下の項目をご記入の後、ご送付下さい
□=============================================□
1.プログラム名「NEC世界子ども自然クラブ2018年3月」
2.お名前(ふりがな) 3.郵便番号・住所 4.電話番号
5.学校名 6.2017年度の学年 7.性別 8.参加の動機
9.何のメディアを通じてキャンプを知ったのか
10.E-mailアドレス
□=============================================□
■お申込み・お問合せ先
公益財団法人キープ協会 キープ・フォレスターズ・スクール
〒407-0311 山梨県北杜市高根町清里3545
担当:鳥屋尾 (とやお)
TEL:0551-48-3795 FAX:0551-3228 forester@keep.or.jp
URL:http://www.keep.or.jp/taiken/kazoku/nec.php
========================================================

http://www.keep.or.jp/taiken/kazoku/nec.php

 

水辺からはじまる 生態系ネットワーク全国フォーラム2017

 投稿者:(公財)日本生態系協会  投稿日:2017年12月25日(月)14時48分36秒
   国土交通省は平成30年1月11日、農林水産省・環境省と全国フォーラム2017を開催します。生態系ネットワークの形成に取り組んでいる方々より、地元での取組みや期待について紹介いただき、地域と流域が一体となった地域づくりの推進方策を考えます。
 森林や農地、都市をつなぐ川は、日本の生態系ネットワークの基軸であり、まとまった自然環境を保つ重要な空間です。国土交通省では、河川の整備をはじめ流域の農地や緑地などの施策等とも連携し、流域の市町村、NPO、学校など多様な主体と、魅力的で活力ある地域づくりに取り組んでいます。

※生態系ネットワーク
 野生生物が生息・生育する様々な空間(森林、農地、河川、海等)による生態系のつながりのこと。

■当日の概要
[名称]水辺からはじまる 生態系ネットワーク全国フォーラム2017

[日時]平成30年1月11 日(木)14:00~17:15

[主催]国土交通省 [共催]農林水産省、環境省

[会場]東京大学伊藤国際学術研究センター 地下2階 伊藤謝恩ホール
   (東京都文京区本郷7-3-1)
    ※東京メトロ丸ノ内線・都営大江戸線「本郷三丁目駅」より
     徒歩約8分
   (会場周辺図)http://www.u-tokyo.ac.jp/ext01/iirc/access.html

[主なプログラム(予定、敬称略)]
 <基調講演>
  「生態系ネットワークで地域を元気に(仮題)」
   中貝 宗治/兵庫県豊岡市長

 <地域における取組み紹介とパネルディスカッション>
 【コーディネーター】
  中村 太士/北海道大学 農学研究院 教授

  【パネリスト】
  中貝 宗治/兵庫県豊岡市長
  柏 敏春/舞鶴遊水地にタンチョウを呼び戻す会 相談役
  竹村 昇/コウノトリ定着推進連絡協議会 会長
          (前 NPO法人れんこん研究会 理事長)
  田邊 達也/出雲大社門前まち 神門通り甦りの会 代表
  森川 幹夫/国土交通省 水管理・国土保全局 河川環境課長

[参加費]無料

[定員]400名

[参加申込方法]
 下記[1]から[4]をご記入のうえ、Eメール、FAX、郵便のいずれかで平成30年1月9日(火)必着で、下記【担当】へお申込みください。

 [1] お名前(ふりがな)、 [2] ご所属先、 [3] 連絡先(電話番号、Eメールアドレス)、[4] CPDプログラム受講証明書の要・不要

 【担当】(公財)日本生態系協会 生態系フォーラム係
      〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-30-20 音羽ビル
      TEL:03-5951-0244 FAX:03-5951-2974
                 E-mail:forum2017@ecosys.or.jp

 ※先着順で受け付け、定員(400 名)になり次第、締め切ります。受付完了の御連絡は特にいたしません。満席後にお申込みされた方にはその旨を御連絡いたします。
 ※本フォーラムは、公益社団法人土木学会を通じて建設系CPD協議会のCPDプログラム(2.5単位)に認定されています。受講証明書が必要な方は、申込時にその旨をご記入の上、当日の閉会後に受付にて受講証明書をお受け取りください。
 ※ 取材(傍聴・カメラ撮り)可能です。ご希望の方は申込みの際に、その旨を記載ください。

※お申込時にいただいた個人情報は、本フォーラムの開催に伴う事務手続に限り使用いたします。

※その他詳細は下記をご参照ください。
 (国土交通省の報道発表資料、案内チラシのPDFがダウンロードされます↓)
  http://www.mlit.go.jp/common/001213615.pdf

http://www.ecosys.or.jp/join/event/index.html#180111

 

立教大学ESD研究所×キープ協会の環境教育基礎講座

 投稿者:公益財団法人キープ協会  投稿日:2017年12月15日(金)18時49分57秒
  立教大学ESD研究所×キープ協会の環境教育基礎講座
http://www.keep.or.jp/about/kankyo/rikkyoesd.php

キープ協会の環境教育事業30周年の年から始まった
「立教大学ESD研究所×キープ協会の環境教育基礎講座」、
2017年度で5年度目を迎えました。
今年度は「地域創生と自然学校」を年度テーマとし、
講師からの話題提供と参加型の情報交換を通して
地域創生における自然学校の役割、
地域創生に環境教育やESDがどのように貢献できるか学びます。

企業関係者、行政関係者、学生さん、環境教育関連団体の皆さんをはじめ、
環境教育に興味をお持ちの方であればどなたでも参加できる基礎講座です。
会場は交通の便の良い東京池袋の立教大学、参加費は無料です!
多くの皆さんのご参加をお待ちしています!

ファシリテーター:
増田 直広(立教大学ESD研究所客員研究員、キープ協会環境教育事業部主席研究員)

※ESD=Education for Sustainable Development
(持続可能な開発のための教育)

第12回 地域創生と自然学校①「大杉谷自然学校」

・主 催:公益財団法人キープ協会、立教大学ESD研究所、
     文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
     「ESDによる地域創生の評価とESD地域創生拠点の形成に関する研究」
     (研究代表者・阿部治)、
     ESD地域創生研究センター設置準備室
・期 日:2018年1月16日(火) 18:30~20:30
・会 場:立教大学池袋キャンパス太刀川記念館3階多目的ホール
・対 象:環境教育に関心のある人(社会人、学生)
・内 容:話題提供、意見交換
・講 師:大西かおり(大杉谷自然学校校長)
     阿部 治(立教大学ESD研究所所長、立教大学・大学院教授)
     増田 直広(キープ協会環境教育事業部主席研究員)
・参加費:無料

講師紹介
○大西かおり(話題提供)
大杉谷自然学校校長。
三重県大台町生まれ。大台町で生まれ育ち、平成13年4月大杉谷自然学校設立。
過疎高齢化の地域教育力を生かした環境教育を展開。
地域の文化伝統の消失、衰退、森林や自然と人の在り方について、
環境教育プログラムを通じて社会に問題提起を続けている。

○阿部治(主催者挨拶)
立教大学ESD研究所所長。立教大学・大学院教授。
専門は環境教育/ESD。
日本を含むアジア太平洋地域の環境教育/ESDのアクションリサーチを行っている他、
政府や企業、NGOなど多くの学外組織において持続可能な社会構築に向けた活動を展開している。

○増田直広(ファシリテーター)
公益財団法人キープ協会環境教育事業部主席研究員。立教大学ESD研究所客員研究員。
都留文科大学非常勤講師。キープ協会の環境教育事業の全体統括、指導者養成事業、
CSR事業、エネルギー環境教育、幼児期における環境教育などを担当。

当日のスケジュール
18:00 受付開始
18:30 開会
18:40 話題提供(大西氏)
19:30 情報交換
20:20 まとめ(質疑応答、補いの講義)
20:30 終了、以降任意の名刺交換会
21:00 終了

※参加ご希望の方は事前にお申し込みください。
※お申し込みフォームの「お申込み内容」欄に、参加希望の回と日付、
勤務先名・学校名等の所属をご入力ください。

http://www.keep.or.jp/about/kankyo/rikkyoesd.php

 

立教大学ESD研究所×キープ協会の環境教育基礎講座

 投稿者:公益財団法人キープ協会  投稿日:2017年12月13日(水)16時34分13秒
  キープ協会の環境教育事業30周年の年から始まった
「立教大学ESD研究所×キープ協会の環境教育基礎講座」、
2017年度で5年度目を迎えました。
今年度は「地域創生と自然学校」を年度テーマとし、
講師からの話題提供と参加型の情報交換を通して
地域創生における自然学校の役割、
地域創生に環境教育やESDがどのように貢献できるか学びます。

企業関係者、行政関係者、学生さん、環境教育関連団体の皆さんをはじめ、
環境教育に興味をお持ちの方であればどなたでも参加できる基礎講座です。
会場は交通の便の良い東京池袋の立教大学、参加費は無料です!
多くの皆さんのご参加をお待ちしています!

ファシリテーター:
増田 直広(立教大学ESD研究所客員研究員、キープ協会環境教育事業部主席研究員)

※ESD=Education for Sustainable Development
(持続可能な開発のための教育)

第12回 地域創生と自然学校①「大杉谷自然学校」

・主 催:公益財団法人キープ協会、立教大学ESD研究所、
     文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
     「ESDによる地域創生の評価とESD地域創生拠点の形成に関する研究」
     (研究代表者・阿部治)、
     ESD地域創生研究センター設置準備室
・期 日:2018年1月16日(火) 18:30~20:30
・会 場:立教大学池袋キャンパス太刀川記念館3階多目的ホール
・対 象:環境教育に関心のある人(社会人、学生)
・内 容:話題提供、意見交換
・講 師:大西かおり(大杉谷自然学校校長)
     阿部 治(立教大学ESD研究所所長、立教大学・大学院教授)
     増田 直広(キープ協会環境教育事業部主席研究員)
・参加費:無料

講師紹介
○大西かおり(話題提供)
大杉谷自然学校校長。
三重県大台町生まれ。大台町で生まれ育ち、平成13年4月大杉谷自然学校設立。
過疎高齢化の地域教育力を生かした環境教育を展開。
地域の文化伝統の消失、衰退、森林や自然と人の在り方について、
環境教育プログラムを通じて社会に問題提起を続けている。

○阿部治(主催者挨拶)
立教大学ESD研究所所長。立教大学・大学院教授。
専門は環境教育/ESD。
日本を含むアジア太平洋地域の環境教育/ESDのアクションリサーチを行っている他、
政府や企業、NGOなど多くの学外組織において持続可能な社会構築に向けた活動を展開している。

○増田直広(ファシリテーター)
公益財団法人キープ協会環境教育事業部主席研究員。立教大学ESD研究所客員研究員。
都留文科大学非常勤講師。キープ協会の環境教育事業の全体統括、指導者養成事業、
CSR事業、エネルギー環境教育、幼児期における環境教育などを担当。

当日のスケジュール
18:00 受付開始
18:30 開会
18:40 話題提供(大西氏)
19:30 情報交換
20:20 まとめ(質疑応答、補いの講義)
20:30 終了、以降任意の名刺交換会
21:00 終了

※参加ご希望の方は事前にお申し込みください。
※お申し込みフォームの「お申込み内容」欄に、参加希望の回と日付、
勤務先名・学校名等の所属をご入力ください。

http://www.keep.or.jp/about/kankyo/rikkyoesd.php

 

全国学校・園庭ビオトープコンクール2017 発表と交流大会 申込受付中!

 投稿者:(公財)日本生態系協会  投稿日:2017年12月13日(水)09時31分51秒
  身近に自然をつくり教育や保育に熱心に取り組む先生方、
応援する市民団体や行政、企業の方々が集い、情報交流する機会です。

受賞校によるステージ発表やポスター発表など今回も内容盛りだくさんです。
参加費は無料、但し事前申込制です。

「全国学校・園庭ビオトープコンクール2017」の詳しい情報はこちら
http://www.biotopcon.org/

日 時:2018年2月11日(日) 13:00~16:00
会 場:東京大学 伊藤国際学術研究センター
    伊藤謝恩ホール(東京都文京区)
参加費:無料(祝賀懇親会は大人3,500円・高校生以下1,500円)
内 容:第1部 ステージ発表…上位5賞の事例発表
    第2部 ポスター発表…受賞校・受賞園のほか、団体・企業など
    閉会後 祝賀懇親会


●応募方法
FAXの場合…http://www.biotopcon.org/2017/happyou.pdfから
     参加申込書をダウンロードして03-5951-2974までお送りください。
フォームから…http://www.ecosys.or.jp/FormMail/biocon2017/FormMail.html
     上記サイトからお申込みいただけます。

●学校や地域のビオトープを活かして教育活動する企業・団体の皆さまへ
 ぜひポスター発表にご参加ください。
 参加方法は下記リンクからご確認ください
 http://www.biotopcon.org/2017/poster.pdf


☆お問い合わせ☆
(公財)日本生態系協会 全国学校・園庭ビオトープコンクール係
〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-30-20 音羽ビル
TEL 03-5951-0244
E-mail biocon2017@ecosys.or.jp

http://www.biotopcon.org/

 

水ビジネスの最新動向

 投稿者:特定非営利活動法人 イー・ビーイング  投稿日:2017年12月 8日(金)19時03分17秒
  地球は「水の惑星」といわれ、膨大な水が存在しますが、大半が海水で人間が利用できる淡水は水資源全体のわずか0.01%にすぎず、水は希少資源ともいえる存在です。
水問題の解決には、大きなビジネスチャンスがあり、水ビジネスは、まだまだ成長する市場といえます。

今回のセミナーでは、世界の水ビジネスの第一人者のグローバルウォータ・ジャパン代表で国連テクニカルアドバイザー等も務められている吉村和就氏に、「世界の水ビジネスの現状と勝てる日本の戦略は」と題して、ご講演していただきます。
その後、大阪 水環境ソリューション機構の活動の他、関西・アジア 環境・省エネビジネス交流推進フォーラム(Team E-Kansai)で、水ビジネスを推進している企業(東洋紡エンジニアリング株式会社)の事例を紹介します。
是非、ご参加ください。

■プログラム

基調講演
「世界の水ビジネスの現状と勝てる日本の戦略は」
グローバルウォータ・ジャパン 代表
吉村 和就 氏

事例紹介1
「大阪 水・環境ソリューション機構 歴史と活動」
一般財団法人都市技術センター 常務理事
大阪 水・環境ソリューション機構 事務局長
坂本 幸三 氏

事例紹介2
「海水淡水化技術の紹介」
東洋紡エンジニアリング株式会社 新規事業プロジェクト
大平 能成 氏

2017年12月19日(火) 13:30~16:30
おおさかATCグリーンエコプラザ内 セミナールーム
受講無料

おおさかATCグリーンエコプラザ ホームページ(http://www.ecoplaza.gr.jp)よりお申込みください

http://www.ecoplaza.gr.jp

 

【共生の森づくり】森の手入れ&リース・門松づくり

 投稿者:特定非営利活動法人 イー・ビーイング  投稿日:2017年12月 8日(金)18時12分11秒
  みんなでつくろう100年の森!「共生の森づくり」

ツル取りや枝払いで森をすっきり!
取れた自然素材で季節の飾りを手づくりしましょう。

2017年12月17日(日)
9:30(集合)~15:30ごろ(解散)
共生の森(大阪府堺市西区築港新町)にて
集合・解散:南海本線「石津川」駅前

ホームページの注意事項をよく読んでご参加ください。
http://www.e-being.jp/seminars/e-being/1310/

主催:大阪府
運営:特定非営利活動法人 イー・ビーイング

http://www.e-being.jp/seminars/e-being/1310/

 

おおさか気候変動「適応」シンポジウム

 投稿者:特定非営利活動法人 イー・ビーイング  投稿日:2017年12月 7日(木)17時35分18秒
  地球温暖化に伴う気候変動により、自然や私たちの生活などにさまざまな影響が生じると言われています。
その被害を回避、又は和らげ、もしくは有益な機会として活かそうという考え方が「適応」です。
本シンポジウムでは、地球温暖化への「適応」の専門家による講演や、今年度、「適応の啓発に府と協働して取り組んだNPO 等を交えたパネルディスカッションを行い、地球温暖化への「適応」についての理解を深め、大阪の気候がどうなるか、今後どのような影響が生じ、どう「適応」すればよいかを考えます。
皆様お誘いあわせのうえ、ご参加ください。

■プログラム

<開会挨拶> 大阪府 環境農林水産部 環境政策監 金田 透

講演1
「地球温暖化と私たちの暮らし-地域からの適応に向けて」
法政大学 社会学部 教授 田中 充 氏
(文部科学省「気候変動適応技術社会実装プログラム」(SI-CAT)サブ課題代表)

講演2
「地球温暖化の現状とこれから~天気予報を上手に使って適応を~」
大阪管区気象台 地球環境・海洋課 課長 高橋 宙 氏

パネルディスカッション
「気候変動による影響にどう適応するか?」
ファシリテーター
 滋賀県立大学名誉教授 仁連 孝昭 氏
パネリスト
 講演講師

 平成29年度温暖化「適応」推進事業で協働した環境NPO等4団体
  NPO 法人里山倶楽部
  NPO 法人エコサイクルネットワーク
  非営利団体昆虫科学教育館
 なにわエコ会議
 大阪府 環境農林水産部 エネルギー政策課

★地球温暖化への適応についての理解・啓発活動に役立つツールの展示も行っています

2017年12月21日(木) 13:30~16:30
大阪市立 都島区民センター ホール(大阪市都島区)
参加無料

詳しくはホームページ(http://www.e-being.jp/seminars/e-being/1293/)をご覧ください。

主催:大阪府
企画・運営:特定非営利活動法人 イー・ビーイング

http://www.e-being.jp/seminars/e-being/1293/

 

ナイトスノーシューde婚活in清里

 投稿者:八ヶ岳自然ふれあいセンター  投稿日:2017年12月 2日(土)15時11分17秒
  +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
      月明かりの雪原を歩く、とっておきのハイキング!
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

             ★☆★ ナイトスノーシューde婚活in清里 ★☆★

        ~月夜の雪原ハイキングと清泉寮ディナー~

       日 時:2018年2月10日(土)14:30~22:30
       協 力:婚活de八ヶ岳推進委員会

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


  スキーやスノーボードのように難しい技術を必要とせず
  履いたその時から楽しめるスノーシュー!
  なだらかな地形の清里は、初めてでも安心のフィールドです。

  星空の美しいことでも知られる清里。
  夜は月明かりに照らされた森や雪原を歩く
  ナイトスノーシューに出かけましょう。

  静まり返った雪原の向こうに
  白く浮かび上がる八ヶ岳や南アルプスの山々。
  見下ろせば甲府盆地の夜景。
  日中には体験できない幻想的な光景が広がります。

  会場は清里のシンボル清泉寮。
  地元野菜をふんだんに使ったディナーで舌鼓。

  2014年度より毎年開催していますが
  うれしいことに以前ご参加くださった方々が
  このイベントをきっかけにご成婚されたとのこと!

  清里の自然に詳しいキープ協会レンジャー(自然案内人)と
  成婚率の高さで定評の「婚活de八ヶ岳推進委員会」が
  遊び心いっぱいのスノーシューで
  あたらしい出会いの場をお手伝いします!


★ スケジュール(予定)
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
 14:00 受付
 14:30 オープニング
 15:15 スノーシューレクチャー
 16:45 自己紹介タイム
 17:30 清泉寮ディナータイム
 19:00 ナイトスノーシュー
 21:00 フリータイム
 21:45 マッチング
 22:30 終了

 ※昨年度の実施報告はコチラ
  「婚活de八ヶ岳推進委員会ブログ
   ~ナイトスノーシューde婚活in清里 実施報告~」
   http://konkatsu8.at.webry.info/201703/article_1.html


★ 開催概要
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
 主 催:公益財団法人キープ協会
 協 力:婚活de八ヶ岳推進委員会 http://konkatsu8.com/
 日 時:2018年2月10日(土)14:30~22:30
 場 所:清泉寮(公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市)
 対 象:アウトドア好きな独身の男女(男女とも30~45歳)
 定 員:20名(男女各10名)
     ※抽選制です。
     ※申込締切は1/31(水)、結果連絡は2/3(土)頃の予定です。
     ※最少催行人数:14名(男女各7名)
 参加費:12,000円(プログラム料、レンタル料、夕食代、保険料、消費税を含みます)

★ 清泉寮に宿泊できます
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
 ◆イベント終了後に清泉寮へのご宿泊を希望の方には
  以下のお部屋・料金でご案内します。
  本イベント参加の方同士での相部屋です(男女別)。

  ・お部屋:清泉寮本館和室(男女別/相部屋)
  ・プラン:1泊朝食付
  ・料 金:お一人さま6,804円(税込)

 ◆清泉寮への宿泊をご希望の方は
  お申込みフォームの「その他」欄に「清泉寮宿泊希望」とご入力ください。

 ◆上記プラン以外でのご宿泊を希望の方は
  恐れ入りますが近隣の宿泊施設を各自でご手配ください。


★ お申込み方法
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
 ◆「お申込みフォーム」からお申込みください。
  https://www.keep.or.jp/mailform/taiken/
 ◆抽選制です。
 ◆申込締切は1/31(水)、結果連絡は2/3(土)頃の予定です。
 ◆参加が確定した方には事前資料をお送りします。
 ◆個人情報は本プログラムの運営及び、キープ協会からのご連絡やご案内を目的に利用します。


★ キャンセル規定
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
 ◆事前資料を受け取られてからキャンセルされる場合は、
  以下のキャンセル料をいただきます。

 【事前資料を受け取ってから~2/7】3,000円(参加料金の25%)
 【前々日(2/8)】6,000円(参加料金の50%)
 【前日(2/9)】9,000円(参加料金の75%)
 【当日(2/10)】12,000円(参加料金の100%)


★ お問合せ先
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
 公益財団法人キープ協会 環境教育事業部
 〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545
 TEL:0551-48-3795 FAX:0551-48-3228 E-mail:forester@keep.or.jp
 担当:関根(せきね)

https://www.keep.or.jp/mailform/taiken/

 

レンタル掲示板
/149