teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


結構勉強していますね(^^)

 投稿者:PROTECS JAPANメール  投稿日:2005年 5月13日(金)13時37分24秒
  良い事です。良い事です(*^_^*)

「熱海の海底遺跡」を調べる為には、まず地方との関わりと時の権力者と地方との関係が
重要な意味を成します。
また、その戦い方に問題を呈しますけれど・・・。
つまり、優れた武器を作り、戦いに使う事がこの時代の背景に有ると思います。
遠くへの交通手段が船から馬に変わる時代まで海人族系の民が重要視されていたとも
思われるからです。
私自身では隼人族の全体像を模索し、調べていますが大変に面白い流れを持ちます。
この中で最近気づいたのですが東北の阿武隈川はアタケ・クマ川だと想像致します。
アタケは阿多毛、クマは熊(熊襲の熊又は大隈の隈)と見ています。 (*^_^*)
 
 

ご無沙汰です

 投稿者:じゅんこ  投稿日:2005年 5月13日(金)01時37分17秒
  網野善彦先生がお亡くなりになったのですか・・・ご冥福をお祈りいたします。あれからずいぶん話が進展してますね。
東北だよりですが、連休中に平泉の中尊寺と一関博物館に寄ったところ、一関博物館で刀剣の展示をしてました。それによると、1.初期の日本刀ー蕨手刀ーは奈良時代を中心に平安時代にかけてつくられたもので、強力な蝦夷や藤原氏が栄え、中央政権との戦いが多かったこともあり、鉄鉱石の産地でもあった東北を中心に分布していた(発掘によりわかった)、2.蕨手刀につながる日本刀ー舞草刀ーを生産した舞草は日本各地の鍛冶集団と交流があった、とありました。刀鍛冶の末裔の国次先生はよく存知のこととは思いますが、私には新鮮でした。源氏の宝刀は奥州のものでしたね、そういえば。
それから東北の歴史について工藤雅樹著「古代蝦夷の英雄時代」を読みました。蝦夷というの大和政権に抵抗しその直接支配の外にある人に対する大和朝廷側から呼び名であって蝦夷という民族、人種がいたということではないそうです。ただ、東北地方は縄文時代の次に続縄文時代が続いてますし、縄文人の子孫であることは確からしいです。北海道にいた縄文人はアイヌ民族となり、東北にいた縄文人は5世紀前から鎌倉時代にかけての大和朝廷、幕府との抗争の末、結局その直接支配下に入り、文化的にも人種的にも混ざって日本民族になったということらしいです。東北にアイヌの地名が多く残っていることも、国次先生がおしゃっていた伊豆山神社の末社が後の時代、北の方にあるといっていらしたのも、この本で納得しました。
 

結構な水深ですね。

 投稿者:PROTECS JAPANメール  投稿日:2005年 5月12日(木)22時45分32秒
  通常の地震での沈下以上ですので地殻変動と言えますね!
立派な海底の遺跡ですよ(^^)
 

水深

 投稿者:watanabe  投稿日:2005年 5月12日(木)22時32分5秒
  水深21mぐらいです。浮遊物が多いので写すのが難しいです。
画素数をあげるとどうでしょうか。
ビデオで全体を撮るといいかも知れないので、再度チャレンジです。
画面に収まらないのが悔しい限りです。
石畳の感じです。
 

ご苦労様です(^^)

 投稿者:PROTECS JAPANメール  投稿日:2005年 5月12日(木)22時13分11秒
  watanabeさん 写真今一ですね! ただ、惜しいの一言ですが、大体のイメージは分か
りますね。
これで水深は何メートル位有るのでしょうね?
 

甲賀です。

 投稿者:watanabe  投稿日:2005年 5月12日(木)21時05分41秒
  連休に伊勢の甲賀に行ってきました。最初に潜ったところが遺跡ポイントのようでした。
写真をとったのですが、濁りではっきりしていないので、下記がサービスの絵のアドレスです。
http://www.d4.dion.ne.jp/~divsango/kaiteizu/naka.html
北向きにくぼんだ通路のような所が2箇所ありますが右側のほうが祭壇くぼみのようです。
坂道もありましたが、次回全体の写真を撮ってこようと思います。
 

色々ありがとうございます

 投稿者:うさぎメール  投稿日:2005年 5月10日(火)18時51分53秒
  こだいファンさん、こんにちは。 車検から上がってくるクルマ待ちで職場からです(^^ゞ 

懸案のホームページですが、連休後半に個人ページを自宅で作ってみました。
お勧めの「ホームページビルダー」の無料体験版の「個人用」で。
で・・・トップページだけ作り(何せ、リンクだの掲示板だの必要無いので)、
試しにアップしてみようとしたところ、プロバイダーとの「契約」で引っ掛かり、
契約書類を捜すのが面倒になってまた放置してしまいました^_^;
今週末にでも契約書類を発掘するか、あるいはプロバイダーの用意している
ホームページ作成ツールを使って作り直すか、のどちらかになりそうです。。。

>しかし、ホームページ作成で「周りに質問できる人も皆無。」なのは心細いでしょ~か。
>いつもσ( ^^)お勧めしている方法は、先ず本を読んでしまうことなのですけど・・・
>初めに本を読んでおくと、一番早く実力が付くと思うのですけどイカガなものでしょう。

本といえば、猫娘が見かねてガッコのロッカーで腐らせていた「情報」のテキスト&授業ファイルを実費105円(百均ファイルのお値段)で譲ってくれました。 <3年生は使わないので
ファイル形式PNGとペイントの相性とか、猫の手で所々コメントが書き込んで有って、
授業用だけあってシンプルでわかり易いです。 基本は一応網羅されているように思えました。
#ま、私の頭脳構造では一度読んだだけではすぐに忘れてしまい、必要なときに開く、です。

>ムツカシイ話でしたら(大体?はわかりますので)こちらなどで聞いてくださいませ (゚u゚)/
>レス遅いですけど(汗)お待ちしてます。

ありがとうございますっ!私の作るレベルでムツカシイ話は無いとは思いますけれど、心強い♪

>蜂の子・ザザ虫などなど、うさぎさんはケッコウ食べているのですね。
>確かに、泳いでいる魚も食料に見えてしまうかもぉ (^o^)

いえいえ、蜂の子・ザザ虫はさすがに食べていません。見ただけで遠慮の塊・・・
ダイビング中に魚を見ると「旨そうか不味そうか」で判断してしまいます(笑)
だからレアな魚よりも、自分的には鯵とかタカベとか伊佐木などの群に喜びを感じますね~~~
同時にアタマの中では妄想が渦を巻いています。塩焼きやら刺身やらタタキなどの皿と共に。
ウミウシなど見ると、「凄い色っ!さすがに酢のものでも食べたくないわ」って思ったり(汗;
サザエを見ると思わず手が伸びてしまい、「万引き厳禁!」と我が手を叩いている始末(大汗;

そういう意味では、-6mくらいで素潜りするのが一番楽しいです、「猫」になった気分で♪

>ところで、山梨県塩山の青梅街道奥の林道にご先祖の名称を見つけたのですね~
>なにかご縁でしょうか。峠めぐりも、面白ろそうですね。

さらに驚いたことに! その林道の名称をネット検索したところ、岡山方面の山中にも
同じ名称の林道が有って、林道の側には私の旧姓の川が流れているのがわかりました。
その付近こそが関が原から敗退して落ちていった先祖の辿り着いた先、だと思います。

峠巡りは面白いです。チャリで走るヒト、大型バイクのヒト、原付のヒト、そしてクルマのヒト、
色々な方々を見かけますね。 チェーン付きの林道も多いですが、国道・県道ですらダートも
有りますし、高速・有料を使わなくても十分楽しめます(^^)v ←意外と安く遊べるんですよ♪
それに、峠巡りの醍醐味は「地形」そのものを楽しめるということですね。

>「秩父往還」の地名の語源解説をみましたけど、これはアイヌ語起源説でしょうか。
詳細に調べてありますよね、アレ。 「豆」の語源とかも違った観点から述べてありますし。

>5月22日には、万障繰り合わせて行きたいとおもいま~す(゚O゚)/
私も参加させていただきます。 前日熱海で潜るので、自分の体調と相談しながら散策も兼ねて。
では、またそのときに(^_-)-☆ 
 

こだいファンさん、アドバイスどぉーも♪

 投稿者:うさぎメール  投稿日:2005年 5月 2日(月)01時24分21秒
編集済
  >ところで、業務用のHPをつくるのですか! p(^~^)q

何せ総勢3名!という三ちゃん農業状態ですので(汗;)周りに質問できる人も皆無。
困ったときにはちびうさ@猫娘が頼りですが、奴の知識は「情報」の授業レベルで、
しかもPCで遊ぶ時間も無い一応受験生なので(大汗;)質問にも限界が有ります(ーー;)

業務用は、「業務内容」「地図(所在地)」「スタッフの顔写真(激最悪!)」
「話題(トピックス)」のみ掲載予定の、恐ろしく面白みの無いページに仕上がりそう。

それとは別に、gooの無料サービスを利用して個人ページを作ろうかと目論んでいます。
『峠』主体の、都内から高速・有料使わずに日帰りできる貧乏ドライブアルバム♪
途中の「道の駅」でゲットした100円~300円の農産物のお味の紹介も載せる予定。
#昨日も「道の駅 甲斐大和」にてノビル&変な名前の野草を各100円でゲット(^^)v
春の香りが口の中いっぱいに広がり、かなり美味でした♪

>ちなみに子供の頃に(三鷹で)イナゴの佃煮を食べさせられたことがありました・・・
>今思い出しても、よく食べたものだと・・・(汗

私の田舎(埼玉県栗橋町)では、イナゴは貴重な保存食で、捕獲は私たち子どもの仕事。
捕ったイナゴの羽をむしって天日干しにして保存し、食べる時にはフライパンで炒って
砂糖・醤油・酒少々で味付けして「佃煮」にしていました。
来客の有る日には用水路で鰌すくい。これも私も含め、子どもたちの重大な任務(^^ゞ
「雷魚っ子」と呼ばれていた獰猛な小魚が入ると、素早く捨て去っていました、、。

そういえば、伊奈谷には蜂の子・ザザ虫という有名な保存食が有りますね。
私は遠慮してしまったけど、学生時代に友達がお弁当の時間に大事そうに分けてくれた。

私は小6では江戸川の国府台側の土手で父のビールのつまみに「ノビル」を摘みました。
大人になってからは、伊東の防波堤(水深-3m)で雲丹を拾って焼いて食べました。
ダイバーになってからはさすがにやりませんけれど(汗;) <時効なので告白・・・

>範囲を広げてみたら、草薙神社・浅間神社・三島大社の二等辺三角形を見つけて面白か>ったです。
>これは取り込んでありましたので画像をアップしま~す。

見ましたっ! 見事な二等辺三角形ですね。 三島大社、昨日は山梨でも見かけました。

30日(土)は、奥多摩~山梨へ抜ける日帰り貧乏峠越えドライブをしてきました。
画像は青梅街道の『柳沢峠』です。 
都内→甲州街道→八王子から滝山街道という名称の青梅街道に入り、吉野梅郷を通過して奥多摩湖→
ひたすら山を登り『柳沢峠』→青梅街道を塩山・甲府まで辿らずに、
途中で『大菩薩峠』下の『上日川峠』へ→甲斐大和→甲州街道→都合上川崎経由→都内。

驚いたことに、柳沢峠にて自分の旧姓の林道に遭遇しました!
私の先祖は豊臣方で関が原で徳川と戦い、敗れて主に東北及び岡山~鳥取の山奥に
逃げた人々です。それが山梨県塩山の青梅街道奥の林道の名称となっていたとは、、。

多分・・・24時間後に奥秩父→甲州へ抜ける『雁坂峠(秩父往還)』越えに出発です。
http://homepage2.nifty.com/kodaijin-tamat/index.files/chichibuoukan.htm 秩父往還
 ↑トップページは地名の語源解説、各地の街道を巡る地名の旅へのリンクも有り。
昔の人は偉いですね、文明の利器に頼らずに徒歩か馬で険しい道を辿ったのですから。
 

今度は早め?のレスです(^^ゞ

 投稿者:こだいファン  投稿日:2005年 5月 1日(日)19時43分58秒
編集済
  うさぎさん、画像のPNG形式はご存じなかったですか。
でも普通はそーかもしれません (^m^)
知らない間にジワジワ、スキルアップしてしまうものですので、のんびりやってくださいませ。
ところで、業務用のHPをつくるのですか! p(^~^)q

>業務命令により顔写真を入れなければならない為に今まで逃げまくっていたのですが、
>ついに観念しました。 ダイエット,エステ&プロメイクの力を借りないと公開不可です。

むーっ? σ( ^^)どんな表情をしたらよいのかトマドッテます~ ヾ(゚▽^)ノ
いろいろ課題が多いようですけど、思いどーりに挑戦してみてくださーい!
蛇足ながら、、、気に入った写真をスキャナー(会社にあればですが)で取り込むと簡単かもぉ・・・(^m^)

>HTMLの知識は、昨年の『都立科学技術高校』の体験授業で、その基礎だけは仕入れました。

そーですか。
自分の時のことを思い出しますと、
軽く本を読んでからを試行錯誤してページを作ってみて、ムツカシイとまた本を読んでました。
うざぎさんでしたら、まわりの人に聞いてもイイですね (゚J゚)ノ
HPが出来るようになったら、いろいろ面白いと思います。
しばらく踏ん張ってくださぁい p(゚v゚)q

>ところで、今晩の『そのとき歴史が動いた』には、不覚にも涙が出ました。
>静御前が鶴岡八幡宮にて頼朝の前での「奉納の舞」を踊る場面で。

これは、σ(゚v゚)も、偶然見ました。
頼朝、義経、静御前の運命を考えされられましたぁ。。。へ(_ _ )へ

>静御前の奉納の舞の姿には、キリストに従ったマグダラのマリアを思い浮かべました。
>#私はクリスチャンでは有りませんが、何となく・・・ 古今東西、男と女の姿なのか?

んー、まー、そーですかぁ。
マグダラのマリアは、もしかすると12使徒より優れている?かもしれない謎の女性だと思いますけど。
静御前から連想するとは、、、どちらも、深ーい、感じですね。

>こだいファンさんの述べられた芦安村は、現在の南アルプス市だったかしら、

いえいえ、芦安はしりませんでした。
古い住所のようですけど、「山梨県中巨摩郡芦安村芦倉」と言うのがあったのですね。。。
アシが二つも付いてました・・・ 
甲府の近くの南アルプスですね、、、情報ありがとうございました!

><我が家はザリガニを食べませんでしたが、美味なんだそうで♪

美味しいらしいですね、、、食べたことないですけど。
ちなみに子供の頃に(三鷹で)イナゴの佃煮を食べさせられたことがありました・・・
今思い出しても、よく食べたものだと・・・(汗

   ★彡

>又は吉野・熊野と葛城(葛木)氏の関係で走湯山の意によって運んだか?ですけど、後は
>飛んで来るしか?(飛べる訳は無いよね~(^_^;))

國次さん、クイズみたいですね~ (^m^)
ただ、走り湯の所にも足跡が残ってますし、「八大金剛童子」という言い方も役の小角様と共通しますし、
熱海に居たことは間違いないということでしょう。
まっ、このクイズは先延ばしということになりそーですね (^L^)/

>古代の歴史を調べている方は阿田、阿陀、伊都の文字に大分翻弄されていますからね!!

なるほど。
んー、阿田田の、アタタ (・_*)☆\ばき はちょっとムリがあったかも。
でも、「アタ」「アダ」の面白さが見えて来そうです。
これからも研究深めてくださーい p(゚v゚)q

   ★彡

うさぎさん、チャーチラインというのもあったのですね~
昔どこかで聞いたような気がします。

以前、伊豆山のことを知らない頃でしたけど、
伊豆周辺の地図で二等辺三角形を探したことがありました。
淡島、葛城山のあたりで二等辺三角形があるので面白かったのですけど、
範囲を広げてみたら、草薙神社・浅間神社・三島大社の二等辺三角形を見つけて面白かったです。
これは取り込んでありましたので画像をアップしま~す。
あと、修善寺周辺では寺社が円弧を描いていたり・・・色々面白かったです。
結局、どーと言う事はないのですけど、暇つぶしにはモッテコイかも?しれません。。。
但し、探すのはとても疲れますので、最近やったことはありませ~ん (^-^)”

>静御前の墓や静桜、そして白拍子姿で練り歩くお祭の美しい写真が載っています。 ↓

拝見しました。知りませんでしたぁ。
なんと、埼玉県で静御前まつりまでやっていたのですか!
静御前最中(静女もなか)もおいしそーで・・・?、なかなかです。

>ルートとしては、都内→川越街道→秩父→信州or甲州→甲州街道→都内を日帰りで走破します。

ドライブよろしいですね m(^-^)m
昔、東北縦断ドライブをしていた時に、しばらく走っていると山の雰囲気が変わって行くのに気が付きました。
お国がちがうと、自然も雰囲気がかわるのでしょうか。。。

ところで先日の定例会で拝見した写真はよく撮れていたと思いましたけど、
海中撮影は、なかなか面倒でムツカシソーです。
これからも色々工夫してみてくださーい p(゚v゚)q

投稿画像が大きかったら、自動で縮小されました!
元画像はかなり大きいですけど、アップしましたのでよろしければこちらにどーぞ。
   → 草薙神社・浅間神社・三島大社の二等辺三角形の画像
 

熱田・・・そして栗橋町のこと・他

 投稿者:うさぎメール  投稿日:2005年 4月29日(金)01時18分49秒
  今晩は! 足立関連のお話、奥が深いですね、、。
熱田は熱田神宮でしょうか? 以前都内某私立高校の日本史の先生と飲んだときに、
『チャーチライン』について地図付きで簡単に説明をしてもらいました。
で、その地図なんですけれど、オケの譜面の裏表紙に鉛筆で描いたものでして、
私の管理が悪いので何処かへ行ってしまったのですが(ーー;)、熱田神宮と高野山金剛峰寺の名称が
有ったように記憶しています。寺社はあと一つか二つ有ったような。 <うろ覚え・・・

話変わりまして、埼玉県栗橋町(旧静村)の観光協会のページをご紹介します。
静御前の墓や静桜、そして白拍子姿で練り歩くお祭の美しい写真が載っています。 ↓
なんと!箱根の関所に匹敵する関所も有ったそうで。 http://www3.ocn.ne.jp/~kurihasi/ 

「鎌倉」という地名ですが、我が住まいの近くにも「鎌倉」という町名が有ります。
残念ながら全くの平地ですが、古い寺社の周囲には竹林も残り、閑静で落ち着いた地域です。

さて、予定では24時間後に中距離ドライブに出発ですが、何かリクエストはございますか?
ルートとしては、都内→川越街道→秩父→信州or甲州→甲州街道→都内を日帰りで走破します。

最後に・・・例の石積(?)の撮影ですけれど、5m以上引いて遠景が撮れれば、
よりわかり易いでしょうね。と言っても、春濁り真っ盛りの熱海の海中では、かなり困難かも。
じゅんこさんのご感想の通り、ワイドレンズ&より明るいライトが有れば少しは可能なのかしら。
海況を想像できないノンダイバーの方々を説得できる証拠写真を撮るのは、難しい作業ですね。

ハッソク根の石積(?)は水深が浅いので、decoの心配が無い分楽だけど、
生命の芽吹きの時期特有の春濁りはダイバー個人の能力の範疇外ですし、まぁなかなか、、。

測量の件、『みんなの掲示板』にて拝読いたしました。 確かに、言えている!
透明度の良い&浅い南の島とは違うのでそれなりのストレスもかかるし、遊びでは40分だし、
陸上で手順を練習しておかないと、タイムロスが発生したり、最悪目が回ってしまう鴨(>_<)
 

おは~

 投稿者:PROTECS JAPANメール  投稿日:2005年 4月28日(木)10時45分58秒
  そうそう、あだちでは足立、足立権現と書いてあしだちごんげんと役の小角は言うそう
ですが、この言葉がどこから来たかを問題としました。

役の小角はこの阿田美の存在を知っていた筈であり、伊豆大島も以前は伊豆国ですから
移動は自由だったと思われますが、当時の船が流人を運ぶでしょうか?
幾ら以前の位が高かったと言え当時の天皇から罪を問われたのですから・・・。
又は吉野・熊野と葛城(葛木)氏の関係で走湯山の意によって運んだか?ですけど、後は
飛んで来るしか?(飛べる訳は無いよね~(^_^;))

ま、冗談は兎も角、次は熱田の文字ですよね?
あたた、あとたですと、阿田田で田を二つ書いてたをつと読む?
阿都田と書いてアツタ・・・熱田かなと思いますが、阿多(田)田であれば面白いとは
思っています。この他に当たる字は阿陀津のもじですが、詰まってあづつあづたへ?
いずれにしても王統尾張氏の流れや言葉の訛り、以前の住人が既に付けた名前等・・・
も有りますので・・・。
古代の歴史を調べている方は阿田、阿陀、伊都の文字に大分翻弄されていますからね!!
 

今晩はぁ~♪

 投稿者:うさぎメール  投稿日:2005年 4月27日(水)23時58分51秒
編集済
  こだいファンさん、どぉーもぉー♪  色々ありがとうございます。
実は私、PNGと言う形式はつい最近まで存じませんでした(ーー;)
掲示板へのアップについて國次さんに質問したところ、この形式の存在を教えて下さり、
うさぎ@ぢぶんのウエブページを持っていないので「はぁ~?」だったのです、、。

GWに業務用のHPを作らざるを得ないことになりそうなので、こだいファンさんのご投稿は
とても参考になります。私の作る予定のページは、ぢぶんの顔写真入り。 <最悪・・・
業務命令により顔写真を入れなければならない為に今まで逃げまくっていたのですが、
ついに観念しました。 ダイエット,エステ&プロメイクの力を借りないと公開不可です。
恥をさらすくらいなら死にたい・・・と言うのが、現在の偽らざる気持ちですぅ(>_<)
#ダイビング雑誌は立ち読みに留め、ファッションや美容関係の雑誌を研究中・・・

私はパソコンの知識は皆無です。 HTMLの知識は、昨年の『都立科学技術高校』の
体験授業で、その基礎だけは仕入れました。<中3の息子を出汁にして、聞きに言った。
でも、実際に作る時には専用ソフトが必要なのですね。こだいファンさん、さんきゅう♪

ところで、今晩の『そのとき歴史が動いた』には、不覚にも涙が出ました。
静御前が鶴岡八幡宮にて頼朝の前での「奉納の舞」を踊る場面で。

静御前といえば、私の母が埼玉県栗橋町の出なのですが、以前は「静村(しずかむら)」
と呼ばれていて、大日光ドライブインという近所のお店では、静御前の人形も販売されて
いました。白拍子姿で、お土産用として。

「御恩と奉公」の話には、何故か鉄血宰相ビスマルクの「飴と鞭」を連想したし、
静御前の奉納の舞の姿には、キリストに従ったマグダラのマリアを思い浮かべました。
#私はクリスチャンでは有りませんが、何となく・・・ 古今東西、男と女の姿なのか?

すみません、なんだかわけわからなくなったので、一先ず失礼いたします m(__)m

國次さん、足立の記事、ありがとうございます。
こだいファンさんの述べられた芦安村は、現在の南アルプス市だったかしら、
意外なところに意外な地名の有るものですね~
芦安は、登山の為に南アルプスに通っていた頃(笑)幾度となく通りましたが、
その頃は興味も無かったので、、。

吉原の話は私も聞いた事が有ります(^^ゞ

で、、、確かに以前は葦(あし・よし)が生い茂っていたのが中川周辺で、
私は武蔵野在住の頃も現在の地に遊びに来ては湿原で遊んでいました。
小6で引っ越してきたのですが、湿地帯や沼で「ザリガニ」を釣るのが小学生の遊びで、
私は釣ったザリガニを友達にあげていました。泥を吐かせてから茹でてビールのツマミにするそうです。 
<我が家はザリガニを食べませんでしたが、美味なんだそうで♪
ちなみに、ザリガニの餌は「ナトリの裂きイカ」。 一匹釣ったら後は足をもいで
割り箸の先の木綿糸に縛り付けて「共食い」させると、面白いようにかかりました。

どーでも良いけれど、現在もダイビング中に魚を見ても私が「可愛い」と感じないのは
この体験のせいかもしれませんね、、。 「生物」=「食料」でしたから(^_^;)
 

すっかり遅くなりましたぁ /(~~ゞ

 投稿者:こだいファン  投稿日:2005年 4月27日(水)15時46分24秒
  國次さん、素焼きの壺の一部(3片)発見!よかったですね~ (^◇^)ノ
「東と西の語る日本の歴史」の網野善彦氏がなくなられたのですか。
50雙の五堂燈明油料船の話も、貴重な情報になったようです。

>これが走湯山の四国寺社地(領地)の始まりと思われます。

四国にも縁があったのですかぁ。。。なんとなく気になります (^m^)

山口勝則氏の写真の岩の周辺をみると、なにか見えてきそうなのでしょうか。
調査研究楽しみです p(゚v゚)q

それから、こちらも「足立」について調べようとおもったのですけど(汗
みなさん、しっかり調べられていますね d(⌒o⌒)b

>奈良や京都には阿田(阿多)隼人、大隈隼人が住んでいて御所の護衛等も行っていました
>が、ここの住人が地方へ住んだ折にあだ・あたの地を偲び足立や安達/足達/阿達/安立/
>明立/芦立/安館/阿立/秋立等の名前を付けたり土地の名前としました。

ついでですけど、もしかして「あた+田」が訛って、熱田(あつた)になったのでしょうか?
それにしても、阿田隼人・大隈隼人の皆さんはご苦労されたとおもいます (゚-゚)/

ちなみに「あし」の音で富士山周辺を見ますとそこそそあると思うのです。。。
・・・芦ノ湖、愛鷹山、足柄、芦川(富士五湖北)、芦ヶ岳・芦沢(山梨県甲斐市)、アシハラ?(あしはらが吉原になったと言う説)
(「アシ」が「悪し」と重なって嫌われたとおもうのですけど、それにしては残っているとおもうのですが・・・)
そこでσ( ^^) アシハラノナカツクニとは、富士山周辺だったのかも?と考えたこともありました。
これは「足立」とはちがいますけど、「足立」説!も面白そうですね。
こちらσ( ;^^)なかなか余裕がないのですけど、アンテナを張っていようとおもいます m(^-^)m

   ★彡

さて、うさぎさん@ ̄(=∵=) ̄
画像縮小も、画像の編集(アルバム化)も上手く行きましたですね~ (^v^)ノ

>こだいファンさんへ☆ 「小さなスナップ集」のアルバムソフトは何をお使いですか?
>私のは拡張子がjpgになりません。アルバムとしての保存&印刷はできますけれど、、。

こちらはσ( ^^)ホームページを作るためのソフトの「ホームページビルダー」を使ってるのですけど、
そのなかに「ウェブアート デザイナー」という画像編集ソフトが入ってまして、かなり自由な編集ができるのです。
気が付いてみると他の画像編集用のソフトは知りませんでしたぁ・・・

>プログラムを探したら、アドビのフォトショップミニが見つかりました。

アドビですか、、、見当つかないですけど、便利だといいですね。
ただ、うさぎさんが使った「ペイント」はそれほど悪くないかもしれません。
これは Windows に初めから付いているソフトですヨネ。
今、久しぶりに操作してみたら、簡単な編集でしたら慣れれば不便は無いようです。

  ワンポイント(すでにご存知かもしれませんけど・・)
  ペイントでは、貼り付けた画像やイラストを、後になってからは移動ができないので、
  微調整するときには、四角やフリーハンドで切り抜いて移動する方法になるのですね。
  それぞれの写真やイラストに余白をつけておくと、操作しやすいようです。

  キャンパス(編集する範囲)の外側の灰色のところをクリックすると、
  白地のキャンパスの四隅と四辺の中央に、小さな青い点がでますので、
  そこにカーソルを乗せると矢印マークにかわります。
  それをクリックして移動すると、キャンパスサイズが変わりますので便利です。
  編集している最中はキャンパスを大きくして、
  編集が終わったら、キャンパスを小さく調整すると作りやすいと思います。


ちなみに拡張子を jpg にして保存する方法もあります。
「ファイルを名前を付けて保存」をするときに、「ファイル名」を書き込む下で「ファイルの種類」を選べますので・・・・・
あれっ!
今見ましたら、定例講演会の写真は JPG での保存に成功されているようですね p(゚v゚)q
これは、小さな写真を見事に並べてますので、ケッコウご苦労されたでしょうか(^m^)

ただ「ペイント」に限らずどんなソフトでも、
文字やイラストが書いてあると、jpg ではどうしてもにじんでしまうのです。
ですから、GIF か PNG での保存が良いのでしょう。
じつは、「小さなスナップ集」は GIF で保存したのでイラストも綺麗でした。
さぎさんの「伊豆山の朝」も GIF のようですね、綺麗に決まってると思いますー

でも、今また実験してみましたら・・・
写真を GIF で保存すると画質が悪くなる場合があるようですぅ (・へ・;)
その場合は PNG で保存するのが一番良いようです!

話は違いますけど、
この掲示板は、GIFで保存してあった「小さなスナップ集」をPNG に自動変換してます!
どうも、最適な画像形式を判断して、自動変換しているようです。
(んー、teacupもなかなかやります・・(汗))
ですから、画像編集をした時には GIF か PNG で形式でバシバシ投稿してくださ~い (^L^)/

ところで、気分転換でちょっと工夫した絵を作ってみましたのでアップしてみます。
もしかしたらアドビのフォトショップミニでも、こんなことが出来るかも?しれません。。。
まぁ、、、もともと画像処理と言うのはムツカシイものなので、
色々試してみるのがなによりのようです。

それにしてもうさぎさんは元気ですねぇ~!
ダイビングにディスコにチケット争奪戦、それにパソコン。。。p(゚v゚)q
「ちびうさ@猫娘」さんにもよろしく~ ヾ(^▽゜)

   ★彡

ところで、ごぞんじだったかもしれませんけど、
こちらσ( ^^)、掲示板のフリー提供に追われてまして、時々冷や汗状態でなんとかやってきたのですけど、
昨年の強風被害からは外作業に追われ続けてしまいまして(汗)
ついに、フリー提供はパンク状態に追い込まれてますぅ o(@.@)o
なにぶんレスが遅れてしまいますけどカンベンしてくださーい (゚u゚;)/
 

あだち/足立 とは

 投稿者:PROTECS JAPANメール  投稿日:2005年 4月27日(水)12時35分57秒
編集済
  うさぎさん こんち~(^^)

あだち・足立は「足立区の歴史」から引用しました。

足立という地名がわかる

奈良市で遺跡を発掘中、天平七年(735)に足立から奈良の都へ「はすの実」を送ったと
書かれている、「木簡(もっかん)」という、薄い木で出来たものが堀だされました。
その時代はその土地で取れた産物を、国の中心である奈良の都へ届けるように約束して
いたのです。
はすの実は「薬」として使われていたと考えられています。送る時に「送る物の名前や
目方、日時、」などを書いて中の様子がわかるようにしたものを「木簡(もっかん)」
と呼んでいます。

遠く離れた、足立から奈良までどのように運ばれたのでしょうか。船により太平洋沿岸
を回っていったか、馬の背に揺られて行ったか。

今から、1300年以上も前から、足立と奈良との間で、物や人が行き来していた事がわか
ります。
-----------------------------------------------------------
てな訳で足立もあだとしていますが、もう少し調べないといけないのかも知れません。
東京湾は古来葦や蒲のうっそうとする湿地帯の様で大きな船では入って行くには難しか
ったかも知れませんね!

ただ、この時代に奈良まで運ぶ手段は船しか無かったと思われ、走湯(はしりゆ)山が
関わっていた可能性が有ります。上記の時代には利根川(茨城県)の上流に阿多加と言う
阿多(阿田)族の地名・支配地が有りました。

奈良や京都には阿田(阿多)隼人、大隈隼人が住んでいて御所の護衛等も行っていました
が、ここの住人が地方へ住んだ折にあだ・あたの地を偲び足立や安達/足達/阿達/安立/
明立/芦立/安館/阿立/秋立等の名前を付けたり土地の名前としました。

仙台の伊達氏も阿陀・阿多の血を引くのではとも言われています。
 

足立・・・

 投稿者:うさぎメール  投稿日:2005年 4月27日(水)11時24分30秒
  おはようございます。 ちょっと前の話題に関するレスですが、、。

>熱海の旧名は阿多美ですが、この阿多・阿田は足立に通じていますので足立(あだち)では
>と「ふっ?」と思いました。
>東京都の足立区は足立で阿多に通じますし、

昨日は夕方~足立区内におりまして、このご投稿を思い出して考えてみました。
で、足立区役所のHPを見ましたら、足立区の語源は「葦立(あしだち)」だそうです。
私の住んでいる場所も今を去ること40年前は葦(あし・よし)の湿地帯が多かったので、
自分的にはこの「葦立説」に納得が行きます。 
徳川幕府の一大事業前には、江戸湾はかなり奥まで(記憶違いが無ければ現在の北区あたりまで)
食い込んでいたそうですし、、。

http://www015.upp.so-net.ne.jp/gofukakusa/yuasa-haruhisa-tokyoteichi.htm
       ↑『東京低地と江戸湾交通』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E6%88%B8   『江戸』

話が飛んでしまいましたが、私が「足立区」から連想するのは、今の季節ですと『奥の細道』。
スタート地点が「千住」ですので、来月には「芭蕉ウォーク」などのイベントも有るようです。
 

こんにちは

 投稿者:PROTECS JAPANメール  投稿日:2005年 4月26日(火)16時33分35秒
編集済
  以前にじゅんこさん こだいファンさんの言っていた網野氏は亡くなられたそうです。
惜しい方を亡くした、惜しかったな~と痛切に感じています。

網野善彦さんの「東と西の語る日本の歴史」
や、「馬と船と常民」に自由通行権を保証された50雙の五堂燈明油料船が有ったと
されていますが、これは頼朝が贈った50雙の船に違い有りません。
網野氏の本には更に、頼朝の弟の希義が四国に居て、戦による援軍を送ってくれと有り、
走湯山の働きにより、船によって援軍を送ったのではと思われます。しかし、時は既に
遅く、希義は殺されてしまいますが、その子によって四国の土地を安堵されます。
鎌倉よりの通行を容易にする為、走湯山の四国寺社地(領地)の始まりと思われます。
 

続・壺のアップ

 投稿者:PROTECS JAPANメール  投稿日:2005年 4月25日(月)11時28分51秒
  取り敢えずアップして置きます
 

石積みのファイルです。

 投稿者:PROTECS JAPANメール  投稿日:2005年 4月25日(月)10時21分19秒
  写している周辺は一度スケッチをする必要が有りますね!
明らかに何かの形を現していますので・・・。
 

素焼きの壺

 投稿者:うさぎメール  投稿日:2005年 4月24日(日)13時41分25秒
編集済
  見ました、証拠写真(^_-)-☆ 
皿を探しに行って壺が見るとは幸先良い鴨!

プログラムを探したら、アドビのフォトショップミニが見つかりました。
未だ試していませんが、。
ここ2日ばかり睡眠不足、結局昨日は眠い&超ダルイで踊りにも行けなかった。太りそう
うさぎ@幼児体質なので、夜中に起きていると後が辛いです。運動不足にもなるし(ーー;)
定例講演会の写真は、未修整のオリジナルをCDに焼き付けてそのうち郵送します。
こちらでもスライドショーを見てみましたが、そちらで修正・編集をかけたほうが
センス良く仕上がるかと思いますので(^^ゞ

では、次回の定例講演会&前日のダイビングを楽しみにしておりま~っす♪
お陰様で、今日現在左肩の調子も良く、ほぼ「治癒」ですね。<保険会社もビックリ鴨?
あとは梅雨に備えて再DEEP DIVEできれば完璧かな(^^)v  2本目はモノ探しもGOOD!
 

例のお皿・・・!

 投稿者:PROTECS JAPANメール  投稿日:2005年 4月24日(日)11時28分24秒
  を探しに行ったのですが見つかりませんでした。
しかし、この思いが通じたのでしょうね!
で、例の皿の探索は時間を見つけて続行しますけどね(^^)

今回の素焼きの壺は前回発見の物と違い、その特徴は底の近くから広がりを見せて
いまして、この欠片を見ると大体の形や大きさが想像出来ますね。
 

レンタル掲示板
/11