teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


watanabeさん ご苦労様です。

 投稿者:H Kunitsuguメール  投稿日:2005年 7月 4日(月)23時04分53秒
  三宅島のダイビングも然る事ながら陸上での調査には頭が下がります。

一と二の見張り台の水深はどの程度なんでしょうか? まだまだ、周辺に何か有るんで
しょうね~。見つけるのが楽しみです。
御笏神社ですか? 伊豆山を向いているとは気になりますね。
北方向には高貴なる場所が有るとかでしょうけど、三宅島から見た場合は熱海の方向
だったのでしょうね。で、熱海では伊豆山の「走湯」はしりゆで、昔は三宅島も
熱海も噴火していたと思いますよ。

http://www.izu.biz/pro-tecs/

 
 

その二

 投稿者:watanabe  投稿日:2005年 7月 4日(月)21時01分38秒
  一番古い神社は、御祭神社は、森の中にあり、建物の2角が北を向いていました。正確に0度です。入り口は南西です。源為朝がよったと書いてありました。
熱海の方を向いています。(コンパスで確認。)ちょっと昼でも暗い所なので怖いです。
ひょっとしたら基準点かなと思います。
御笏神社は醍醐天皇の時代からのようです。神着地区のところにありますが、こちらは、入り口が伊豆山の方を向いています。まるで伊豆山と対面のようです。 不思議ですが富士山の方は向いていません。
大久保浜のエントリーから富士山まで340度ありました。直右隣が利島(ここまで見えます。)、その右隣が熱海の方ですが、方位が0度です。
写真は大久保浜の3方壁の場所をとりました。
 

,三宅島大久保浜 その一

 投稿者:watanabe  投稿日:2005年 7月 4日(月)20時35分36秒
  大久保浜の根が昔の港あとか、見張り台の石積みですが、大きいので一部だけのせます。
上部は通路がありましたが、電池がなくなり。。。。
基礎の部分をとってきました。
 

こんばんは~(^^)

 投稿者:H Kunitsuguメール  投稿日:2005年 7月 3日(日)00時07分34秒
  やっとイワクラ学会の論文も終わり、最近は朝鮮渡来の吉志族を調べています。
壬生吉志族は千葉氏との繋がりが浮上し、妙見信仰もこの辺からではと思いつつ
調べています。この吉志は吉士、貴志、喜志、岸、吉師と変化して折、吉志部や岸部も
この中に入る様で、分類がちょっと難しい点も有りますね。ただ、走湯山とも繋がりを
持っていますので止む無しです。伊豆山の岸谷がこの喜志で、繋がりの深さを感じま
すし、熱海の和田町は今宮神社の事から、この喜志の関係が有るのではとして調べて
います。妙見信仰と九曜紋は少なからず関係し、北の方向は高貴なる地としての意味
あいからも是非調べなければ・・・。役の小角や阿倍晴明を調べると共に九曜紋に
引っかかりますので、喜志(吉志)の関係が有るのかも知れません。
海路の喜志(吉志)ルートで調べると筑波~阿田美~難波~門司~朝鮮と繋がります。

http://www.izu.biz/pro-tecs/

 

待ちしてます (^L^)/

 投稿者:こだいファン  投稿日:2005年 7月 1日(金)19時50分32秒
  あっきゃんさんのブログを拝見してましたら・・・
(ブログの使い方の勉強をかねて、ですが(^^ゞ )
あっきゃんさんは宇宙美術館で「Web担当及び天文担当」の方?のようですね~♪
σ( ^^)の父が、小さな望遠鏡を持ってますけど、伊豆高原に行く機会がありましたら、ゼヒ寄らしていただきます (^L^)/
 

先日は行けませんでした(T.T)

 投稿者:あっきゃん  投稿日:2005年 6月28日(火)00時37分46秒
  定例会3回目残念ながら行けませんでした。行きたかったのですが・・・。

こだいファンさん
そうです。一番前の男前?です(笑)
三木の金物もいまはちょっと景気が・・・ですが、職人さんが多いので、地道に頑張って欲しいです。

是非今度の定例会4回目は行きたいです(^^)/~~~

http://blogs.dion.ne.jp/akkyan/

 

みなさん

 投稿者:こだいファン  投稿日:2005年 6月23日(木)21時22分8秒
  國次さん定例会3回目も盛況でなによりでした p(^^)q
九曜紋の調査すばらしかったです。
全国的に伝播しているこの九曜紋の展開から
伊豆山神社の九曜紋の意味があぶり出されてくると良いですねっ。

こちらσ( ;^^)非常事態!?のまま、用事やパソコンに追われてますぅ(汗
なかなか書き込めないのですけど、m(_ _;)m
面白そうな話が出てますぅ。

   ★彡

あっきゃんさん、やはり一番前の男前の方でした。
あっきゃんさんの三木は昔から金物の町として、全国的に有名なのですね。
   参考:http://www.hyogokenshin.co.jp/discover/Miki/miki1.htm
ちなみにσ( ^^)も昔のSEなのですけど、
昔奈良に住んでいたころ、(阪神大震災の前)
西宮・芦屋あたりにあった川崎製鉄の関連会社の、不動産管理システムに携わったことがありました。
神戸周辺も古代からの話がたくさんありそーですねぇ。

   ★彡

>「峠」は、面白いですよ(^_-)-☆ 私は文献を調べるよりも、
>実際にその地を訪ねて地形や周囲の環境を味わうのが趣味なのです。

うさぎさんは峠がすきなのですね。
気に入ったテーマがあるとホームページも作りガイがありますのでラッキーだと思いますp(゚v゚)q
ところで「鯨砦(千代川村鯨)」拝見しました。
こちらの十国峠は、日金山、火が峰、日が峰、日金、丸山と呼ばれたそうですけど、
熱海の地元では十国峠を「くじらやま」と呼んでいたそうです!
由来はわからないのですけど、同じ「鯨」が気になります~ (^m^)

   ★彡

じゅんこさん、東北の伊豆山神社でしたら以前にひとつ教わりました。
   おおどいクリップBBS 「伊豆山の話」
   http://izu22.cool.ne.jp/bbs/b-imp-o/joyfulyy.cgi?getno=15
伊豆神社というそうですけど、神様はセオリツヒメです。
この風琳堂さんは伊豆山神社にも来られたことがあると言ってました。
ここらへんの謎は深まるばかりですけど、
風琳堂(菊池展明)さんはかなりの研究をされていますし、
著書は、かなり面白かったです(^-^)”

     エミシの国の女神「早池峰─遠野郷の母神=瀬織津姫の物語」
     菊池展明著
     http://www5.ocn.ne.jp/~furindo/emishi.html

全国の伊豆神社の調査は國次さんがガンバってますので、
ホームページにアップされるのを、楽しみにしています (^_^) /

   ★彡

watanabe さん、定例会でお会いできました♪
定例会では、ダイビングの話が少ないですけど・・・
これからもよろしくおねがいいたします(^L^)/
 

じゅんこさん

 投稿者:H Kunitsuguメール  投稿日:2005年 6月21日(火)16時44分14秒
編集済
  宮城郡利府町菅谷飯土井字長者 伊豆佐比賣神社 溝咋比賣命
栗原郡志波姫町八樟新田  志波姫神社 旧伊豆権現 木花開耶姫命

宮城県内では2ヶ所だけですが、まだまだ有るみたいですね。
今までの定例講演会で発表した内容をまとめてホームページ内にアップしようと思い
ますが、少しだけ時間を下さい。

http://www.izu.biz/pro-tecs/

 

伊豆山神社の末寺

 投稿者:じゅんこメール  投稿日:2005年 6月20日(月)10時49分2秒
  第3回定例講演会に行かれなかったのですが、東北のどこに伊豆山神社の末寺があるのか教えてください。週末に主人と仙台周辺をドライブするたびに熊野神社とか日枝神社とかやたらお社がたくさんあるので気になっているのですが、伊豆山神社の末寺はやっぱり伊豆山神社というのですか?  

こだいファンさん、どぉーも♪

 投稿者:うさぎメール  投稿日:2005年 5月24日(火)22時15分6秒
編集済
  定例講演会では撮影ありがとうございました。
私は途中で失礼してしまいましたので、今回はあまり枚数を撮っておりません、、。

21日(土)に2本潜ったのですが(1本目は大乗寺根、つまり『あつうみヶ崎』?)、
2本目の先月じゅんこさんの水中画像に有った場所近くで2本目で何かの台座状のブツを発見しました。國次さんは以前見ていたのかもしれませんが、私には初めてのモノです。

正方形の四隅が丸くなっている形状で、中心に窪みが有り、裏はフラットです。
私は一つしか見ていませんが、近くにもう一つ有り「対」になっているらしい、です。

写真に収めれば良かった!と思えるものでしたね~(^_-)-☆
残念ながら私は水中写真やらない(ハウジングも腕も無いので、できない)のですが、
じゅんこさんなど水中撮影できる方には是非撮って欲しい、と思いました。

じゅんこさん、機会有ったらよろしくね~♪ <勝手に振ってしまったけど上手だし。

懸案のホームページ作成ですが・・・トップページだけできていますが中断してます^_^;
公開できればユニークなページ(コンセプトは「貧乏ドライブの足跡」ですから・笑)に
なるんですけれど、、。

「峠」は、面白いですよ(^_-)-☆ 私は文献を調べるよりも、
実際にその地を訪ねて地形や周囲の環境を味わうのが趣味なのです。
「フィールドワーク」なんて立派な行為では無いですけれど、
自分の目で見ることが好きというか、「百聞は一見にしかず」ってところでしょうか(^^♪
まぁ根が単純なので、地形や周辺環境など見ては感激している次第です。

そういえば、先日の全国の『あた・あだ』に関して、國次さんのお話にも有りましたが、
茨城の地名『阿多加』は国道沿いの信号機の表示で見ました。 次の交差点は『鯨』。
とても不思議ですよね、、。  デジカメを出した時には青信号、残念でした(^^ゞ
北(栃木県益子方面)に向けて車を走らせていたのですが(筑波山はその国道の東側)、
茨城の平野部に『阿多加』はともかく『鯨』という地名まで有るとは!
何の因縁?なのでしょうね。鯨を食べる習慣は南紀や南房総に有りますけれど、う~ん。

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/4393/tiyokawa.htm 
↑ 茨城県結城郡千代川村鯨の中世城館跡の紹介ページです。
遺構らしきものは見当たらない、と有りますが、
ここでも何故「鯨」なのかは謎のままのようです。
 

伊東氏と伊東市

 投稿者:H Kunitsuguメール  投稿日:2005年 5月24日(火)22時11分22秒
  あっきゃんさん

伊東での講演会はとっくに済んだ時間ですね!!

熱海に住んで伊東を見ていると見える物も見え無い場合が有ります。
と言う訳で、伊東市に於いての伊東に於ける歴史も聞いて見たいと思いますね~(^^)

ダイビングの好きな方ですか! 是非々々、宣伝をお願いしま~す。

こだいファンさん ご苦労様でした。
昨日、参加した方の中に伊豆山の郷土史研究の岩本さんがいらっしゃいました。
早速郵送にて走湯山関係の資料を頂きました。
 

どうもです。

 投稿者:あっきゃん  投稿日:2005年 5月24日(火)14時38分13秒
  國次さん
すごいですね。三木生まれの僕でも知りませんでした(^^ゞ
三木は昔から金物の町です。先日のお話で刀やら、たたらやらの話が出てきてので、やはり何か関係があるのでしょうかねぇ。阿多古って地名があるか、今度実家に帰ったら親父に聞いてみます。姫路か高砂辺りにあったような気もしますが・・・。
あっ、ちなみに僕は以前そのたたらに関係のある某金属会社の特約店でSEとして、働いておりました(笑)
まだ伊東に住みだして2年なので伊東の歴史はまるっきしわかりません(^^ゞ
今夜、NPO法人まちこん伊東主催の「まちづくり講座」で日本考古学会会員の金子さんのお話を聞きに行ってきます。伊東家の話だそうですので、参考になりそうです。

こだいファンさん
初めまして、そうです、一番前で聞いていました(笑)
ろくに予習もせずに参加しましたので、なかなか難しかったですが、面白いですね。
また参加させて頂きます。

僕の未来館ボランティア仲間に潜るのが好きな人がいるので早速ここのHPを教えておきました。
 

みなさんお疲れ様でした(゚J゚)

 投稿者:こだいファン  投稿日:2005年 5月24日(火)13時40分52秒
編集済
  あっきゃんさん始めまして、万年タボー状態(汗)のこだいファンです(^L^)/
あっきゃんさんのHP拝見しましたが、ハッピ?姿の男前!のイラストがありました。
もしかすると、先日の2回目の定例会で最前列左側におられた方でしょうか?(^m^)

>僕の生まれ故郷の兵庫県三木市に愛宕山という地名がありますが

以前関西に少し住んでいたのですけど、神戸方面にも何度か行きました。
『六甲降ろし』の六甲山がどこにあるのか分からなかった(^^;ゞ程度ですので殆どワカリマセンけど、
明石焼きが美味しかったですぅ~ m(^-^)m

さすが、國次さんは良く調べてますね。。。

>兵庫県三木市の愛宕山には愛宕神社と役の小角?を祀っていますね。
   ・・・
>また、愛宕神は火之迦具土神を祀っていますが先代旧事本紀では火之産霊迦具突智と
>現され火之産霊となり伊豆山の神が浮かびます。

うむー、そうなのですかぁあ (゚O゚)
丹後の国もフシギで良く分からないですけど、なにか繋がりがあるのでしょうかぁ~

   ★彡

watanabe さん、伊勢の甲賀の海底遺跡の写真拝見しました。
みんさん水中写真にはご苦労されているようです。
土に埋もれているわけではないのに、調査がムツカシイものなのですね・・・
これからもご活躍ください (^-^)/

じゅんこさん、蕨手刀(わらびてとう?)の勉強させていただきました!
東北の古代はなかなか歯がたたないですけど、
きっと、重要な事がたくさんあるような気がします。
東北はケッコウ遊びにいきましたのでσ( ^^)、気になってます。
これからも色々教えてくださいませぇ p(^^)q

うさぎさん、何時もお忙しそうですね。
定例会の受付もおつかれさまでした (^L^)/
ところでホームページ作成はいかがでしょう。
峠のテーマがありますから、作りガイがあると思います!
分からないことありましたら例の掲示板で聞いてくださいませ。
プロバイダーのIDとパスワードの話でしたら、
電話かメールで問い合わせしたら、きっとすぐに教えてくれると思います!
気軽にのんびりやってみてくださーい v(^J^)
  
 

お疲れ様でした(^^)

 投稿者:H Kunitsuguメール  投稿日:2005年 5月23日(月)12時09分27秒
編集済
  あっきゃんさん ご参加有難う御座います。

兵庫県三木市の愛宕山には愛宕神社と役の小角?を祀っていますね。
山の高峰ですから山たてとして重要な場所と思われます。
いつ頃、誰が愛宕神社を建てたのか気になる所ですが、この近くに古名で阿多古の字が
有ればここ阿多美と関係してきますね。
また、愛宕神は火之迦具土神を祀っていますが先代旧事本紀では火之産霊迦具突智と
現され火之産霊となり伊豆山の神が浮かびます。

兵庫県も歴史有る所ですから良く調べると面白い事が浮かんで来ます。
秀吉との淡河合戦では私の名前と同じ苗字の國次小次郎が騎馬武者として出て来ますが
討ち死にしています。

現在、伊東にお住まいですので、時間の有る時に伊東の歴史を教えて下さいね。
 

参加させて頂きました

 投稿者:あっきゃんメール  投稿日:2005年 5月22日(日)23時51分24秒
  今日は定例講演会参加させて頂きました。夕方から仕事でしたのであまりお話も出来ずに出てきてしまいましたが、また次回も参加させて頂きたいと思います。
そういえば、あた/あだの地名ですが、僕の生まれ故郷の兵庫県三木市に愛宕山という地名がありますが、これも関係あるのでしょうかねぇ。ちなみに愛宕山工業という会社までありますが・・・。
 

あっきゃんさん 始めまして(^^)

 投稿者:H Kunitsuguメール  投稿日:2005年 5月17日(火)01時14分47秒
  お隣 伊東ですか! 参加をお待ちしております。
走湯山ゆかりの伊東祐親の関係や系図等も配布しております。

そうそう、伊東は潮吹き海岸にも港跡が沈んでいますね。
 

初めまして

 投稿者:あっきゃん  投稿日:2005年 5月16日(月)19時19分15秒
  伊豆新聞かなにかで見てお邪魔させてもらいました。伊東に住んでおりますが、熱海に海底遺跡があるとは・・・。
5/22の講演会は仕事の都合がつきそうですのでお邪魔させていただこうかなと思います。よろしくお願い致します。

http://blogs.dion.ne.jp/akkyan/

 

サンキューです。届きました!

 投稿者:PROTECS JAPANメール  投稿日:2005年 5月13日(金)21時23分45秒
  人へんが入ってもくさと言うんですね。
百済ですか? う~ん 分からないですね。

以前に話していたのですが、仙台から釜石辺りに古い湊跡が有ったのではと思って
いるのですが地震で沈んだとかね(^_^;)

で、この日本刀を作る技術は百済や中国他には無い形の技術です。
軟鉄と鋼鉄をサンドイッチに何度も何度も折り返した形式で素晴らしい技術です。
 

写真メールしました。

 投稿者:じゅんこ  投稿日:2005年 5月13日(金)20時18分16秒
  国次先生、写真メールしました。
舞草の刀鍛冶がどういう人たちであったか気になっているのですが、それらしい記述にあたりません。有力蝦夷や藤原氏の庇護の下にあり、藤原氏滅亡後は舞草刀鍛冶の人々は各地に散ってったようです。しかし一般的には蝦夷は大和朝廷側からの交易品として鉄器を手に入れていたということですし、金と同じように百済から来た技術者の末裔ということも考えられるかと個人的には思っています。
 

下の写真 !

 投稿者:PROTECS JAPANメール  投稿日:2005年 5月13日(金)13時42分57秒
編集済
  じゅんこさん

日本地図の舞草の関係を良く見たいので大きいのをメールで送って下さい(^^)
 

レンタル掲示板
/11