teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


 投稿者:watanabe  投稿日:2006年10月22日(日)19時31分52秒
  個人で島の本を買うのは勇気がいりますので、買えませんが。地元で島のビデオを見たら
歴史がたくさんあるようです。小さい島ですが奥が深いです。
島の教育委員会が作るとは、本格的ですね。
 
 

御蔵島の歴史本

 投稿者:H.Kunitsuguメール  投稿日:2006年10月22日(日)10時01分15秒
  渡辺さん ご無沙汰してます。

伊豆七島や伊豆周辺を精力的に潜っていますので期待していますよ!
御蔵島の歴史本ですか!? 了解です。
早速手配致します。実は、熱海にも御蔵島出身の方が居るのです(^^)

熱海と伊豆山の歴史的考証は文献や個人情報に惑わされますので、
発掘が早いですね~(^^ゞ 今、準備中です。
 

 投稿者:watanabe  投稿日:2006年10月19日(木)21時52分36秒
  お久しぶりです。諸事情により潜りにいけませんが。
御蔵島の歴史の本がでるそうです。一般には販売しないそうですが、ほしい人は買えるようです。
島一つ分で1400ページもあるので、読むのに苦労すると思いますが、資料がたくさんあるようです。
みくらじま観光案内所の掲示板にでています。
 

歴史認識として・・・

 投稿者:H.Kunitsuguメール  投稿日:2006年10月18日(水)16時28分27秒
  伊豆山神社及び走湯山の歴史関係は暫く置いておく事と致しました。

歴史資料等が少ない為、古墳時代以前と平安期・鎌倉期以降の時代の
幅が広く、歴史認識をしようとすると曖昧になるからです。
今後は、遺構の発掘による年代及び遺物の創作年代により解明をし
て行きます。

ただし、阿多美と伊豆山に於ける歴史認識解明は國次個人として
調べて参ります。興味有る方は國次に直接お尋ね下さい。
 

「日が峰と走湯山」のページ拝見

 投稿者:八代新一  投稿日:2006年 6月23日(金)11時34分48秒
  投稿日: 6月20日(火)18時33分34秒


ご無沙汰しています。
柳田国男に、「伊豆の古奈の阿田山」と言うのがあって探っていましたら、國次さんの「新しい頁」にぶつかりました。
すばらしい馬力ですね。インターネットに取り組んだ当初感じた、地域史や民俗研究の場にあって、司馬遼太郎が述べた「実証性というレフェリーやリンク」の見本を見る思いがします。
私も「記紀神話に記される生まれ里」の真相に迫れるよう、孫との初詣で、誇りを持って「地元の古い話」ができるよう、阿多の探索を続けます。
新たな元気をもらいました。ご活躍を、参考にさせて頂きたいと存じます。

http://www4.synapse.ne.jp/yatusiro

 

熊野神社のようです。

 投稿者:watanabe  投稿日:2006年 5月11日(木)20時00分48秒
  今日は諸事情により沖縄からです。沖縄にも熊野権現がありました。
波上宮、立派な神社です。近代的になっていました。
http://www.ne.jp/asahi/pasar/tokek/TG/SBRJ/S/JF/Naminoue.html
 

ひさしぶりです。

 投稿者:watanabe  投稿日:2006年 5月 5日(金)16時28分17秒
  東伊豆の某沖あいに、階段の通路のような造りの構造物がありました。
石積みの段々があり、中側に通路のようなスペースがありました。
溶岩、節理の岩などと比べると整然としています。
濁りと流れで写真は撮れませんでした。
上級者向きの場所です。
 

定例講演会のお知らせ

 投稿者:H.Kunitsuguメール  投稿日:2006年 3月24日(金)15時05分14秒
  平成18年度の定例講演会は延び延びとなっていましたが、4月14~16日の伊豆山神社祭礼後に行う事となりました。

4月に入り、詳しい講演内容等をお知らせ致します。

http://www.izu.co.jp/~pro-tecs/

 

迎春

 投稿者:うさぎ  投稿日:2006年 1月 3日(火)10時26分22秒
  あけましておめでとうございます。 今年こそ海況に恵まれ良い映像が撮れますように。

海底遺跡とは無関係の初詣ネタですが^_^; 元旦、湯島天神に詣でご祈祷を受けました。
不忍池を一巡りしてから池の端に出ると、物凄い人の波・波・渦・・・
流されながら辿り着いたところは、表参道の石段に繋がる細い道の入り口。
テープを持った警官の指示に従って6列に並び、そこからネズミーランド行列?の開始。

単語集を開いている人、友達同士で「前置詞が・・・」なんて会話に熱くなっている人、
我が家の受験生が「模試会場みたいだっ!」と驚いていました(苦笑)

ご祈祷受付を済ませて参集殿へ。暖房の効いた広間でご祈祷パックの絵馬への記入。
何と!記入項目に試験日まで有りました。神様に願いが届きますように・・・
本人は一文字一文字緊張しながらの書き込み。気合が入りますね。
記入後は順路を辿って本殿へ。ここでまた3列の行列を作らされ、寒いの何の。

ご祈祷は祝詞の後、入試祈願の受験生の名前を一人一人読み上げます。
「○○○○○(氏名)よしっ!」と次々読み上げ、「心を落ち着けて実力を発揮できる
よう、お守り下さいませ」のような神様(菅原道真公)への祈願で締め括り。
続いて各種国家試験受験者の氏名を一人一人読み上げ、神様への祈願でご祈祷は終了。

本殿出口で自分の絵馬を受け取って外の絵馬掛けに結び付けて参拝終了。寒かったぁ~!
我が家の受験生のご祈祷の感想:「久しぶりに美しい日本語を聞いて気持ち良かった」
http://www.yushimatenjin.or.jp/pc/index.htm   湯島天神

今年も皆様にとりまして良い1年となりますように☆
 

あけまして、

 投稿者:watanabe  投稿日:2006年 1月 1日(日)22時46分24秒
  あけましておめでとうございます。
初詣で鎌倉に行ってきました。八幡宮、東勝寺跡、北条高時腹切りあなぐら、蛭子神社と歩き回りました。「蛭子」と「恵比寿」は同じなんですね、大倉幕府跡なども発掘されているようです。日蓮説法跡もあり、一箇所に凝縮されている場所で為になりました。
 

ついに年末ヾ(・・;)

 投稿者:こだいファン  投稿日:2005年12月28日(水)20時16分37秒
  みなさんごぶさたしています ('v')/
ついに年末になってしまいましたぁ・・・(汗

今年は、watanabeさんに紹介した頂いた富士山の資料館に行く余裕もトウテイ無い一年でした。
伊豆山のハイキングコースの草刈もたった2回・・(汗
年末の外作業もパンク状態の筋肉痛の半分アキラメ状態ですぅ(….…;)
とはいえ、
来年はいよいよ伊豆山神社の主神(オシホミミノミコト・など)と根本地主神(2神・地蔵信仰)について考えてみようと思っているところです。
伊豆山はわからないことダラケですけど、わかればわかるほどすごいところですね~
こんなに面白いテーマにめぐり合って感謝しているところです♪
みなさんは、海や山の遺跡めぐりや調査にこれからも尽力してくださ~い。
それでは、良い年をお迎えくださいませ (^u^)/"
.
 

Re;弁天様へ

 投稿者:かえる  投稿日:2005年12月18日(日)18時59分29秒
   こんど私は、古代出雲の鉄文化の旅第二弾ということで、
鳥取県大山町の妻木晩田遺跡に行って見ます。第一回の出雲
安来周辺はどちらかというと中世、近世の見学地が多かった
ですが今度は弥生ということで期待しています。
 

みなさん、こんにちわ

 投稿者:じゅんこメール  投稿日:2005年11月24日(木)15時41分59秒
  watanabeさん、伊東で沈んだ島を潜ったのですか?すごーい!いつ頃沈んだのでしょうね?熱海と同じ頃なんでしょうか?気になりますね。

仙台周辺の博物館に寄っては昔の海上交通の絵図をそれとなくさがしているのですが、仙台と石巻にあった江戸時代の海上交通地図では東伊豆の港は網代となってました。盛岡の博物館で絵図の本をみつけて買って帰ったのですけど、それは掲載されている絵図が本当に岩手に限定されているのでがっかりでした。

うさぎさん、古代ファンさん、今更なんですが、10月初めの扉の一部のような形の石の写真撮れませんでした。カメラを構えたところで、国次先生の手が目の前に現れ、アレアレ・・・と思っているうちにお掃除が始まったらしく煙幕の中にブツは消えました。
国次先生、でも、あれ、もうきっと周辺をきれいにして写真撮られましたよね?
 

伊東

 投稿者:watanabe  投稿日:2005年11月22日(火)19時40分19秒
  伊藤のポイントは島ごとが沈んだところのようでした。
山道、小さな滝つぼらしき跡、道祖神を置いていた跡らしきところなどわかりやすい場所でした。道には石で舗装してあります。石の加工が多かったようです。
擁壁が崩れずに深場40mぐらいまでできているところもあります。
山の途中にところどころ石積みがあります。
面白いところでした。
 

三宅島

 投稿者:H Kunitsuguメール  投稿日:2005年11月 1日(火)17時19分59秒
  watanabe 様

お疲れ様です。
何か気になりますね~(*^_^*)
写真を楽しみにしております。

うさぎさん
中々の探索ドライブ面白そうですね~!
気を付けて楽しんで下さい。

http://www.izu.biz/pro-tecs/

 

三宅島

 投稿者:watanabe  投稿日:2005年10月30日(日)23時41分36秒
  再挑戦で行ってきました。写真のできは後のお楽しみですが、海底人工物は、大久保浜と鎌の尻にもありました、鎌の尻も道は石を削って作ったようです。大きな石の周りを補強しているような感じでした。他にもあると思います。
陸地が沖のほうまであったようです。
 

関八州見晴台と高山不動尊

 投稿者:うさぎ  投稿日:2005年10月30日(日)01時51分42秒
編集済
  体育の日に撮ったケータイ画像です。画素数の関係で?縮小はこれが限界(-_-;)
1枚だけなら綺麗にアップできると思いますが、組み合わせ写真はマトモなデジカメで
ないと無理が有るようです。

左上の関八州見晴台は、標高771.3mと読めました。
『顔振峠』の画像も有りますが、また後日・・・
 

こだいファンさんへ♪

 投稿者:うさぎ  投稿日:2005年10月23日(日)23時41分19秒
編集済
  お久でございます。聖地の参拝コース草刈、お疲れ様でございます。

私は昨晩武蔵の国の『高麗神社』に行って参りました。生憎と日没後到着でしたので、
色々見ることはできず(24時間参拝可能ですが、山を背負っていて暗い)、残念、、。
今日は海とステーキを求めて九十九里へ。帰途、市原市の『海士有木』を通過しました。
面白い地名です。内陸部なのですが、昔は男性が歩いて海まで出て潜っていたのかしら?

体育の日には、小川町で山岡鉄舟ゆかりの「忠七飯」を食べてから『関八州見晴台』に。
生憎とガスがかかり山々は墨絵の世界でしたが、ご年配の歴史好きな方々と片道10分の
道を登り、高山不動尊奥の院の有る関八州見晴台でケータイ写真を撮ってきました。
帰途立ち寄った『顔振峠』の茶屋で蕎麦を食べながら茶屋のご主人の説明を聞きました。
外秩父(奥武蔵グリーンラインに沿っている)から、晴れた日には箱根・伊豆熱海方面が
望めるそうです。驚き(・o・)  <ガスっていたので、目の前の電柱しか見えなかった

『顔振峠』は義経の奥州落ちの経路と言われている場所。伊豆ヶ岳だけ見えました、、。

>うさぎさん、ダイビングは美容や健康にもよさそうですね。
はい、正しく行えば(^^ゞ  でも、うさぎ@この頃はなかなか痩せませんが(大汗;

>「扉の一部のようなもの」も、楽しみです (^u^)/
じゅんこさんの写真は私も未だ見ておりません。 私には撮れないんですよぉ~(>_<)
現在デジカメが無い+ハウジングも無い+強力なライトも無い、そして腕も無い!ので。
水中写真って、きちんと撮ろうとするとお金がかかります。道具を揃えるのにネ。
透明度・透視度に恵まれた南の島ならば(芸術的な効果を狙うのは別として)さほどの
苦労は有りませんが、熱海の、しかも泥や砂に埋まっているモノを写すのは大変難しい。

さらに自分自身の健康管理というか、万が一の危険回避を常に考慮しながら潜らなければ
なりません。写真を撮るというのはその水深に張り付くことになりますから、ダイビング
全体の流れ(プロファイル)を常に念頭に入れながら行うので、かなり神経も使います。
#もちろん國次さんのリードに従いますが、手を繋いでいるワケではないですから(^^ゞ

定例講演会、今日ではなかったかしら?
トップページ(スキューバイン熱海)から『スキューバダイバー』というスキルページに
入ると、そこにスケジュール表(カレンダー)が有り、来月分まで掲載されていたかと。
来月は私も参加させていただく予定、その前日に潜りますから(^_^)v

と、ここまで書いたところで夜が明けました(^^ゞ
http://www.izu.co.jp/~pro-tecs/Study-main.htm  の、スクール予定表に有ります。

そうそう、潜る+撮影するの苦労話の続きですが、、、
ダイバーにはつきものの?高気圧障害というのが有りまして(最近特に流行りらしい?)
私も経験者です。私自身は「費用対効果」を最優先するのが我がポリシーの為、
國次さんのところに駆け込みましたが、今でも体調管理には気を遣っています。
例えば、定期的に献血して(私は変な病気は持っていませんから)気になる数値を把握
する、とかね。餅、正常過ぎるほどの正常ですけれど(^_^)v ←ってゆーか、ケチの証明

#我が家はエンジェル係数が高いので、せめてエンゲル係数を下げようと自分のなりの
努力をすると自分自身が栄養失調に陥る+酒が好きなので、血液検査は避けられません。
ダイバーでなければここまでの神経は使わないと思うのですけれど、ね・・・

ってまぁ、潜ったことの無い地質学ご専門の方々にとっては「何やってるんだ」と
思われるかもしれませんが、私たちも生身の人間ですから、、。
#調査機器だって故障することも有りますしね~ おまけに修復に金がかかるっ!(>_<)

ってまぁ、恐らく陸上調査の数倍の手間と苦労が有るかと思っております。
私自身は考古学も歴史も地質学も測量も、そしてダイビングもド素人です。
仮に、考古学or歴史学or地質学の専門家だとしても、ダイビングまでできる
(単に潜れるレベルではなくて、自分自身の安全管理&健康管理までできる)
専門家の方は、本当に数少ないというのが今までの経験からの実感です。

熱海はその特異な地形&深度からして難しい・・・
だからこそ面白いと思うのですが、海底遺跡調査は長い目で見ないとね、が我が感想です
 

ハイキングコース

 投稿者:こだいファン  投稿日:2005年10月23日(日)21時52分26秒
  こちら、どうにもコウニモ、パンク状態が続いてますぅ~(m_m)
そんな中、半年遅れのハイキングコースの草刈をやってきました。
(本宮から岩戸山までのハイキングコースの途中の分断された部分)
昨日が2回で、まだ不十分ですけど、とりあえず歩けるようにカッコウつけて来ました。

ところで伊豆山の「本宮」のすぐ上では、
宅地の不正造成のためにハイキングコースが分断されて、歩けるのですけど分かりにくくなってます。
この不正造成業者は行政処分されてます。

今回、草刈が終わった時に偶然、犬の散歩の方に話を聞いたのですけど、
「姫の沢⇔湯河原」道路を作ろうとした「松原?議員?」が逮捕されたために、工事中の道路が頓挫したそうです。
この道路が「伊豆山本宮」から「岩戸山」方面へしばらく上った所を分断しているのですけど、
登り方向へは「岩戸山ハイキングコース入り口」が作くられて「岩戸山」に続いていてるのに、
下り方向は、まったく無視されてしまったために「本宮」~「岩戸山」のハイキングコースが分断されてしまいました。
それから7年間、道がほったらかしになっていたのですが・・・

それにしても、聖地の参拝コース(ハイキングコース)を分断した業者も議員も、
それなりのコトになっているのですね~!
神域は大切にしたいものです ('v')/

ところで、國次さん定例会はどうなりましたでしょうか・・・
HPでのお知らせは無いようですけど。

うさぎさん、ダイビングは美容や健康にもよさそうですね。
「扉の一部のようなもの」も、楽しみです (^u^)/
ホームページ開設ではスパムメールを気にされているようですね。
(掲示板やフォームメールという手があります)
いずれにしても、興味があれば色々面白いこともあると思います~ (゚J゚)ノ

watanabe さん、風魔忍者のアンテナを張っているようですね。
>源頼朝と土肥実平と通じる箱根権現の修験者に助けられて箱根に逃げたそうです。
こちら大土肥には土肥一族の話は出てこないのですけど、
井出志摩守の話が出ていますのでHPちょっと調べてみましたら、
井出氏は黒鍬衆をまとめていたそうです。
もしかすると、伊豆は黒鍬衆と縁があるのかも・・・?
時間が出来たら(汗;)調べてみたいものです~
 

風魔忍者について

 投稿者:watanabe  投稿日:2005年10月13日(木)22時26分21秒
  北条時政、義時の味方に攻められたのでほぼ全滅、信州八ヶ岳山か族の首領十弥於士(トミオジ)の一族の出のようです。
源頼朝と土肥実平と通じる箱根権現の修験者に助けられて箱根に逃げたそうです。
と書いてありました。
情報集めに力を入れていた時代のようです。
梶原景時がひょっとしたら???です。この先は不明です。
 

レンタル掲示板
/11